Milkomeda(ミルコメダ)、ロールアップ技術によるAlgorandとのTestnet統合を発表

更新日:6月23日



Milkomeda(ミルコメダ)、ロールアップ技術によるAlgorandとのTestnet統合を発表


私たちは、最新の開発の一つを発表し、共有することに興奮しています。A1ロールアップ(プライベート・テストネット)により、MilkomedaとAlgorandの統合が実現しました。これは、A1がイーサリアム・エコシステム以外の最初のロールアップであり、重要な瞬間となります。


このマイルストーンは、非EVMブロックチェーンにEVM機能を提供するL2プロトコルであるMilkomedaが、主要なL1ネットワークにロールアップ技術を提供するマルチチェーンプロジェクトとしての利点を強調する刺激的なステップとなります。



なぜこれが重要なのか?


ご存知の方も多いと思いますが、Milkomedaは、VMレベルで主要なブロックチェーン・エコシステム間の技術的相互運用性を強化するというビジョンから生まれました。スケーラビリティをサポートし、L1の基本的な利点の多くを活用するソリューションを開発することは、私たちが目指した中核的な要件でした。


そのため、私たちは、最も人気のあるスマートコントラクト言語であるSolidityをこれらの新しいエコシステムに提供しながら、ロールアップを迅速に開発・展開できるようにアプローチを最適化しました。これにより、ブロックチェーン間の相互運用性、全体的なユーザーエクスペリエンス、開発者の牽引力をレイヤー2レベルで強化することができます。


2022年3月末には、カルダノ・ブロックチェーン向けのサイドチェーン(Milkomeda C1)を立ち上げました。現在、Milkomeda C1は80k以上のアクティブ・ウォレットを持ち、最初の1週間のライブ中にTVLで1億を超えました。我々は、Milkomedaのロールアップ時代に突入した今、Algorandの実装であるMilkomeda A1が、より良いとは言えないまでも同様のトラクションを集めると期待しています。



なぜロールアップなのか?


ロールアップは、シーケンスと潜在的なデータの可用性のためにL1ブロックチェーンを活用するL2ソリューションです。言い換えれば、ロールアップはベースチェーンの上でスマートコントラクトを利用した台帳として機能し、ベースチェーンのコンセンサス・プロトコルとバリデータ・セットをセキュリティのために利用します。


Milkomedaが既存のロールアップ・ソリューションと比較して革新的なのは、私たちのロールアップがより相互運用性が高いという事実です。不正やZKの有効性の証明という難しい要件がないため、Milkomedaのロールアップは、L1がロールアップとは異なるVMを持っているような環境で特に繁栄する、かなり速い開発およびリリースが可能です。Algorandでは、このような場合、従来では統合するのに一桁多い作業を必要とします。


このように、Milkomedaは新しいエコシステムに拡大する際に明確な優位性を持っています。これは、A1ロールアップがイーサリアム・エコシステム以外で、特にEVMを搭載していないL1上でプロダクションに展開される最初のEVMロールアップになるであろうという事実が例証するものです。



データの可用性についてはどうですか?


データの可用性とは、(ブロックチェーンのような)P2Pプロトコルのアクターがデータ(例:取引データ)にアクセスできない場合、その取引を検証することができず、チェーンが矛盾した状態に陥る可能性があるという概念です。ロールアップのようなL2ソリューションの文脈では、これは非常に重要です。なぜなら、ロールアップの履歴にあるトランザクションが利用できない場合、何かが起こったことは分かっていても、何が起こったのか分からないという問題が発生するからです。


つまり、このような状態になると、基盤となるL1がシーケンスを確定しても、誰もロールアップの最新の状態を知らないということになります。つまり、このような状態になると、ロールアップが失敗してしまうので、データの可用性はロールアップの実装に欠かせない要素になります。


Milkomeda A1では、データの可用性をAlgorand自体に依存しているため、シーケンスされたバッチとそのバッチの可用性の間に不一致が発生することはありません。任意の大きさのバッチをサポートするためには、トランザクション・サイズの制約を克服しつつ、Algorandの設計を活用することができる新しいMerkelized Batchingのアプローチを考え出す必要があったのです。



まとめ


今回のマイルストーン達成により、Milkomedaのロールアップ・フェーズが正式に開始されました。A1は現在プライベート・テストネットにありますが、AlgorandテストネットからA1へAlgoを移動させ、Algorandエコシステムの最初のEVMコントラクトと相互作用させることができ、ライブで動作しているという事実は、本当にスリリングな経験です。


私たちは、バグ、エッジケース、ツールやインフラの余分な部分に対処し、A1が将来的にプライベート・テストネットからパブリック・テストネットに移行できるようにするために必要な作業を懸命に進めています。


その間、私たちは、コミュニティの皆様に、私たちの重要な進歩のステップをお知らせしていきます。ロバート・コーナッキとニコラス・アルケロスがMilkomeda A1ロールアップについて詳しく説明している最新のビデオをご覧ください。




https://www.youtube.com/watch?v=1UtxQoEPd_o&t=3s




Algorandについて

Algorandは、スケーラビリティを実現し、TradFiとDeFiを融合させ、グローバル・サステナビリティを加速させる企業です。

Algorandの公式サイトホワイトペーパーをご覧ください。


Milkomedaについて

Milkomedaは、最も人気のあるスマートコントラクト言語であるSolidityを提供することにより、レイヤー1の主要エコシステムにEVM互換性を提供し、ブロックチェーン間の相互運用性、ユーザー体験、開発者牽引力をレイヤー2レベルで向上させています。

ウェブサイト: https://www.milkomeda.com

ツイッター: https://twitter.com/milkomeda_com



元記事:https://medium.com/@milkomedafoundation/milkomeda-announces-testnet-integration-with-algorand-using-rollup-technology-ad9caef4d875