流動性プロトコル「Algofi」がアルゴランドに登場、レンディング・マーケット、ステーブルコイン、流動性インセンティブの提供を開始



流動性プロトコル「Algofi」がアルゴランドに登場、レンディング・マーケット、ステーブルコイン、流動性インセンティブの提供を開始

By Algofi


Algofiのメインネット立ち上げにより、アルゴランドにおけるDeFiエコシステムのトライフェクタ(三本柱:DEX、レンディング、ブリッジング)が完成


ニューヨーク 2021年12月17日 /PRNewswire/ -- 今秋初めにテストネットでプレビューされたAlgofiのシンプルで使いやすいプラットフォームは、現在アルゴランドで稼働を開始し、クリプト・ネイティブ・トレーダーからあまり技術に詳しくない個人ユーザーまで、誰もが自分の暗号通貨資産に対して金利を稼ぎ、レバレッジにアクセスし、借入できるようになりました。今回のローンチで、Algofiはネイティブ・プロトコルのステーブルコインであるAlgoStable(STBL)もミントする予定です。


Algofiのローンチにより、アルゴランドのコア・プロトコルの3本柱が完成し、ブロックチェーンDeFiエコシステムの離陸の呼び水となります。AlgoFi、アルゴランド・ベースの分散型取引所(DEX)であるTinyman、アルゴランドと他のブロックチェーン・プロトコル間のブリッジを提供するデジタル資産ミンターであるAlgomintが3本柱となります。


Algofiの共同設立者であるJohn ClarkeとOwen Colegroveは、Citadelで一緒に働いていたときに出会いました。「Algofiの目標は、実際の金融活動を大規模にサポートするプロジェクトを開発することです。我々は今日の発表が、より包括的で近代的な新しい金融システムの構築に向けた重要な一歩であると信じています。」


このローンチの重要な鍵は、資本効率を高めたいという需要を元にしたSTBLコインの創出です。


Algofiの共同創設者Owen Colegroveは、次のように述べています。「私たちが今日のDeFi市場を見たとき、貸し借りとステーブルコイン生成の分離が資本の非効率性を生み出していることを観察し、MakerとCompoundが異なるプロトコルとして存在する必要はないと強く感じました。Algofiは、ステーブルコインと貸出プロトコルをネイティブに統合することで、そのギャップを埋めています。この構造は、より良く最大限の市場効率に近づき、どのエコシステムでも安定したコインの最低金利を借り手に提供します。」


Algofiは、Algofiプロトコルのローンチ時に1兆STBLをミントします。Algofiのユーザーは、私たちがサポートする任意の資産を預けることができ、その担保に対してSTBLをミントすることができます。流通する各STBLは、Algofiプロトコルで発行される他のローンと同様に、ユーザーの担保によって完全に裏付けされます。


Algofiは、参加者がプロトコルの変更について投票できるガバナンス・ポータルや、アルゴランド財団のAeneas流動性プログラムによる初期ユーザーへのALGO報酬など、流動性インセンティブを含む新機能を今後数カ月間にわたって展開していく予定です。



Algofiについて


Algofiは、アルゴランド・ブロックチェーン上の高速かつ低コストのクリプト融資市場であり、分散型融資を広く利用できるようにするステーブルコインです。Algofiは、アルゴランドの成長するDeFiエコシステムを利用した普通預金口座やクレジットカードなどの伝統的な銀行サービスを提供することを計画しています。投資家には、Union Square Ventures、Arrington XRP Capital、Pillar VCが含まれています。詳細については、www.algofi.org をご覧ください。



元記事:https://www.algorand.com/resources/ecosystem-announcements/liquidity-protocol-algofi-launches-on-algorand