Keon Foundation、規制対象のDeFi資産管理エコシステムのレイヤー1ソリューションとしてAlgorandを選択



Keon Foundation、規制対象のDeFi資産管理エコシステムのレイヤー1ソリューションとしてAlgorandを選択

仮想資産サービスプロバイダーは、機関投資家向けの分散型許可制資産管理エコシステムをAlgorandで構築することを選択


私たちは、トークン化された株式、債券、コモディティからなる投資戦略を非管理下に置くことができるようKeonFiを設計しており、トークン化された現実世界の資産による仮想ファンドを作ることもできます - これは資産運用の次の段階であり、私たちにとって最もエキサイティングです。
バミューダ、ハミルトン (PRWEB) 2022年6月9日

Keon Foundation Ltd. (以下、「KF」。以下「財団」)は、Keon Finance Ecosystem(以下「Keon」)の仮想資産サービスプロバイダー(VASP)として、Algorandをそのレイヤー1ブロックチェーンとして提携することを決定したことを本日発表しました。


当財団は当初、最も低コストのDEXの1つとなるよう設計されたパーミッション付きの分散型取引所であるKeonXの開発と、投資家が資産の完全な保護を維持しながら投資戦略を検討・購読できる市場であるKeonFiの導入に重点を置くことにしています。デリバティブDEX(KeonXD)、IDO LaunchPad、Farm Auctions、Keon NFTマーケットプレイスなどが、Algorandブロックチェーンを活用した幅広いKeon Finance Ecosystemを形成するフェーズ2製品に含まれる予定です。財団は、プロトコルが構築された後、バミューダのデジタル資産ビジネスライセンスを申請する予定であり、これによりユーザーはKeonの規制対象製品およびサービスにアクセスできるようになります。


「私たちにとって、機関レベルの品質を持つレイヤー1を選択することは必須でした。Keonは規制されたVASPになるように設計されているので、Keonエコシステム上のデジタル資産の発行や取引が、エコシステムのユーザーの管轄区域の証券法を遵守できるように、安全で拡張性があり柔軟なブロックチェーンが必要でした」と、ディレクターで財団のメンバーでもあるローレンス・ニューフックは説明しました。


財団の最高技術責任者であるKunall Parmarは、「私たちは他のチェーンをいくつか評価しましたが、Algorandと比較できるものはありませんでした」と指摘します。「Keonエコシステムの複雑さと私たちの野心的な成長計画を考えると、彼らが最高の技術を提供すると判断しました」。Parmarは続けて、「AlgorandのASA Token規格とそのプログラミング・インフラは、他のレベル1ブロックチェーンよりも堅牢で、機能、柔軟性、セキュリティが向上しており、これは規制対象領域において大きな利点となります。さらに、Algorandはダウンタイムが0%です。機関投資家に参加してもらうためには、そのレベルの信頼性が不可欠です」。


財団は、2022年第3四半期初頭までにKEONトークンとスマートコントラクトを完成させることを期待しています。


Algorandのマーケティング責任者であるKeli Callaghanは、次のように述べています。「私たちは、成長を続けるAlgorandエコシステムにKeon Foundationを歓迎することを嬉しく思います。機関レベルでトークン化された資産管理を加速させるために、クラス最高の技術を活用する組織がまた一つ増えたことは素晴らしいことです」。


財団のディレクターであるRahul Parmarは、「Algorandブロックチェーン上でのKeonの一連の製品を発表することに興奮しています」と付け加えました。「Algorandは我々のエコシステムの高速でスケーラブルなレイヤーとして機能し、そのユーザーは単一のエコシステムに便利にまとめられたKeonの一連のDeFi製品から利益を得ることができます」。Parmarは続けて、「これは始まりに過ぎません。初期の商品や投資戦略はデジタル資産に焦点を当てることになりますが、基盤となるDeFiとブロックチェーン技術を伝統的な資産に適用し、それらをAlgorand Blockchainに導入することに大きな可能性を見出しています。私たちは、トークン化された株式、債券、または商品からなる投資戦略をノン・カストディアルで管理できるように、また、トークン化された現実世界の資産の仮想ファンドを作成できるようにKeonFiを設計しています。これは、資産管理の次の段階であり、私たちにとって最も刺激的です」とParmarは断言しています。



Keon Foundation Ltd.について

Keon Foundationは、Keon Finance Ecosystemのソフトウェア開発と仮想資産サービスプロバイダーとしての役割を担う非営利のバミューダ免責保証有限責任会社として組織されています。チームには、ゴールドマン・サックスやPoint72 Asset Managementなど、投資業界全体の優良企業出身の人材が含まれています。同社は2022年に設立され、バミューダに本社を構えています。当財団は、バミューダのデジタルアセット・ビジネス法2018(以下「DABA」)で定義される、DABAでのライセンス取得を必要とするような「デジタルアセット・ビジネス活動」はまだ行っていません。したがって、当財団はまだDABAに基づくライセンスを申請しておらず、ライセンスも取得していません。詳細については、http://www.keonfoundation.org をご覧ください。


Algorandについて

Algorandは、あらゆる種類の経済モデルおよび経済を変革しています。チューリング賞を受賞した暗号学者シルビオ・ミカリによって設立されたAlgorandの高性能レイヤー1ブロックチェーンは、高速で摩擦のない、包括的な技術を世界中のユーザーに提供する比類のないものです。Algorandは、TradFiやDeFiから新しいクリエイター経済やその先にあるものまで、複数の業界を再形成しています。相互運用性と一貫したデリバリーへのコミットメントにより、Algorandの持続可能なテクノロジーは、より多くの参加、透明性、そして効率性をすべての人に提供します。2,000以上のグローバルな組織で選ばれている技術として、Algorandのエコシステムは、次世代の金融商品、プロトコル、価値交換を変革しています。詳細については、http://www.algorand.com をご覧ください。



元記事:https://www.prweb.com/releases/keon_foundation_selects_algorand_as_layer_1_solution_for_regulated_defi_asset_management_ecosystem/prweb18727949.htm