【録画&文字起こし】アジア太平洋アルゴランド財団コミュニティ・オールハンド 2021年7月



アジア太平洋地域のパートナーで構成されたエキサイティングなパネリストをお迎えして、7月のコミュニティ・オールハンド・セッションが開催されました。このセッションでは、アルゴランド財団からの最新情報、アジア太平洋地域のエコシステム・パートナーとのDeFiやNFTに関するディスカッション、コミュニティとのオープンQ&A、最後にアジア太平洋地域のコミュニティ・チャンピオンの表彰をが行われました。


このセッションのエコシステム・パートナーは以下の通りです。

  1. Algomint(アルゴミント):アルゴランド・プロトコルを利用したデジタル資産の鋳造会社です。Algomintは、アルゴランド・ネットワーク上で様々なデジタル資産を鋳造するためのブリッジを提供し、新興のアルゴランドDeFiマーケットプレイスへのアクセスを可能にします。

  2. Yieldly(イールドリー):Algorand Asia Accelerator 2020参加企業。アルゴランド・ブロックチェーン上に構築された初の分散型金融プラットフォーム。

  3. CurveGrid(カーブグリッド):CurvegridのMultiBaas NFT Bridgeにより、企業はNFTおよびブロックチェーン技術をビジネスおよび消費者向けのモバイル・アプリケーションにシームレスに組み込むことができます。

  4. Props(プロップス):透明かつ公正にユーザーに報酬を与えることができるアプリのネットワークにオープンソースのインフラを提供します。


このパネルディスカッションのアジェンダは以下の通りです。

  • 歓迎とウェビナーの概要説明

  • アルゴランド財団の最新情報(バウンティの開始とネットワークで批准されたガバナンス・レフェレンダムなど)

  • DeFi/NFTパネル・ディスカッション(Algomint/Meld Gold、Yieldly、Curvegrid、Props)

  • ライブQ&Aセッション

  • アジア太平洋地域のコミュニティ・チャンピオンの表彰と総括



<文字起こし>

----------------------------------------------------------


皆さん、こんにちは。今日はご参加いただきありがとうございます。私はアルゴランド財団のアジア太平洋コミュニティ担当リーダーのサマーです。


今日は私がモデレーターを務めさせていただきます。今日は、COOのジェイソン・リー、デジタルマーケティング担当のローナン・ブリーン、そして後ほどご紹介するエコシステム・パートナーの皆さんが参加しています。


このコミュニティで皆さんとお会いできることを大変うれしく思います。ご覧のとおり、このセッションはアジア太平洋地域のコミュニティのために特別にデザインされたものです。他のタイムゾーンの方で参加できない方のために、復習用の録画をアップロードしますので、ご安心ください。



まず、アジェンダを簡単にご説明します。


最初に、ガバナンス・プログラムの最新情報をお伝えします。

第2部では、エキサイティングなDeFi/NFTパネルセッションを開催し、アジア太平洋地域のエコシステム・パートナーの皆様にご参加いただき、それぞれの見解やビジョンを共有していただきます。


オールハンドでの質問は、質問箱にお寄せください。ローナンとチームがそれらに答えます。また、パネルセッションでゲストスピーカーに質問がある場合は、ゲストスピーカーの名前を@にしてください。例えば、「@Vincent, What's the vision of Props?」のような感じです。


第3部のライブQ&Aセッションでは、ローナンがモデレーターとなり、皆さんから寄せられた質問をゲストスピーカーにぶつけていきます。


そして、本日の会議を終える前に、この地域のコミュニティ・チャンピオンを表彰したいと思います。彼らはとても素晴らしいビデオを用意してくれていますので、ぜひ最後までご覧ください。お見逃しなく


ジェイソンによるガバナンス・プログラムの最新情報の前に、バウンティ・プログラムの進捗状況をお伝えします。


バウンティを獲得した方々は、様々な国の様々なバックグラウンドをお持ちで、ポッドキャストやビデオの作成、記事の執筆、イベントの開催、コード・ソリューションの提供、そして私が最も気に入っているのはミームの作成など、様々な形でコミュニティの発展に貢献してくださっています。これまでに約20,000Algosを報酬として提供してきました。素晴らしい仕事ですね。これからも頑張ってください



第1部


それでは、ジェイソンにマイクをお渡しします。ジェイソン、ガバナンス・プログラムの最新情報を教えてください。


ジェイソンです。皆さん、ようこそ! アルゴランド財団は、完全に分散化されたアルゴランドのエコシステムを信じています。このような分散型エコシステムでは、誰もが金銭的、技術的、その他の政策決定に影響を与えることができ、アルゴランド・コミュニティがアルゴランド・ネットワークの共有された未来を形成するのに最も適しています。


私たちはコミュニティに耳を傾け、コミュニティ・ガバナンスのためのシンプルで包括的かつ透明性のあるシステムを構築することに取り組んでいます。


この提案は、創設者シルビオ・ミカリのオリジナルの提案と、Algorand Governance Forum、DiscordのAlgorand Governance Channel、その他いくつかのコミュニティ・プラットフォームで行われたガバナンスに関する議論を組み合わせたもので、最近行われた全体投票(レファレンダム)を通過しました。


今後数ヶ月の間に、財団はアルゴランドの分散化への道のりについてのさらなる洞察を提供し、今年中にコミュニティのエンゲージメント活動を行う予定です。


簡単にまとめると、


  • 私たちは、完全に分散化されたアルゴランドのエコシステムを構築するというビジョンを持っています。

  • 流通量が50億Algoを超えた今、このビジョンを達成するために抜本的なステップを踏むべき時が来ています。

  • アルゴランド財団は、財団が管理する残りのエコシステム資源のコントロールをコミュニティに引き渡します。

  • これにより、アルゴランド・エコシステム・リソース・プール(AERP)(~30億Algo)は、コミュニティの意思決定のコントロール下に置かれます。

  • アルゴランド財団は、この意見に基づいて、シンプルで包括的かつ透明性の高いコミュニティ・ガバナンスのシステムを構築することを約束します。



プログラム概要


  • 目標:アルゴランドのエコシステムの未来を、アルゴランド・プロジェクトとそのビジョンにコミットしているコミュニティに託します。

  • すべてのアルゴランド・ユーザーはガバナーになることができ、なることが推奨されます。

  • プログラムの開始時期:2021年10月頃を予定しています。

  • 参加するためのコミットメント期間: 90日間です。

  • 四半期ごとにエントリーポイントを設け、新規および既存のアルゴランド・ユーザーが最大限に参加できるようにします。

  • 投票は四半期ごとに行われ、早期終了にはペナルティが課せられます。

  • 2022年までに既存の参加報酬プログラムを完全に置き換えます。


投票について


  • ガバナーは、AERPの分配を通じて、エコシステムにおける主要な経済・政策決定の責任者となります。これらには以下が含まれます。

    - イノベーション助成金の分配

    - エコシステム・パートナーシップ

    - 将来のノードランナー/インフラのインセンティブ

    - ソーシャルグッド投資政策

    - ガバナンス報酬とインセンティブ

  • 財団は、投票を設定し、優先順位を宣言しますが、投票(またはガバナンス報酬)には参加しません。

  • 報酬の分配は、コミットメントだけでなく、投票という行為にリンクしています。

  • コミットしたAlgo=1票



コミットメント


  • マーケット・イベント(サインアップ&コミット):各ガバナンス期間の初めに、その期間のガバナンスへの意思を表明するための5日間のウィンドウが設けられます。

  • 報酬レート:報酬は、その期間の報酬プールの合計に対してロックされているトークンの合計に基づいて、意欲的な参加者によって決定されます。

  • 頻度:報酬は、投票に参加しているすべてのガバナー・アカウントに対して、四半期ごとに配布されます。報酬はすぐに入手可能で、ロックの対象にはなりません。


報酬


  • 2021年7月:最後の参加報酬が21,850,000に増加。

  • 2021年末までは、同じレベルの参加報酬。

  • ガバナンス・プログラムは10月に開始され、ガバナはすべての報酬増加分を得ることができます。

  • 2022年に「参加報酬」は段階的に廃止され、完全に「ガバナンス報酬」に置き換わります。



ジェイソン、エキサイティングな最新情報をありがとうございます。注目すべきは、このQ4のガバナンスに参加することで、参加報酬とガバナンス報酬の両方を受け取ることができるということです!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第2部


★サマー★

皆さんに、各自のプロジェクトについて簡単に紹介していただけますか?


<マイケル>

Algomintは、1:1のアセット・ラッピングと同種のアセットのバスケット化を組み合わせて提供する相互運用プロジェクトです。アルゴランドのエコシステムに出入りするエクイティの橋渡しをするとともに、ステーブルコインの標準化も行います。当初はBTCとETHを対象としていますが、米ドルやゴールドのバスケットなど、より幅広い商品を提供していきます。


<AJ>:

Meld Goldのプラットフォームは、既存のゴールドのサプライチェーンに統合されており、取引業者、精錬所、保管所、ディーラーなど様々な主体が、ネットワークを通じてシームレスにゴールドを追跡、取引、管理できるようになっています。当社のデジタル資産であるGOLD$とSILVER$は、基礎となる現物資産と1対1の比率で、24時間365日売買することができ、パートナーの場所で現物の地金と交換することもできます。


<ジェフ>

Curvegridは、東京に拠点を置くブロックチェーン技術の会社です。Curvegridのブロックチェーン・ミドルウェア「MultiBaas」は、企業が複数のブロックチェーン・プラットフォーム上で構築することを、迅速、容易、かつコスト効率よく実現します。ターンキーのMultiBaasソリューションは、金融サービス、分散型金融、オンラインゲーム、文書管理、物流、製造などの分野で利用でき、企業がブロックチェーンを利用して市場に参入する際に、他の方法では不可能なほど迅速に対応できます。


<セバスチャン>

Yieldlyは、アルゴランドで設計・開発された世界初のDeFi製品群です。私たちの使命は、次の100万人の暗号通貨ユーザーが、摩擦やガスの非効率性、セキュリティ・リスクなしにデジタル価値を交換できるようにすることです。Yieldlyの製品はすべて自社で開発されており、Borderless Capital、LongHash Ventures、CMS holdingsなど、トップクラスのベンチャーキャピタルの支援を受けています。また、受賞歴のあるサイバーセキュリティ企業であるHalborn(SushiSwap、Polygon、Bancor、Avalanche)による監査を受け、安全性を確保しています。


ユーザーにとってのYieldlyとは?アルゴランドのミッション・クリティカルなインフラにより、次のことが可能になります。

  1. ステーキング:ユーザーがASAの資産をステークしたり、プールしたり、スワップしたりすることができます。

  2. アンロックされた相互運用性:世界初のブリッジ・ソリューションにより、プロトコル間でトークンがシームレスに流れます。

  3. 開発者の成長:ASAをベースにした革新的なプロジェクトは、当社の世界初のプラットフォーム、ユーザー、流動性を利用することができます。


これまでに10,000人以上のユーザーを獲得しています(7月中旬現在)。ローンチから6週間で、3,000万ドル以上のTVLと21万件以上の取引がありました。また、当社のアドレス可能なユーザー・ネットワークは、東南アジアおよび韓国の1,500万人以上のクリプトおよびデジタル・ユーザーに拡大しました。


<ヴィンセント>

Propsは、ファンジブル・コミュニティ・トークンやNFTを通じて、主流の企業が最も価値のあるユーザーと価値を共有することを可能にします。 複雑なブロックチェーン技術をシンプルで強力なSaasツールに変換し、オープンボックスのファンジブル・トークンとNFTsソリューションをお客様に提供しています。 現在、6つの主流アプリで1,000万人以上のトークンホルダーを抱えています。



★サマー★

アルゴランドで構築するのを選んだ理由は?


<マイケル>

アルゴランドは私たちにとって簡単な選択でした。私たちは常に分析的にビジネスを構築してきましたし、長期的な成功には強固な基盤が必要です。アルゴランドはレイヤー2のソリューションを必要とせず、安全で信頼のおけるデジタルの未来のためのインフラとして、スケールアップに必要なものをすべて備えています。


同時に素晴らしいチームがいます。このチームは、将来のどんな課題にも正面から立ち向かうことができる、間違いなく素晴らしいチームです。また、広く普及させるために世界が必要としているリーダーの代表でもあります。



<AJ>

物理的な資産、特にファンジブルな資産は、その資産が誰の手でオンチェーンになるのかという点で、さらに考慮すべき点があります。例えば、Meld Goldが時間とコストのかかるブロックチェーン上にあった場合、世界中のウォレットに細かく散らばってしまう可能性があり、その結果、一生保管され、保険をかけておかなければならない金属になってしまいます。


もう一つの問題は、ゴールドの将来性です。私たちは、ゴールドを素晴らしい不換紙幣の代替品と考えていますが、そのためには世界的な普及と速度が必要です。マイケルが言ったように、アルゴランドは明らかにブロックチェーンのフロントランナーであり、世界的な採用への架け橋となることが期待されていますし、ファイナリティ4.4秒、費用0.001 Algo、46,000 TPS。これ以上、何を言えばいいのでしょうか?



<ジェフ>

我々はかなり前からアルゴランドに注目しており、MultiBaasプラットフォームを拡大する上で論理的な次のステップとなりました。アルゴランド・スタンダード・アセットのクリーンで構造的なアプローチはNFTに自然にフィットしますし、アルゴランドと他のブロックチェーン・プラットフォームの間でアセットをブリッジすることに興味を持っている顧客やパートナーがたくさんいます。


MultiBaas Bridgeは、企業がクロスチェーンのデジタルアセット機能をNFT、DeFi、ゲーム、VR、または金融サービスのアプリケーションに直接統合できるという点でユニークです。この機能をアルゴランドのエコシステムに導入することで、複雑な分散型アプリケーションの市場投入がよりシンプルになります。アルゴランドを基盤とする企業は、安全かつ迅速でコスト効率の高い方法で、チェーンを超えて顧客のためにそのメリットを実現することができます。


<セバスチャン>

アルゴランドが選ばれた理由は4つあります。

  • アルゴランドは、ブロックチェーンのトリレンマ(セキュリティ、スケーラビリティ、分散化)を解決しています。また、カーボン・ニュートラルでもあります。

  • 商業的にも、私たちはアルゴランドに大きな市場のギャップと未開拓地という機会を見出しました。高性能なブロックチェーンでありながら、DeFiアプリケーションが構築されていませんでした。

  • アルゴランドは、優れたチームとエコシステム投資家を擁しています。この業界での長年の経験から、私たちはボーダレス・キャピタルのような多くの素晴らしい投資家やチームと知り合いになりました。私たちは2020年半ばに彼らに声をかけ、その結果がYieldlyなのです。

  • 博士号レベルの開発チームを擁する私たちは、TEAL(Transaction Execution Authorization Language)を用いてアルゴランドで直接構築することで競争力を高めました。



<ヴィンセント>

先ほど申し上げたように、プロップスはメインストリームのビジネスに貢献することを目指しています。アルゴランドも同様の目的を持っていると思います。そのため、私たちは1日に数十万件の取引を行っています。 そのため、安全で低コストな真のパーミッションレス・ブロックチェーンを探すことになりました。そして、アルゴランドは非常に良い選択で、このようなTPSのボリュームを処理でき、かつコスト効率の良い方法でそれを行うことができます。


また、アルゴランドは非常に高い評価を得ており、成功する可能性を秘めています。



★サマー★

それぞれの地域でのDeFi/NFTの発展をどのように見ていますか?


<マイケル>

アルゴランドは、DeFiとNFTの両方の将来において、重要な役割を果たすことができる完璧な立場にあります。DeFiについては、ビルダー・コミュニティが非常に協力的で、可能な限りパワフルで堅牢、かつ利用しやすいものにしようと努力しています。このエコシステムが成長すれば、より広範なコミュニティに開放され、他では手に入らない強力な製品やサービスにアクセスできるようになるでしょう。


NFTに関しては、技術的にはASAが最適な手段であり、NFTに価値ある機能を組み込んだ、より洗練された製品の開発が進んでいます。さらに、DeFi NFTとの組み合わせや、この2つの市場の連携についても話したいところですが、それはまた別の機会にしましょう。



<AJ>

貴金属をDeFiに導入することは、広く普及するための大きなきっかけとなるでしょう。世界中のほとんどすべてのファミリーオフィスや投資会社が貴金属を保有しています。一般的に保管や保険などのコストがかかる資産ですが、Meldはゴールドやその他の貴金属をASAとして完全に強化するだけでなく、DeFiを通じてゴールドの保有者に利回りの機会を提供し、オーストラリア最大かつ最も尊敬されているブロックチェーン投資ファンドの1つであるApollo capitalと協力して、投資家がゴールドの利回りを得るためのMeld Gold ファンドを共同で立ち上げます。



<ジェフ>

日本は早くからブロックチェーンと暗号通貨を取り入れており、暗号資産を合法化して規制した最初の主要経済国の一つとなっています。また、政府、規制当局、大企業、中小企業、消費者からブロックチェーンに対する幅広い支持を得ている数少ない国の一つです。日本はデジタル決済の導入が遅かったと言われていますが、非接触型定期券「Suica」や国内銀行送金システム「FURIKOMI」などの技術が普及していた点では、非常に早かったと言えるでしょう。


現在、QRコードや非接触型の決済が急速に普及していますが、ステーブルコインやCBDCを含むDeFiとの統合も、このロードマップ上では当然のことと言えます。また、日本はデジタル、フィジカルを問わず、コレクターズ・アイテムのパイオニアであり、主要な市場でもありますので、NFTの分野でも将来的に大きな成長が期待されています。



<セバスチャン>

私たちは、ユーザーと同様に世界各地に分布しています。とはいえ、私たちの心は決してオーストラリアから離れていません。私たちは、ボーダレスで真に相互接続された世界を実現したいと考えています。 そのために、ユーザーの重要なニーズを解決する製品を作り、DeFiとNFTの真の可能性を引き出しています。 私たちは、世界最大級のesportsチーム(一部は未発表)と協力して、増え続ける利用者のためにNFTの新たなトランシェを構築することを目指しています。


また、幸運なことに、私たちのプロジェクトをサポートしてくださる世界中の多くのパートナーの方々がいます。私たちは、シンガポール、韓国、中国、米国、EU、英国、中東、南米でのリーチを考慮して、意図的にパートナーを選びました。例えば、最近パートナーシップを結んだTalon esportsは、彼らの600万人を超える東南アジアのファンベースにリーチを広げています。



<ヴィンセント>

私たちは、ビジネスの主流に採用されることを目標としており、日々、Web 2.0アプリの開発者と話をしています。 ウェブ2.0のコミュニティ、マーケットプレイス、クリエイターエコノミーサービス、メディアサイトなどでは、NFTのソリューションに対する需要が高まっています。 彼らは皆、自分たちやユーザーのために新たな収益源を導入し、二次市場での販売につなげようとしています。


また、マーケター、CPG、エンターテイメントなどが、NFTをマーケティングや会員制トークンとして利用しようとしています。


DeFiプロトコルについては、開発や進化のスピードが速いです。これらは、独立して存在するだけでなく、将来的に統合されて広く使用できる素晴らしい金融ツールです。私たちは、金融に関連するすべてのものが存在する世界に突入しています。私にとってDeFiは、NFTやゲームなど、クリプトの世界のあらゆるものと融合するでしょう。



★サマー★

皆さんのプロジェクトは、DeFi/NFTの主流になるためにどのような役割を果たしますか?



<マイケル>

Algomintにとって、ネイティブのBTCとアルゴランドのラップを比較したときに、アルゴランドが何をできるかという強力なメッセージを示す手助けをすることは、本当に興味深いことです。すべてのブロックチェーン(クリプト)は時間がかかり、コストがかかり、環境に負担をかけるという神話を払拭することは、強化される一方のように見える参入障壁を取り除くのに役立ちます。BTCやETHは決済の場から追いやられていましたが、アルゴランドに搭載することで、コーヒーから新車まで、オンチェーンでの決済が可能になります。ASAをより多くの人々の手に届け、アルゴランドを主流にすることができます。



<AJ>

先に述べたように、私たちにとっては、伝統的な投資家が採用する機会と動機を作ることです。もしあなたがゴールドを保有していて、年間0.7%の保有コストを払っているとしたら、保有しているゴールドをデジタル化して保有コストをなくし、世界で最も強力で信頼されているブロックチェーン技術を使って利回りを上げられる機会があるとしたら、そうしない理由はないですよね?



<ジェフ>

MultiBaas Bridgeは、ゲームやVR Metaverseアプリなど、あらゆる種類のブロックチェーンアプリケーションの内部に埋め込むことができるプラットフォームです。クリエイターや開発者は、ユーザーがアプリやゲームから離れなくてもブロックチェーン間でNFTを移動させることができるという意味で、ブロックチェーン間のやりとりをより見えにくくすることができます。


開発者は、アンカーとなるブロックチェーンを選択し、そこに留まらなければならないという制限がなくなり、統合方法に関して比較的少ないオーバーヘッドで、複数のブロックチェーンプラットフォームの優れた特性を活用することができます。ユーザーは、ブロックチェーン間でNFTを移動させるために、別のウェブサイトやウォレットに移動しなければならないという不快な思いをすることなく、自社のユーザーエクスペリエンスや秘密のソースに集中することができます。



<セバスチャン>

アルゴランドでは、DeFiのビルディング・ブロックとなるスマートコントラクトを構築しました。私たちのカスタムメイドのネイティブ・スマートコントラクトは、ゲーム化された方法でステーク、スワップ、ブリッジ、および取引を可能にします。私たちは、DeFi、そして近々にはNFTで可能になることに対してアルゴランドを開放しています。6月に稼働して以来、私たちは数々の意味のある世界初のものを提供してきました。


アルゴランドでデビューした最初のDeFi製品(7月中旬時点で2500万ALGOのステーク)

アルゴランドで初の監査済みDeFiスマートコントラクト(サイバーセキュリティのリーディングカンパニーであるHalborn社が実施)

アルゴランドで初のIDOを実施(60分以内に上限到達)

カーボンニュートラルの目標を設定した初のDeFi企業


私たちは、単にDeFiモデルを開拓しているだけではなく、アルゴランド上でのDeFiのユーザーおよび開発者の採用を根本的に推進することを目指しています。Yieldlyのクロスチェーン・ブリッジとまもなく登場するパートナーのリクイディティ・プールにより、私たちはYieldlyを新興のASAベースのトークン・プロジェクトの中心地として位置づけ、開発と主流の採用を促進します。



<ヴィンセント>

まず、私たちは、高価なコレクターズ・アイテムではなく、メインストリームのビジネスをターゲットにしています。NFTの多くはコミュニティとの関連性が高いと考えており、何百万人ものコミュニティメンバーを抱えるWeb2.0企業がNFT販売で目標を達成することを目指しています。


第二に、当社のプロトコルをサポートするSaaS事業があり、インフルエンサーやコミュニティがNFTを収集・譲渡できるだけでなく、管理者用ダッシュボードを管理し、フォロワーやコミュニティメンバーとのエンゲージメントを高める能力を高めることができます。あなたの製品を使ってクライアントがより簡単に目標を達成できれば、より多くの推薦や採用が得られます。



★サマー★

最後になりましたが、皆さんにお伝えしたいことはありますか?



<マイケル>

Algomintのローンチは数ヶ月後に迫っていますが、私たちはアルゴランドのユーザーに価値をもたらすために、この分野の多くのプロジェクトと協力しています。いくつかのDEX、レンディング・プラットフォーム、ニュース・プロジェクト、ローンチパッド、その他無数の素晴らしい製品が控えており、私たちはアルゴランドのエコシステムが花開くのをぜひとも手助けしたいと思います。これからの12ヶ月間はとても素晴らしいものになるでしょう



<AJ>

先ほど、GOLD$とSILVER$というトークンの名前を紹介しましたが、私たちは古いトークンの名前から新しい名前に移行します。これは、投資家の皆様が何に投資しているのかを明確にするために、より適した名称であると考えています。PLATINUMトークンとPALLADIUMトークンは、メインネットに登場しましたが、まだ正式には発売されていません。金属への投資は、素晴らしい機会を提供してくれます。もっと面白い要素が出てくると思いますが、まだお話しできるものはありません。



<ジェフ>

MultiBaas BridgeがEthereumとBinance Smart Chain上のファンジブル・トークン用に公開され、アルゴランド向けの開発も順調に進んでいることをお伝えしたいと思います。先日、2つのブロックチェーン・プラットフォーム間で数千個のNFTを一度に転送するテストを行いましたが、従来のブリッジング技術を使った場合の数分の一の取引で完了しました。



<セバスチャン>

Yieldlyの次の目標は?目指すべきは、すべてのエコシステムを垂直統合した分散型取引所です。そして、私たちはそこに向かって進んでいます。


私たちはすでにERC-20ブリッジの立ち上げに成功しましたが、これは真のASA相互運用性の第一段階です。また、今後数ヶ月の間に、アルゴランド初のクロスチェーン・ブリッジをBinanceやPolygonのエコシステムにアクセスできるようにし、新しいASAプロジェクトのためにASAネイティブ・ステーク・プールへのアクセスを提供します。

さらに、私たちの幅広いミッションを実現するために、業界初の重要なパートナーシップを数多く結んでいます。Esports、クロスチェーン、ASAステークス、スワップ、NFTなど、今後の展開にご期待ください。

ユーザーの皆様にはv1製品を気に入っていただいていますが、今後もユーザーの皆様からのフィードバックを参考にしながら、現行製品をより面白く、直感的に使えるようにしていきます。最近のTEAL 4の展開では、機能性に妥協することなく、より洗練された複雑なプログラムを開発する予定です。ステーキング・プールのコントラクトにおける現在のイテレーションは、すでにより有望なユーザーエクスペリエンスを示しています。



<ヴィンセント>

当四半期末までに新しいNFTパートナーを発表し、コミュニティ、企業、個人向けにセルフサービスのNFT製品を発売する予定であることをお伝えします。まず、ユーザーが簡単にNFTを作成し、譲渡できるサービスを開始します。また、管理用ダッシュボードやデータ分析を提供することで、ユーザーや企業を支援するSaasツールも提供します。第2段階では、NFTの交換プロトコルを発表します。



ーーーーーー

コミュニティ・チャンピオン



こんにちは。

私の名前はHameizで、中国の上海にいます。

私はアーリーステージのALGOホルダーで、ALGOコミュニティのエバンジェリストでもあります。



こんにちは、私の名前はAdriana Belottiです。

カーニバルの国、ブラジルのリオ出身です。

2005年からはシドニーに住んでいます。


私の楽しいところは、カラオケが大好きなところです。

Ha. 予想外だったでしょう?



アルゴランド・コミュニティの皆さん、こんにちは。

私の名前はKaren Cohenです。

私はここオーストラリアのメルボルン・コミュニティ・チャンピオンです。

私のことを知らない人は、Blockmumと呼んでいます。



こんにちは。東京、日本担当のAkioです。

と言いつつ、最近は半分はマルタに住んでいます。

ちょっといま目が腫れているので、サングラスで失礼します。



皆さん、こんにちは。