Cometaの紹介:アルゴランド上の流動性ハブ



Cometaの紹介:アルゴランド上の流動性ハブ


Cometaはアルゴランド上の持続可能な流動性アグリゲーターで、流動性アズ・ア・サービス(LaaS:Liquidity as a Service)をDAOガバナンスと自動複利計算やZAPなどのユーザー重視の機能と組み合わせています。


Cometaは、プロジェクトがトークンの流動性を効果的に深化させ、DeFiユーザーのための安定した投資ツールを導入するのを支援します。コンポーザビリティ、トークノミクス、アルゴリズムによるリスク最適化、便利なUXに重点を置くことで差別化を図っています。アルゴランドをベースにすることで、Cometaは超低額取引手数料、より高い資本効率、そして高速取引を可能にしています。


この記事では、Cometaの特徴と、それらがどのようにアルゴランド・エコシステムの成長を助けるのかを詳しく見てもらうことを目的としています。



流動性マイニングを超えて


十分な流動性を持つことは、あらゆる金融資産にとって最も重要なことです。特にクリプトでは、すべてがトークン化され、高度に取引可能です。


流動性を提供することは簡単ですが、必ずしも利益を生むとは限りません。実際、最近のBancorの調査では、Uniswapの流動性プロバイダーの約半数が基本的なバイ&ホールド戦略を下回っていることが示されています。


Uniswap V3の手数料と実際の損失と最小限の非永久的な損失との比較



歴史的に、流動性マイニングはLPにインセンティブを与えるための解決策でした。しかし、それは実際には持続可能ではありません。別の調査によると、少なくとも42%のLPが24時間以内に流動性を引き出しています。


DeFiのエコシステムはもっと良いものに値する。


アルゴランドには、50のDeFiと5つのネイティブ・スタテーブルコインを含む150以上のプロジェクトがあり、それらはすべて流動性を必要としています。アルゴランド・エコシステムが成長するために、私たちは流動性とユーザーを引き付けるための新しい方法を見つけなければなりません。



Liquidity-as-a-Service(サービスとしての流動性)の導入


Liquidity-as-a-Serviceは、DeFi全体の流動性を向上させるためにインセンティブとリスクを再構築する分散型プロトコルであり、従来のイールドファーミングよりも厳密により良いものです。


プロジェクトはより安く流動性を得ることができ、同時に流動性供給者(LP)は取引手数料を2倍にすることでより魅力的なリスクとリターン/

プロファイルを得ることができます。


従来の流動性供給では、LPはそれを構成する2つの資産に影響されます。同時に、流動性供給者は取引手数料から利益を得つつ、インパーマネント・ロスに苦しむことになります。


これら4つの要素が混ざり合うことで、流動性供給は非常に予測不可能なものとなります。そのため、プロジェクトはこのリスクを補うために、流動性マイニングで多くのトークンを持つプールにインセンティブを与える必要があります。



Liquidity-as-a-Serviceの仕組み



LaaSは、流動性を求めるプロジェクトが一方から自分たちのトークンを提供し、ユーザーがもう一方を提供するという、よりシンプルな仕組みになっています。すべての取引手数料はユーザーに分配され、プロジェクトはインパーマネント・ロスを負担します。


LaaSは流動性供給者のリスクを大幅に減らすだけでなく、彼らのインセンティブを再構築するものです。参加者は、取引手数料が最も多く発生すると予測されるプールに注目します。幸運なことに、そのようなプールは、まさに流動性を最も必要とするプールなのです。


したがって、LaaSは流動性供給のすべてのコンポーネントを切り離し、流動性供給者のリスクを低減し、彼らのインセンティブを再構築する方法でそれを再パッケージ化することにより、資本効率の向上と最終的には流動性獲得をより安価にすることができます。



LaaSとイールドファーミングの比較



LaaSプールに対して追加の$METAインセンティブを提供します。待って、でも$METAトークンって何?



完全な分散化


Cometaは完全に分散化され、DAOによって制御されます。$METAは、ve-tokenomicsモデルに従ったガバナンス・トークンとして機能することになります。DAOが決定します。


  • どのプロジェクトに参加するか

  • 追加の$METAインセンティブはどこに行くのか

  • 手数料や分配などのプロトコル・パラメータ


投票プロセスに参加するには、ユーザーは$METAトークンをステークしてロックし、$coMETAを取得する必要があります。$coMETA保有者は投票することができ、また、プロトコルが収集したすべての手数料の一部を$METAトークンで受け取ることができます。



Cometaトークン・フライホイール



Cometaトークン概要


$METAには、投票、ステーキング、ブースティングの3つの主な用途があります。$coMETAを取得するために$METAを投票ロックする必要があります。


ステーキング(プロトコル費用)


Cometaプロトコルから手数料を受け取るために$METAをステーキング(ロック)することができます。コミュニティ主導の提案により、コミュニティに分配される手数料の正確なパーセンテージが管理されます。徴収されたものは$METAトークンで$coMETAホルダーに分配されます。


ブースト


$METAの主な利点の1つは、提供された流動性で報酬をブーストする能力です。$META投票ロックを使用すると、Cometaに提供している流動性の最大2.5倍のブーストを獲得することができます。


投票


$METAホルダーが自分の$coMETAを投票ロックすると、様々なDAO提案とプール・パラメータについて投票を開始することができます。


$METAトークンの総供給量1,000万は、次のように分配されます。


  • 40%:流動性プロバイダー

  • 25%:DAOトレジャリー(6ヶ月ロック + 6ヶ月権利確定)

  • 18%:開発目的のためにチームへ(1年ロック + 1年権利確定)

  • 10%:投資家(1年ロック+1年権利確定)

  • 3%:メタパンクス・ホルダー(6ヶ月権利確定)

  • 2%:アドバイザー(1年間ロック + 1年間権利確定)

  • 2%:イニシャル・トークンセール



$METAの配布



手始めに...イールドファーミング


LaaSは複雑なシステムであり、スマートコントラクトもまだ開発中です。すべてが時計のように動くことを確認するためには、ある程度の時間が必要です。


そのため、基本的なことから始めることにしました。Cometaプロトコルのステージ0としてイールドファーミングを開始し、第3四半期にはLaaSがそれに続く予定です。


イールドファーミングが最適なモデルでないとしても、Cometaは重要なQOL機能を備えた最も便利なUIに焦点を当てることで、ユーザーに利益をもたらすことができます。



自動複利


プールの報酬はすべて自動的に再投資され、最高のAPYを達成します。


アルゴランドの手数料はほぼゼロです。そのため、100%のAPRが自動複利計算機能により172%のAPYになります。



CometaはDeFiを簡素化します



ZAP


ユーザーはワンクリックであらゆる流動性プールに流動性を追加することができるようになります。

あなたが望むトークンを提供すれば、それは希望するLPトークンに変換されます。


私たちのアルゴリズムは、アルゴランドDEXを通じて最高のスワップ・レートを見つけるので、価格とスリッページを自分で比較する必要はありません。



ロックされたプール


Cometaは、流動性をより持続可能なものにすることを目的としています。したがって、我々はユーザーが可能な限り長く流動性を提供することを望んでいます。そのため、ある期間(1週間、1ヶ月)トークンをロックする準備ができているユーザーに対して、追加のインセンティブを提供する予定です。


最も変動が激しいトークンを持つプロジェクトは、この機能によってより持続的な流動性を得ることができ、大きな恩恵を受けるでしょう。


流動性はロック期間より早く引き出すことができますが、報酬はすべてなくなります。



私たちの直近の計画


イールドファーミング(YF)

  • YFのベータ版はテストネット上で稼働しています。誰でもテストすることができ、フィードバックは本当にありがたいです。

  • Cometaトークンの一般販売、正確な日付は未定です。

  • YFのメインネット版は7月初旬にリリースされる予定です。


LaaS

  • 7月下旬にテストネット版をローンチする予定です。

  • メインネットは9月頃にリリース予定です。アルゴランドで持続可能でより収益性の高い流動性を持つ最初のプロジェクトの1つになるために、私たちにご連絡ください。


$METAエアドロップ


Metapunksはアルゴランドで最大のNFTコミュニティの1つです。私たちは保有者のサポートに非常に感謝しています。彼らは私たちに本当にクールなものを構築するためのエネルギーを与えてくれました。


そのため、私たちは$METAの全供給量の3%をエアドロップすることにしました。


5月1日から6ヶ月間、2週間ごとに日曜日の午後2時(UTC)に12回のエアドロップが行われます。


  • 最初の3回のエアドロップはうまくいき、75,000$METAが配布されました。

  • 次回は6月12日に行われる予定です。

  • スナップショットの瞬間にウォレットに入っているメタパンクのみがドロップの対象となります


以上、Cometaでした。



TwitterDiscordで私たちに参加してください。私たちの流動性シーカーのパートナーになることに興味があれば、私たちにメールを送ってください。


元記事:https://medium.com/@metapunks.world/introducing-cometa-liquidity-hub-on-algorand-344ae6cb9002