「決済の未来レポート」のご紹介



「決済の未来レポート」のご紹介


決済の未来がここにある


私たちの商品やサービスの支払い方法は、この50年の間に絶えず進化してきました。


VisaMastercardのようなサービス・プロバイダーは、日常生活の中で当たり前のものとなりました。私たちはPayPal、Apple Pay、Alipayを発見し、買い物に必要なのは携帯電話だけであることに気付きました。支払い手段が変化するにつれ、インフラ全体がそれらを中心に適応し、発展していきました。


今日の前例のない技術変化のペースは、決済が単に破壊されているだけではなく、新しい技術によって全く変化していることを示しています。


フィンテックは、決済分野や金融サービス全般に、より大きなイノベーション、コラボレーション、競争をもたらしています。デジタル通貨の出現は、政府や中央銀行による研究に拍車をかけています。中央銀行がより良いスピード、安全性、決済へのアクセスを促進する方法に大きな変化をもたらす可能性があります。


古くからの現金への依存からの移行は、問題をもたらす一方で、特に発展途上国においては機会をもたらすものでもあります。決済のイノベーションは、金融・決済インフラの周辺部にいる人々のアクセシビリティ、手頃な価格、包摂性を考慮しなければなりません。


規制当局はこれらのイノベーションに対応していく必要があります。従来とは異なる新しい決済機関が、金融システムのシステム的に重要な構成要素として台頭してくるでしょう。積極的な中央銀行と規制当局は、過度な政策リスクを負うことなく決済イノベーションの恩恵を享受したいと考えており、産業界との連携を強めています。



決済の未来レポート


政策立案者、技術者、金融機関、規制当局者を集めてデジタル・ファイナンスの課題と機会を探求するハイレベル・グループであるOMFIF (Official Monetary & Financial Institutions Forum) DMI (Digital Monetary Institute) のコラボレーションを通じて、決済業界を横断した未来の洞察提供できることを嬉しく思います。


この画期的なレポートは、OMFIFのフィールド・リサーチと調査を基に、Algorand、Citi、Cypherium、GrabPay、Mastercard、Novi(Facebook)、PayPal、SWIFTからの寄稿と見解を集めたものです。また、決済の未来がどのように見えるかを調査し、中央銀行や規制当局が直面する課題や機会についての意見を調査しています。



レポートをダウンロード


レポートの主な調査結果は以下の通りです。

  • サービスやインフラを含む現在の決済業界の評価

  • 国内および国境を越えて、人々が支払い、貯蓄、価値の移転を行う方法を形作ると思われる主なトレンドとイノベーション

  • 小売決済業界の洞察と卸売決済の解説

  • 現在の通貨体制の問題点の概要

  • 新しい方法の可能性


元記事:https://www.algorand.com/resources/blog/the-future-of-payments-report