中国へ!アルゴランドはBSNオープン・パーミッションド・ブロックチェーン・イニシアティブに参加しました


中国へ!アルゴランドはBSNオープン・パーミッションド・ブロックチェーン・イニシアティブに参加しました


9月27日、北京でBlockchain-based Services Network(BSN)のOpen Permissioned Blockchain Initiative(O.P.B)が正式に発表されました。次世代の金融商品のための世界初のオープンソース、パーミッションレス、純粋なプルーフオブステークのブロックチェーンであるアルゴランドは、O.P.Bイニシアティブに参加する最初の大手パブリックチェーンの1つであることが明らかになりました。数日前、アルゴランドはBSNとの協力の第一段階であるBSNインターナショナル・ポータルとの統合を完了し、メインネットとテストネットの両方をbsnbase.io上に開設しました。



アルゴランドは、O.P.B.イニシアティブに参加した最初の8大パブリックチェーンの一つです


BSNは、ブロックチェーンの動作環境をベースにしたグローバルなインフラストラクチャであり、DApp開発者にワンストップ・ショップを提供し、あらゆるパーミッションドまたはパーミッションレスのブロックチェーン・アプリケーションをデプロイして管理することを可能にします。




BSN - 2つのシステム


中国では法律や規制上の要件があるため、パブリック・ブロックチェーン・プロジェクトは中国市場に参入することが困難になる可能性があります。そのため、パーミッションレスのパブリック・チェーンとの統合は、これまでのところBSNのグローバル版でのみ許可されています。O.P.B.イニシアチブは、中国の開発者や企業に低コストで使いやすいブロックチェーン・インフラを提供しながら、規制に準拠した方法でパブリックチェーン技術を中国の国境内で開発することを可能にするソリューションとしての役割を果たします。



「ローカライズされた」パブリック・ブロックチェーン


O.P.Bは、パブリック・ブロックチェーンとパーミッションド・ブロックチェーンの間の構造を持つ、基礎となるブロックチェーン・フレームワークです。このアイデアは当初、中国のテック大手アリババの子会社であるAnt Financialが開発した許可制企業ブロックチェーンであるAntChainに触発されたものです。AntChainのAnt Blockchain Open Allianceや、BaiduのXuperChainは、いずれもこの分野での既存の試みです。


パブリックチェーンを「ローカライズ」するために、BSNは指定された事業者のみにノードの構築と運用を許可し、そこでDAppsがオンチェーン取引を検証し、データを保存します。ネットワークはすべてのピアツーピア料金取引をブロックし、ユーザーにはチェーン上でのDAppsの構築と運用のためのガス料金をカバーするために、トークンの代わりに人民元を使用することを要求します。上記の調整以外は、O.P.Bの動作メカニズムはパブリック版のものと一致しています。


「分散化されたガバナンスとインセンティブがなければ、多数のノードは必要ありません」と"BSNの背後にある民間企業であるRed Date TechnologyのCEOであるHe Yifan氏は述べています。「通常の状況では、ノードが物理的に十分に広く分散されている限り、すべてのO.P.Bは5~10のノードを必要とするだけです」



アルゴランド - 中国とボーダレス経済を受け入れる


アルゴランドは、「ボーダレス・エコノミーの構築」というビジョンのもと、誰もがどこにいても分散型アプリケーションやプロジェクトを通じて繁栄を築くことができる、包括的で透明性の高いシステムの開発に取り組んでいます。BSNは、DAppのデプロイとメンテナンスという高コストの問題を解決し、ブロックチェーン産業の繁栄するエコシステムの育成に取り組んでいます。このようなビジョンを共有したことで、両者の深い連携が実現しました。


先週の金曜日に bsnbase.io でアルゴランドのmainNetとtestNetが正式にローンチされたことで、 mainNetとtestNetの両方のノードが BSN パブリック・シティ・ノード (PCN、これはチェーン・ノードではなく BSN データ・センター) にインストールされました。中国以外の開発者は、標準化された開発環境を選択して、BSN上のアルゴランド上でアプリケーションを構築して実行することができるようになりました。アルゴランドの開発環境をBSNのノードに接続することで、アルゴランドの開発者は、BSNの海外PCNを通じてDAppを構築してノードを実行したり、エンタープライズチェーンや財務データにアクセスしたりすることも可能になります。


その上で、BSN O.P.Bイニシアチブは、アルゴランドの先進技術を中国市場にさらにもたらします。Layer-1で調整された機能により、アルゴランドは中国の開発者や企業に直接その価値をブーストすることができます。


世界的に見ても、アルゴランドはすでに複数の業界やセクターにまたがる深い協力関係を築いています。例えば、アルゴランドはマーシャル諸島と協力して、世界初の国家デジタル通貨SOVを設立しています。また、Circleと提携して、規制対象のステーブルコインUSDCをアルゴランドに統合し、支払いやeコマースを可能にしています。活気ある開発者コミュニティを構築し、企業にサービスを提供することは、アルゴランドにとって、世界的にもアジア市場においても常に戦略的な目標となっています。今年、アルゴランド財団は、アルゴランド・ブロックチェーンのイノベーションと大量採用を促進するために、アルゴランド財団助成金プログラムに加えて、アジア・アクセラレータ・プログラムを開始しました。アジア・アクセラレータ・プログラムは現在新規参入者を対象としていませんが、グラント・プログラムは常に新しい提案を受け付けています。詳細はこちら。


O.P.B.バージョンのアルゴランドで作成された更なるイノベーションは、グローバルでパーミッションレス・バージョンのアrグゴランドとの統合や移植が容易になります。アルゴランドで開発することを学ぶことで、中国の開発者コミュニティは、同じスキルセットを使用して、社内外の両方の市場向けに構築することが可能になります。



アルゴランド創業者シルビオ・ミカリは、O.P.B.の記者会見で彼の最高の願いを伝えた


Youtube Link: http://ow.ly/g9F250BFy4z


「中国の創造性をアルゴランドの上に構築することを可能にするBSNプログラムに参加することにワクワクしています」とO.P.B.の記者会見でアルゴランド創設者であるSilvio Micali氏は述べています。「BSNコミュニティの開発者から生まれるイノベーションを非常に楽しみにしています。このプログラムの成功と、それに参加するすべての人の成功を祈っています」



BSNについて


BSNは、あらゆるタイプのブロックチェーン分散アプリケーション(DApps)を展開し、運用するために使用される、クロスクラウド、クロスポータル、クロスフレームワークのグローバルなパブリック・インフラストラクチャ・ネットワークです。


詳細はこちら: https://bsnbase.io/



アルゴランド財団について


アルゴランド財団は、パブリックの分散型ブロックチェーン技術の上にボーダレス経済を構築するビジョンを持つ非営利団体です。アルゴランド財団は、アルゴランド・インクとのパートナーシップにより、このビジョンを達成するための礎となるアルゴランド・プロトコルを構築しました。財団は、アルゴランド上で可能になる幅広いアプリケーションを想定しており、すべての開発者が次世代のツールを構築できるようにし、アルゴランド・エコシステムの開発において、プロトコルのガバナンスと経済効率を包含する包括的なコミュニティを教育し、育成することに焦点を当てています。財団は、純粋なプルーフオブステーク・コンセンサス・アルゴリズムを利用することで、持続可能で環境に優しい方法でこのイノベーションを促進することに尽力しています。


詳細はこちら:https://algorand.foundation/