アルゴランドはどのようにスケーラブルなブロックチェーン・エコシステムを構築しているか?



アルゴランドはどのようにスケーラブルなブロックチェーン・エコシステムを構築しているか?


アルゴランドは、MIT教授のシルビオ・ミカリ(コンピュータ科学者、暗号学の専門家)が発明したPure Proof of Stake(PPoS)アルゴリズムを採用しており、金融サービスの変革を推進するユニークな立場にあります。


アルゴランドがどのようにして、誰もが構築できる拡張性の高いブロックチェーン・エコシステムを提供しているのかをご紹介します。



ブロックチェーンのトリレンマを解決して安全にスケールアップ


Pure Proof of Stake(PPoS)アルゴリズムのユニークなアーキテクチャにより、アルゴランドは、ネットワークの分散性とセキュリティを損なうことなく、より大きなスケーラビリティを実現することで、いわゆるブロックチェーン・トリレンマを解決する唯一のパブリック・ブロックチェーン・ネットワークとなりました。


ブロックチェーンは、将来の金融において主役になると期待されています。しかし、この技術にはさまざまなバリエーションがあり、現在、未来に向けて構築された金融アプリケーションに力を与える準備ができているパブリック・ブロックチェーン・ネットワークはわずかしかありません。アルゴランドは、その革新的なコンセンサス・メカニズムにより、このリストの最初の企業となりました。



PPoSアルゴリズム


一言で言えば、PPoSアルゴリズムは、すべてのトークン保有者がALGOをステークすることで、ブロック・バリデータになれる可能性があるというもので、これはProof of Stakeファミリーのどのバージョンにも共通するアプローチです。しかし、アルゴランドのPPoSプロトコルは、チェーンに新しいブロックが追加されるたびに、ブロック・バリデータを無作為にかつ秘密裏に選択します。そのため、すべてのユーザーには、システムに選ばれるチャンスが平等にあります。このようにして、ネットワークは完全に分散化された状態を維持し、エコシステムに平等主義のコンセプトを採用することができます。




ここでは、アルゴランドがPPoSコンセンサス・アルゴリズムによって実現していることを紹介します。


  • ロックチェーンのトリレンマを解決する - ランダム性は、潜在的な51%攻撃を防ぎつつ、真の分散化とより大きなスケーラビリティを確保するために、アルゴランドが頼りにしている重要な要素です。初期のPoSアルゴリズムとそれに続くより洗練されたバージョンは、ブロック・バリデータに関しては予測可能なレベルを許容することで、分散性を妥協してきました。

  • スケーラビリティ - PPoSアルゴリズムは、未来の金融のために構築されたスケーラブルなエコシステムを強化します。今日現在、アルゴランドは1秒間に1,200件以上のトランザクションを処理することができますが、近々3,000件になる予定です。さらに、ブロック・パイプラインと呼ばれる機能を導入することで、TPSのパフォーマンスを45,000以上に向上させ、Visaよりも高いスケーラビリティを実現する予定です。



  • ファイナリティ - アルゴランドの即時ファイナリティは、何百万ものトランザクションと何千もの資産を扱う金融アプリケーションには不可欠です。これからの金融には、遅延やネットワークの混雑はつきものです。アルゴランドでは、ブロックの作成に5秒もかからず、すべての取引が即時に完了するため、カウンターパーティー・リスクを防ぐことができます。

  • セキュリティ - PPoSアルゴリズムにより、アルゴランドはフォーク不可能なブロックチェーンであり、これは特にNFT(Nノン・ファンジブル・トークン)にとって重要なことです。これにより、比類のないレベルのセキュリティが実現します。

  • 低い取引コスト - 今日の金融システムは、プロセスを機能させるために手数料を請求する複数の層の仲介者に依存しており、エンドユーザーがすべての手数料を負担しています。アルゴランドは、低い取引コストを可能にするユーザー指向の金融エコシステムの開発を支援します。今年初め、イタリア最大の著作権収集機関であるSIAE(Società Italiana degli Autori ed Editori)は、アルゴランドを活用して、95,000人以上の会員の著作者の権利を表す数百万のNFTをミントしました。他の主要なブロックチェーンでは、1つのNFTを作成するのに40ドルから100ドルかかるのに対し、同機関がALGOに支払った費用は合計でわずか数千ドルでした。


NFTに加えて、低い取引コストはマイクロペイメントにとって重要であり、これもFinance 3.0の大きなトレンドとなっています。


  • 持続可能性と低いカーボン・フットプリント - アルゴランドのブロック作成にはマイニング・プロセスがないため、ネットワークの二酸化炭素排出量は微微たるものです。アルゴランドは、さらに踏み込んで、ブロックチェーンの持続可能性の基準となる有意義なパートナーシップを通じてカーボン・フットプリントを削減し、カーボン・マイナスになることを誓いました。


PPoSにより、アルゴランドは、金融の未来の基準となる持続可能でスケーラブルなブロックチェーン・エコシステムを構築することができます。アルゴランドのネットワークは、その革新的なコンセンサス・アルゴリズムなしには実現できないユニークな機能の組み合わせにより、急速に成長しています。これにより、ミカリ教授の発明は、以下のような未来の金融(FutureFi)の様々なユースケースに最適なものとなっています。


  • DeFi - アルゴランドは、クリプト業界で最も急成長している分散型金融(DeFi)のために構築されています。今日のDeFiアプリケーションは、金融の未来に向けた大きな一歩であり、アルゴランドのPPoSコンセンサス・メカニズムは、その高度なスマートコントラクト技術とともに、開発者があらゆる種類のDeFiアプリケーションを構築することを可能にします。アルゴランドの最初のDeFiプロジェクトはYieldlyで、その最終目標はユーザーに焦点を当てたクロスチェーンの分散型取引所を構築することです。

  • トークン化 - トークン化は、暗号化の世界における最も重要なトレンドの一つです。私たちの投資方法を一変させるでしょう。アルゴランド標準アセット(ASA:Algorand Standard Assets)フレームワークにより、従来の資産はその主な特徴を維持したまま、簡単にデジタル・トークンに変換することができます。これにより、資産の流動性や安全性が高まり、世界中のより幅広い投資家がアクセスできるようになります。2020年には、International Blockchain Monetary Reserve(IBMR)が、ブロックチェーン上に存在する企業株の端数をサポートする交換プラットフォームを開発しました。IBMRのMicroequity Stock Exchange(MESE)は、個人投資家がブロックチェーン上の端数株式を購入することで、ハイテク株式市場へ参加することができる世界初のマイクロエクイティ取引所です。

  • NFTの作成 - ASAフレームワークは、端数NFTを含むNFTをサポートしており、いくつかの素晴らしいユースケースへの扉を開いています。例えば、端数NFTは、不動産、美術品、または高級品に流動性をもたらすことができます。

  • ステーブルコイン - ステーブルコインは、暗号通貨空間と伝統的な金融との間の橋渡し役として、FutureFiにおいて不可欠な役割を果たします。アルゴランドは、ステーブルコインに理想的なインフラを提供します。USDC - 2020年以降、最も急速に成長しているステーブルコイン - は、最初のブロックチェーン実装としてアルゴランドを使用しました。USDCを開発したCircle社は、アルゴランドのスケーラビリティの可能性により、USDCが世界の隅々まで高速で到達できることを挙げています。

  • ペイメント - アルゴランドは、パブリック・ブロックチェーンの中でも最も高速なブロックチェーンの1つであり、1秒間に1200件以上のトランザクションを瞬時に最終処理することができるため、ペイメントに最適です。この技術は、国境を越えた決済やマイクロペイメントなど、あらゆる形態の金融取引を可能にします。これは、モノのインターネット(IoT)のような破壊的なテクノロジーの出現の中で、特に重要な意味を持ちます。

PPoSコンセンサス・プロトコルのおかげで、アルゴランドは、FutureFiのさまざまなユースケースを受け入れることができる、急成長しているスケーラブルで持続可能なブロックチェーン・エコシステムを開発することができました。


アルゴランドとともに未来への準備を今すぐ始めましょう。



元記事:https://www.algorand.com/resources/blog/algorand-building-scalable-sustainable-blockchain-ecosystem