ガバナンス・プログラム、 レファレンダム期間の開始

最終更新: 7月1日



ガバナンス・プログラム、 レファレンダム期間の開始


2021年6月30日


Algoホルダーの皆様へ - コミュニティ・ガバナンスへの移行に関するレファレンダムの実施について


アルゴランド・プラットフォームの立ち上げから2年が経過し、アルゴランド財団は、これまで財団が管理してきたコミュニティ資金の管理を分散させる時期が来たと考えています。今日は、ガバナンス・プログラムのレファレンダム期間の始まりであり、アルゴランド・ネットワークは、分散型コミュニティ・ガバナンスのためのアルゴランド財団の提案の受け入れを決定します。


提案書は、11の言語で https://algorand.foundation/the-algo/algo-governance に掲載されています。


この提案は、アルゴランド・コミュニティが残りの32億Algo AERP(アルゴランド・エコシステム・リソース・プール)に責任を持ち、2030年までどのように分配するかを提案するものです。当財団は、ネットワークの成長、Algo市場とエコシステムの強化にコミットすることをやめません。しかし、提案が承認された場合、財団のコミットメントは、ガバナンス票を獲得するためにあなたのステークをコミットする準備ができているAlgoホルダーとして、あなたの管理下で継続されます。AERPの資金は、エコシステムの開発、教育、投資、Algoとアルゴランド・ネットワークの採用などの主要分野を促進する重要なテコとなります。これは、アルゴランド・ネットワークの分散化や、透明性の向上、コミュニティの参加による意思決定の改善に向けた重要なステップです。


ここで説明したように、レファレンダムにはネットワークのコンセンサス参加者(コンセンサス・ノード運営者)が参加しますが、これはレファレンダム期間中に、ノード運営のために自分のステークをコミットする意思のあるAlgo保有者によってなされます。最新のノード・バージョン(本日ローンチ)にアップグレードすることを選択した場合、提案に賛成したとみなされます。アップグレードしない場合はNOとなり、提案を拒否したことになります。ネットワークの90%以上がアップグレードを選択した場合、レファレンダムは成立します。このアップグレード投票の窓口は、7月14日まで、またはネットワークの90%の目標が達成されるまで開かれます。


レファレンダムが可決された場合、将来の投票プロセスは、ノード運営者だけでなく、ガバナンス・ルールにコミットすることを望むすべてのAlgoホルダーに開かれます。未来はあなたの手にもかかっているのです。



元記事:https://algorand.foundation/news/governance-program-referendum-period-commences