https://medium.com/feed/milkomeda%E6%97%A5%E6%9C%AC
 

第5期ガバナンスLPコミットメントに関する最新情報




第5期ガバナンスLPコミットメントに関する最新情報


2022年10月7日 - 第5期アルゴランド・コミュニティ・ガバナンスは、2022年10月15日(SGT)まで、ガバナーになる人の参加を受け付けています。


前回の投票(第4期、施策1 - アルゴランド・コミュニティ・ガバナンス)の施策1の可決により、「2022年第4四半期のガバナンス報酬から700万AlgoをDeFiガバナーに割り当てる」ことで、DEX LPトークンをガバナンスにコミットすることが容易になりました。第5期にサインアップしてコミットするガバナーになる人は、対象となるLPトークンをコミットするかどうかを選択できるようになりました。ガバナーは、Algoのコミットメントと一緒に、コミットしたいLPトークンの数を指定できるようになりました。


2022年8月15日時点で10,000Algo以上の残高を持つ「Algo対アセット」を含むDEXプールのLPトークンは、この期間のガバナンスにコミットする資格があります。LPトークンは参加受付の間にコミットすることができ、ガバナーのLPトークン残高はAlgo残高と同様に追跡されます。



ガバナンスへのLPのコミットメントに関するアップデート


前回の投票が近かったため、LPトークンのステーキングを行う一部のDeFiプラットフォームは、この期間に彼らのソリューションをアルゴランド・ガバナンスと統合することに間に合いませんでした。そこでアルゴランド財団は部分的に対応し、LPトークンの中央プールへのステークと、同じトークンを使ってのガバナンスへの参加を可能にします。


これがどのように関連プロジェクトに実装されるかの技術的な詳細は、各プロジェクトによって発表される予定です。どのような場合でも、ガバナーは自分のウォレットから、AlgoやLPトークンのコミットメントからなるサインアップ・トランザクションを送信することが要求されます。さらに、財団は、ガバナンスの全期間を通じてコミットされたガバナーの管理下にコミットメントの全金額を残すことを要求しています。さらなるアップデートがあれば、掲載します。


さらなる議論のためにアルゴランド・ガバナンス・フォーラムを訪問するか、お問い合わせは governance@algorand.foundation までお願いします。



元記事:https://www.algorand.foundation/news/governance-period-5-update-on-lp-commitment