アーティストからファンへ、アルゴランドがブロックチェーンで音楽を強化する方法



アーティストからファンへ、アルゴランドがブロックチェーンで音楽を強化する方法


21世紀に入ってから、人々が音楽を消費する方法は大きく変わりました。人々はCDやデジタル・ダウンロードを聴いていましたが、やがて定額制のストリーミング・サービスが業界を支配するようになりました。しかし、アーティストにとって残念なことに、ストリーミング・プラットフォームがアーティストに還元するロイヤリティは10%未満であることが多いのです。例えば、Spotifyで1ドル稼ぐには、314回のストリーミングが必要です。


今日の音楽業界は複雑な契約で満ちており、その結果、アーティストが自身の音楽の所有権を維持できないことがよくあります。ブロックチェーン技術により、ファンはアーティストの作品を購入し、時には共同所有することもできます。また、利益の大部分を取るサービスを通じてではなく、アーティストから直接購入することで、アーティストを支援することもできるのです。


ここでは、アルゴランドの音楽分野における最も革新的なプロジェクトを紹介します。


1. Dequency


Dequencyは、アルゴランド上に構築された分散型ライセンス・マーケットプレイスです。アーティストが自分の音楽やアートをDequencyに掲載し、クリエイターが映像プロジェクトで使用できるようにし、ライセンス料を自分で設定することができます。そこから、クリエイターがシンク・ライセンスを鋳造するだけで、アーティストの音楽を合法的に使用できるようになります。アーティストは、すぐに支払いを受けることができます。Dequencyは、アーティストが自分の音楽を使用するために他のクリエイターが支払わなければならない金額をコントロールすることを可能にし、また、クリエイターがライセンスされた音楽を入手するためのシンプルで効率的な方法を提供することができます。




2. Opulous


Opulousは、アーティストが従来の金融機関を通さずに資金調達できるように設計されたアルゴランド上のピアツーピア・プラットフォームです。アーティストが従来の金融機関から融資を受けるのに苦労することが多いのは、ほとんどの銀行が音楽を特別な価値のある資産とみなしていないからです。しかし、音楽資産はウォール街で最も急速に成長している資産クラスの1つです。OpulousがMFTと呼ぶ音楽NFTでは、ユーザーはアーティストの楽曲、EP、アルバムに投資することができます。このMFTは、時間とともにロイヤリティを生み出し、アーティストが成功すれば価値も上がります。ユーザーは、アーティストの成長を支援し、同時に利益を得ることができ、もちろん音楽も聴くことができます。



Opulous、2022/23年のロードマップ・アップデートを発表



3. Limewire


これまでピアツーピアの音楽共有プラットフォームだったLimewireは、3月にアルゴランドでNFTのマーケットプレイスを立ち上げると発表しました。大手レーベルのUniversal Music Groupと契約を結び、Travis Barker、Soulja Boy、Cerénaなどの人気アーティストが所属するインプリント・レーベルは、このプラットフォームでNFTをリリースするオプションを持つことができるようになりました。同プラットフォームは、音楽、アート、コレクターズアイテムなどのNFTアセットを主な対象としています。


>ユニバーサル・ミュージック・グループ、LimeWireのアルゴランド・マーケットプレイスでNFTをリリース - Decrypt



4. ナップスター


かつて音楽業界で名を馳せたナップスターは、Web3への変革の準備を進めています。アルゴランドは2022年5月10日、ナップスターを買収しました。かつてのピアツーピアの音楽共有アプリは、現在、分散型の音楽エコシステムを構築しています。アーティストもファンも、この空間に参加することでインセンティブを得ることができ、自立的な音楽エコシステムを実現します。ナップスターの目標は、アーティストとファンの交流の拡大を促進するとともに、Web3を音楽空間に橋渡しし、アルゴランド・ブロックチェーンの日々の利用者数を高めることです。

>NapsterライトペーパーV1をダウンロードする




Algorandのエコシステムを探る





元記事:https://medium.com/algorand/from-artists-to-fans-how-algorand-empowers-music-with-blockchain-1b6ab294fc36