Flare、Bitcoinブリッジ開発のため財団SupaGrantを受領


Flare、Bitcoinブリッジ開発のため財団SupaGrantを受領


2022年4月26日 - アルゴランド財団は本日、マルチチェーンのセキュリティでクロスチェーンの相互運用性を実現することで「すべてをつなぐ」ことを約束する新しいレイヤー1プロトコル「Flare」との助成金パートナーシップを発表しました。


Flareは、ビットコイン・ブリッジを開発するためにアルゴランド財団ブリッジSupaGrantを獲得し、堅牢で多様かつ繁栄するAlgorandエコシステムの成長を支援することになりました。


ブロックチェーン・ブリッジは、多くの場合、サービスを提供するブロックチェーンよりも中央集権的で安全性が低いため、ここ数カ月で何十億ドルも盗まれています。したがって、新しい、より安全なブリッジング・アプローチが開発されることは、流動的なクロスチェーンの未来の発展のために非常に重要です。


FlareがAlgorandのために構築しているブリッジは、そのような例の1つです。これは、ALGOとBTC、さらにDOGE、LTC、XRP、XLMといった他の非スマートコントラクト・トークン間の安全なトラストレス相互運用を可能にするものです。


この新しいブリッジング・アプローチは、Flareの分散型相互運用プロトコルであるFlare Time Series Oracle (FTSO) と State Connectorを使用して構築されます。FTSOは、高速に更新される分散型価格データをFlareネットワークに提供します。また、State Connectorは、オンチェーン、オフチェーンを問わず、あらゆるオープンシステムの状態をFlare上のスマートコントラクトに信頼性をもって証明することを可能にします。これらの複合技術により、Flareは2つのチェーン間で安全かつ普遍的な相互運用性を実現します。したがって、ブリッジは、ALGOと他のスマートコントラクトLayer-1間の相互運用性もサポートするようにアップグレードできる可能性があります。


「私たちはAlgorandチームに多大な敬意を払っており、Algorandエコシステムのための安全で信頼できるブリッジを開発できることに興奮しています。既存のブリッジのアプローチは、何度も何度も満足のいくものではないことが証明されています。Flareの新しいアプローチは、既存のブリッジ技術に基づくのではなく、一から構築された全く異なる方法であり、あらゆるチェーン間の安全で分散型の相互運用性において画期的な進歩をもたらすでしょう」 Flare、CTO兼共同創業者 ショーン・ローワン


「私たちはFlareと提携し、Algorandエコシステムに迎え入れることに興奮しています。Flareとの助成金パートナーシップは、ビットコインへのブリッジを持つ重要なDeFiインフラを開発し、さらなるコラボレーションとイノベーションの機会を開くでしょう。 私たちは、このパートナーシップがそれぞれのコミュニティに価値をもたらすことを楽しみにしています」 アルゴランド財団DeFi責任者、ダニエル・オーン



アルゴランド財団について


MIT教授でチューリング賞を受賞した暗号学者であるシルビオ・ミカリが設計したAlgorandブロックチェーンは、国境なき世界経済の約束を実現することができるユニークな存在です。このブロックチェーンは、従来の金融のスピードに匹敵する取引量を達成しながら、即時決済、ほぼゼロの取引コスト、そして24時間365日体制で取引することが可能です。そのカーボン・ニュートラルなプラットフォームと独自のPure Proof of Stakeコンセンサス・メカニズムは、分散型プロトコル上でセキュリティとスケーラビリティの両方を実現し、2019年の稼働以来1秒のダウンタイムもなく、「ブロックチェーンのトリレンマ」を解決しています。


アルゴランド財団は、Algorandブロックチェーンの健全な通貨供給経済、分散型ガバナンス、健全で豊かなオープンソース・エコシステムに責任を持ち、世界的な約束を果たすための支援に取り組んでいます。 詳細については、https://algorand.foundation をご覧ください。



Flare Network(フレア・ネットワーク)について


Flare Networkは、すべてのブロックチェーンに安全に接続するために設計された新しいレイヤー1を構築しています。EVMとの互換性を画期的な分散型相互運用プロトコルである「Flare Time Series Oracle」と「State Connector」と組み合わせることで、Flareの技術は、高いスループットと低料金、超低カーボン・フットプリントで安全、信頼、普遍的な相互運用性を実現します。Flareは、Web3を次世代に拡張し、「すべてをつなぐ」ことを実現します。



元記事:https://algorand.foundation/news/flare-bridges-supagrant