インドの暗号通貨教育機関であるFinstreetが、アルゴランド財団の助成金の最新の受領者に



インドの暗号通貨教育機関であるFinstreetが、アルゴランド財団の助成金の最新の受領者に



2021年7月20日 - アルゴランド財団は、2020年4月に複数年にわたる2億5000万ALGO助成金プログラムを開始しました。このプログラムでは、世界中の開発者やイノベーターを支援するために、アプリケーション開発、ツール・インフラ、研究、教育・コミュニティの分野で様々なレベルの助成機会を提供し、イノベーションと開発を促進して、活気に満ちた多様で活発なアルゴランド・エコシステムの成長を支援しています。


この度、Finstreetがアルゴランド財団の助成金を受けたことを嬉しく思います。Finstreetの教育プラットフォームは、人々がブロックチェーン、暗号通貨、そしてそれらに関連するさまざまな資産クラスの重要性について学ぶための、簡単にアクセスできる媒体として機能します。


Finstreetは、インド初の暗号通貨教育プラットフォームで、ブロックチェーンと暗号通貨の教育に重点を置いています。Finstreetは、YouTubeチャンネルを使ってインドのコミュニティに参加してもらい、ブロックチェーンに関する最新のニュースを伝え、WEB3.0を簡単かつ安全に閲覧するために必要な教育コンテンツを提供しています。Finstreetは、アルゴランドについて開発者を教育するための教育シリーズを作成し、アルゴランド・ブロックチェーンでの開発を促進します。


Finstreetの創業者であるBandhul Bansalは次のように述べています。「アルゴランド財団からの支援を受けられたことを光栄に思います。この支援は、Finstreetがインドの大衆に暗号通貨の世界についてさらに教育するための力になると確信しています。」


アルゴランド財団のAddie Wagenknecktは次のように述べています。「Finstreetの教育助成金申請を支援できることを嬉しく思います。私たちのオープンソース実装は、開発者がアルゴランド上で構築することを簡単かつ迅速にします。Finstreetの教育プラットフォームは、アルゴランド上での構築を検討している新進の開発者と既存の開発者の両方の認識を高め、教育するのに役立ちます。私たちは、助成金プログラムを通じてFinstreetと提携し、誰もが効率的に、透明で安全に価値を創造し、交換する世界のために、ブロックチェーン・ベースのソリューションを簡単に構築し、展開するために、開発者の旅を支援できることを非常に嬉しく思います。」


アルゴランド財団は、助成金プログラムを通じた資金提供で、このプロジェクトを支援できることを誇りに思います。Finstreetの詳細については、FinstreetのウェブサイトまたはYouTubeチャンネルをご覧ください。また、ツイッターでは@Finstreet1をフォローしてください。アルゴランド財団の助成プログラムによる支援に興味のある方は、こちらからご応募ください。



元記事:https://algorand.foundation/news/finstreet-grant-award