エンヴィジョン・ヴァージン・レーシングがアルゴランド財団との複数年にわたるプラチナ・パートナーシップを発表



エンヴィジョン・ヴァージン・レーシングがアルゴランド財団との複数年にわたるプラチナ・パートナーシップを発表


2021年10月28日 - 「最も環境に優しいブロックチェーン」アルゴランドが「最も環境に優しいグリッドの最も環境に優しいチーム」エンヴィジョン・ヴァージン・レーシング(Envision Virgin Racing)と提携し、次世代のブロックチェーンの導入とイノベーションが環境に優しいものであることを保証します。


エンヴィジョン・ヴァージン・レーシングは本日、複数年にわたる新たなパートナーシップを発表し、アルゴランド財団をチームのプラチナ・パートナーに迎えることを発表しました。


アルゴランド財団は、アルゴランド・プロトコルとそのエコシステムの力を活用して、ブロックチェーン技術の世界的な約束を果たすことを目的としています。これにより、すべての人が、より良い地球を維持するために、カーボン・ネガティブのネットワーク上に構築された、公平で真にボーダーレスなデジタル経済の可能性を活かせるようになります。


アルゴランド財団は、エンヴィジョン・ヴァージン・レーシングと同様に、最先端の技術革新と高性能、そして実戦で鍛えられた耐久性と信頼性に裏打ちされた持続可能な未来を約束しています。


今回のコラボレーションにより、アルゴランド財団は、チームの革新的なサステナビリティ・プログラム「Race Against Climate Change」のパートナーとなり、気候変動との戦いを増幅させ、ゼロエミッション車への移行を加速させることを目的としています。また、エンヴィジョン・ヴァージン・レーシングは、アルゴランド財団と協力して、同財団が主催する開発者やイノベーター向けのコミュニティ・イベントの支援など、コミュニティ・イニシアティブを強化していきます。


今回の発表について、エンヴィジョン・グループの副社長であり、エンヴィジョン・ヴァージン・レーシング・フォーミュラEチームの取締役会長であるフランツ・ユングは次のように述べています。「革新的な新技術の導入と展開を通じて、持続可能性と気候危機への対応を図ることは、当社の存在意義の核心です。アルゴランド財団と提携できることを嬉しく思います。なぜなら、ブロックチェーン技術は、私たちや他の多くの組織に多くの興味深い新しい機会を提供する一方で、アルゴランドの技術は、最も環境に配慮した方法でブロックチェーンを展開するユニークな機会を提供してくれるからです」。



アルゴランド財団の最高経営責任者であるショーン・リーは次のように述べています。「アルゴランド財団は、アルゴランド・ブロックチェーンとその急速に成長しているエコシステムの認知度を高めることを使命としており、高度に競争力のあるスポーツの情熱と興奮を提供するプラットフォーム上で認知度を高めると同時に、アルゴランド・エコシステムの主要な持続可能性の価値を並行して提供するグローバルなパートナーシップを求めていました。私たちは、多くの素晴らしい相乗効果を持つEnvision Virgin Racingと提携できることを嬉しく思います。」


リーは続けます。「アルゴランドのブロックチェーンは、当初から炭素とエネルギーの排出量を可能な限り少なくするように構築されており、持続可能性を核とした技術を生み出したいと考えている世界中のイノベーターに、独自の持続可能なブロックチェーン・プラットフォームを提供しています。私たちは、持続可能で気候変動に配慮したイノベーションが、未来のテクノロジーや経済を生み出すための最適なアプローチであることを示すというミッションにおいて、お互いをサポートしていきたいと思います」。


FIAフォーミュラE世界選手権の創設チームのひとつであるエンヴィジョン・ヴァージン・レーシングは、世界有数のグリーン・テクノロジー企業であるエンヴィジョン・グループが所有するチームであり、コース内外で素晴らしい実績を誇っています。84回のレースで11回の優勝と33回の表彰台の機会を獲得しただけでなく、Envision Virgin Racingは、カーボン・ニュートラルなフォーミュラEチーム(PAS2060)の第1号となりました。また、FIAのスリースター・サステナビリティー・アクレディテーションを取得した数少ないチームの一つであり、英国政府の「Together For Our Planet」イニシアティブや国連のCOP26グローバル・サミットを支援するために英国政府と提携した唯一のスポーツチームでもあります。


アルゴランド財団のロゴをあしらったシーズン8の新しいカラーリングは、国連のCOP26世界気候会議で初めて披露されます。新デザインの車両は、11月1日(月)から12日(金)までCOP26のグリーン・ゾーンに展示されます。


本件に関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。


Daniel Matson

Head of Marketing

Envision Virgin Racing Formula E Team

E: daniel.matson@envisionvirginracing.com

T: +44 (0) 7935 758 907



エンビジョン・ヴァージン・レーシングについて


Envision Groupが所有するEnvision Virgin Racing Formula E Teamは、革新的な電動ストリート・レースであるABB FIA Formula E World Championshipの創設者の一人であり、最も成功したチームの一つです。


このチームのDNAには持続可能性が貫かれており、その目的はただ一つ、このチームのプラットフォームを利用して、気候変動への取り組みや、e-モビリティや再生可能エネルギーへの移行を世代に促すことです。その目的とは、長期にわたる「Race Against Climate Change」プログラムを通じ、「最も環境に優しいグリッド上の最も環境に優しいチーム」であることを誇りにしています。また、最初で唯一のカーボン・ニュートラル認証(PAS2060)を受けたチームであり、FIAの3つ星サステナビリティ認定を受けた数少ないチームの一つであり、UNFCCCの「Sports for Climate Action Framework(気候変動対策のためのスポーツ・フレームワーク)」に最初に署名したチームでもあります。11月に英国で開催される最大の気候変動イベント、国連のCOP26「Together for our Planet」サミットのパートナーも務めています。


レースでは、11回の優勝と33回の表彰台を獲得し、これまでで最も成功したチームの一つとなっています。エンビジョン・ヴァージン・レーシングは、2021/22年のフォーミュラEシーズンにおいて、オランダ人のロビン・フラインス(Robin Frijns)が、ニュージーランド人のニック・キャシディ(Nick Cassidy)とともに、チームで4年目のシーズンを過ごします。ロンドンにあるチームの商業本部でオペレーションを監督するのは、初日からチームに参加しているマネージング・ディレクターのシルヴァン・フィリッピ(Sylvain Filippi)と、チーム&スポーティング・ディレクターのレオン・プライス(Leon Price)、テクニカル・ディレクターのマイク・ラグ(Mike Lugg) で、シルバーストーンにある最先端の施設でチームのオペレーション部門を担当します。一方、エンビジョングループのフランツ・ユング(Franz Jung)は、引き続き取締役会会長を務めます。


詳しい情報は www.envisionvirginracing.com をご覧ください。


エンビジョン・グループについて


Envision Groupは、グローバルなグリーンテックのリーディングカンパニーです。当グループは、「持続可能な未来のために課題を解決する」ことをミッションとし、Envision Energyによるスマート風力タービンとスマート蓄電システム、Envision AESCによるAIoT搭載バッテリー、Envision Digitalによる世界最大のAIoTオペレーティング・システムの設計・販売・運営を行っています。また、Envisionは、100億RMBのEnvision-Sequoia Capital Carbon-Neutral Fundを運用し、Envision Virgin Racing Formula Eチームを所有しています。


Envisionは、FORTUNEの2021年 "Change the World "リストで世界第2位にランクインしました。また、2019年には、MITテクノロジーレビューによる「世界で最もスマートな企業50社」のトップ10にランクインしています。Envisionは、イノベーション・パワーハウスとして、中国、米国、ドイツ、デンマーク、シンガポール、日本にあるR&Dおよびエンジニアリングセンターのグローバル・ネットワークを活用し、グリーンテクノロジーの開発とイノベーションをリードしています。


Envision Groupは、2019年に世界的な「RE100」イニシアチブに参加し、中国本土の企業としては初めて、2025年までに100%のグリーン電力消費を達成することを約束しました。2021年4月22日、Envision Groupは、2022年末までにオペレーションにおいてカーボン・ニュートラルを達成し、2028年末までにサプライチェーン全体でカーボン・ニュートラルを達成することを発表しました。




アルゴランド財団について


アルゴランド財団は、Silvio Micaliと一流の科学者チームによって設計されたアルゴランド・プロトコルとオープンソース・ソフトウェアを活用して、ブロックチェーン技術のグローバルな約束を果たすことを目的としています。


アルゴランド財団は、オープン、パブリック、パーミッションレスのブロックチェーンを確立することを信念とし、アルゴランドを基盤とした公平で真にボーダーレスなデジタル経済の可能性を誰もが利用できる機会を提供する包括的なエコシステムのビジョンを持っています。

https://algorand.foundation/



元記事:https://algorand.foundation/news/envision-virgin-racing-multi-year-partnership