エルサルバドル、政府のブロックチェーン・インフラをアルゴランドで開発するため、Koibanxと協力協定を締結



エルサルバドル、政府のブロックチェーン・インフラをアルゴランドで開発するため、Koibanxと協力協定を締結

by Koibanx


2021年8月31日 - エルサルバドル、サンサルバドル - ラテン・アメリカの資産トークン化およびブロックチェーン金融インフラストラクチャのリーディング・カンパニーであるKoibanxは、米ドルを使用する主権国家であるエルサルバドル政府と協力協定を締結し、アルゴランドの技術上でブロックチェーン・インフラストラクチャを開発することを発表しました。


Koibanxは、ブロックチェーンベースのCOVID認証プログラム、販売時点(Point of Sales)でのクレジット発行システム、様々なスマートコントラクトによる融資プラットフォームなど、ラテン・アメリカで最近行われた国家的な公私の取り組みにおいて、アルゴランドのブロックチェーンを活用することを選択してきました。様々なユースケースに幅広く参加できるように設計されたアルゴランドの技術は、世界中の大規模プロジェクトの実施に必要なパフォーマンス、スケーラビリティ、セキュリティ、機能性を提供します。Koibanxは、この地域で急成長しているデジタル経済に、より効率的なインフラとツールを提供するために、ラテン・アメリカ全体で躍進しています。


KoibanxのCEO兼創設者のLeo Elduayenは次のように述べています。「エルサルバドルは、ブロックチェーンが約束する未来を現実のものとするために、他の国々に先駆けて道を切り開いています。エルサルバドルの人々がグローバルなデジタル経済とより豊かな未来への可能性にアクセスできるよう、政府と協力できることを光栄に思います。これを実現するためには、国家全体のニーズに対応できる堅牢な技術が必要でしたが、それを実現したのが、スピード、セキュリティ、安定性の面で我々の厳しい要求を満たす実績のあるブロックチェーンであるアルゴランドでした」


チューリング賞を受賞した暗号学者のシルビオ・ミカリが設立したアルゴランドのパブリック・オープンソース・ブロックチェーン・インフラストラクチャは、DeFi、金融機関、政府がFutureFi(金融の未来)にスムーズに移行するために必要な大量の取引を処理するための相互運用性と容量を提供します。700以上のグローバル組織に選ばれている技術であるアルゴランドは、次世代の金融商品、プロトコル、価値の交換をシンプルに生み出すことを可能にしています。



Koibanxについて


2015年以来、Koibanxは、銀行や金融機関がブロックチェーン・インフラを介して金融商品を接続しながら、暗号通貨を銀行の中核部分に統合することを支援してきました。決済、ファクタリング、さまざまな金融資産のトークン化は、Koibanxのプラットフォーム上でより効率的かつ安全に実行することができます。同社は、すべてのプレーヤーの利益のために、共有インフラ上でLATAM(南米)金融業界を接続することを目指しています。詳細についてはウェブサイトをご覧ください。

https://www.koibanx.com



元記事:https://koibanx.medium.com/el-salvador-signs-a-cooperation-agreement-with-koibanx-to-develop-the-governments-blockchain-6506f30564fe