Element DeFi、Algorand上でステーブルコインDeFiエコシステムを構築するための助成金を受領



Element DeFi、Algorand上でステーブルコインDeFiエコシステムを構築するための助成金を受領


2022年3月10日 - アルゴランド財団は、Element DeFi 2.0 Hubを最新の助成対象者としてAlgorandエコシステムに迎え入れました。Elementは、Algorand上で最初のStablecoin DeFi SuperMarket(単なるDeFi Marketplaceではない)を構築するための助成金を受領します。



ステーブルコインのトリレンマ問題


ブロックチェーンは、分散性、セキュリティ、スケーラビリティの3つの側面のすべてを同時に実現することができず、しばしばトレードオフを強いられることはよく知られている事実です。ブロックチェーンと同様に、ステーブルコインのプロトコルも、分散性、安定性、資本効率というトリレンマ問題を抱えています。この3つを満たすためにいくつかのプロトコルが導入されましたが、成功したものはありませんでした。ELEMENTは、いわゆる「ステーブルコインのトリレンマ」問題に関連するいくつかの落とし穴とリスクを改善するために、いくつかの弾力的なゲーム理論経済学を一緒に組み込んだ新しい種類の資本効率の良いプロトコルを導入し、新しいパラダイムを設計しました。


Elementは、2つの革新的なプロトコルと、ボーダレスな未来のために構築された相互接続されたDeFi 2.0 Appsの結束したエコシステムによって駆動するステーブルコインのポートフォリオになることを目指しています。


  1. TAU PROTOCOL - 非希薄アルゴリズム・フラクショナル・ステーブルコイン・プロトコルは、閉じたエコシステム内の弾性供給調整、バーン、結合の仕組みを通じて、新しい自律需要供給バランサー(ADSB)安定化アルゴリズムを介して直交的に価格ダイナミクスを制御します。

  2. ELECTRON PROTOCOL - 清算不要の融資と資本効率の高いDEXサービスを発行する、初のリスクフリー融資・流動性プロトコル

  3. DeFi 2.0 Hubには、手数料ゼロのAMM、プレミアムKYCおよびDID対応のローンチパッド、流動化不要のマネーマーケット、イールドファーミング、LPステーキング、NFTマーケット・プラットフォームが含まれています - これらはすべて1つの場所にあります。


この2つのプロトコルは、資本効率、安定性、リスクフリーの融資、流動性に向けた足がかりとなり、大衆にとってより強力でオープンな金融の未来につながることでしょう。



CPIペッグ・モデル


金融取引の多くは、その国特有の通貨を使用します。そのため、その国特有の安定した貨幣を作り、地域や地元の商業をサポートすることが重要です。Elementは、世界の主要通貨にペッグされた多次元的なステーブルコイン・プラットフォームとして、地域固有の通貨の重要なニーズに対応することを目的としています。このプラットフォームは、設立期間中は米ドルとインド・ルピーに固定されたステーブルコインを発行し、コミュニティの投票によって時間をかけて徐々に他の国をカバーするように拡張していきます。


Elementの「Stablecoin as a Service」プラットフォームは、長期的にはAlgorandのコ・チェーン・アーキテクチャを活用し、未来型のTradFiと中央銀行デジタル通貨(CDBC)関連の構想のためのワンストップ・ショップとして機能します。


「Element Fiは、2021年11月にアジアで開催されたWhub.ioのSustainable Future Economy Algorand Hackathonに参加し、そのプロトコルで1位を獲得しています。Element Fiのアルゴリズミック・ステーブルコインは、弾性供給フラクショナルに焦点を当てた革新的なアプリケーションです。Algorand testnetでリリースされたことはエキサイティングです』-アルゴランド財団DeFi責任者、ダニエル・オーン


Element DeFiの詳細については、ウェブサイト(https://www.elementfi.io)をご覧いただくか、Twitterでフォローしていただくか、Discordでご参加ください。


アルゴランド財団助成金プログラムの支援対象としてプロジェクトを提出することに興味がある方は、こちらから申請してください。



元記事:https://algorand.foundation/news/element-defi-grant