5月27日(木)21:00(日本時間)〜、DLT and the future of public blockchains by OMFIF Digital Monetary Institute



分散型台帳技術とパブリック・ブロックチェーンの未来(DLT and the future of public blockchains)by OMFIF Digital Monetary Institute


パブリック・ブロックチェーンは、金融サービス全体で受け入れられつつあり、決済、スマートコントラクト、スマートアセット、デジタル・アイデンティティ、清算・決済などのユースケースが増えています。これらのブロックチェーンは、取引におけるスケーラビリティ、コスト削減、スピード、セキュリティ、透明性を提供します。しかし、プライバシーの制限、ガバナンスの欠如、採用などの問題が残っています。このパネルでは、金融やデジタル・マネーにおけるパブリック・ブロックチェーンの応用について議論し、商業通貨のデジタル表現におけるブロックチェーンの役割や、中央銀行のデジタル通貨導入戦略におけるブロックチェーンの利用可能性を探ります。


パネリスト


Pietro Grassano

Business Solutions Director Europe

Algorand


Hugh Macmillian

Chief innovation Officer

Instimatch


Yesika Padilla Yanez

Director of Innovation

Banco Davivienda


日時

2021年5月27日(木)

21:00-22:00 (Tokyo)

13:00-14:00 (London)

08:00-09:00 (New York)


OMFIFが主催するポッドキャストでのアルゴランドによる「Public versus Private blockchains」もお聞きください。


このバーチャル・ディスカッションは、OMFIF Digital Monetary Instituteの一部です。世界の中央銀行のシンクタンクであるOMFIFは、昨年5月5日にOMFIF Digital Monetary Instituteを立ち上げました。OMFIF Digital Monetary Instituteは、主要な政策立案者、技術者、金融関係者、規制当局者を招集し、2020年代におけるデジタル金融の課題、機会、影響を探るハイレベルなカレッジを創設します。OMFIFのDMIについての詳細はこちらをご覧ください。メンバーシップの詳細については、julia.demidova@omfif.org まで直接お問い合わせいただくか、ご登録いただければご連絡いたします。


>参加登録はこちらから



元記事:https://www.omfif.org/events/dlt-and-the-future-of-public-blockchains/