デジタル決済:アルゴランドが実現する瞬時かつ低コストな価値の伝達方法



デジタル決済:アルゴランドが実現する瞬時かつ低コストな価値の伝達方法


アルゴランドでは、オープンソースのブロックチェーン・プロトコルを設計し、安全性が高く、ほぼ瞬時に、低コストでの価値交換を可能にすることで、次世代の金融商品やサービスを実現することに注力してきました。


アルゴランドがどのようにしてシンプルで費用対効果の高い決済インフラを実現しているのかについてご説明します。



デジタル決済の台頭

ビットコインが開発される前の1990年代には、Hashcash、Millicent、Cybercoin、CyberCashなどのデジタル通貨の実験が行われましたが、いずれも失敗に終わりました。これらの試みは、使い勝手が悪かったり、価値の指標となる通貨を確立できなかったりして、失敗に終わりました。


PaypalやVenmoをはじめとするデジタル決済プラットフォームは、従来の金融システムを利用した、より使いやすいデジタル決済手段の需要を示すものでしたが、従来のインフラでは、ユーザーは取引の遅延や高いコストに悩まされていました。


2009年に登場したビットコインは、デジタル取引の手段として注目を集めました。一時は、ビットコインがデジタル決済のプラットフォームになると思われましたが、本質的な欠陥のために実現しませんでした。ビットコインの価格が不安定であったことに加え、デジタル決済の普及に欠かせない低コストで迅速な取引を実現するためには、ビットコインのデザインは理想的ではありませんでした。


2014年に導入されたステーブルコインにより、ブロックチェーン技術はデジタル決済の普及に欠かせないツールとなりました。Tether(USDT)やUSD Coin(USDC)などのステーブルコインは、安定した価値を提供することで、デジタル決済の範囲をこれまでにないレベルまで急速に拡大しました。



アルゴランドがほぼ瞬時にデジタル決済を処理する方法


アルゴランドは、現在および将来のニーズを考慮して設計されており、ブロックチェーンでほぼ瞬時にデジタル決済を処理できる革新的なフリクションレス設計に基づいています。


アルゴランドのパーミッションレスで純粋なプルーフ・オブ・ステークのコンセンサス・プロトコル・メカニズムは、真に分散化されたネットワークで迅速かつ低コストの取引を可能にし、数秒でブロックの最終決定(ファイナリティ)を行うことができます。


以下のチェーン特性により、アルゴランドは迅速な取引速度を実現しています。コア・プロトコルの設計により、ブロックは5秒以下で作成されます。


  • 新しいブロックが生成されるたびに、少数のユーザーのみが選ばれて参加する

  • 新しいブロックが生成される際に選択されるユーザー数は、ネットワークの総ユーザー数が増えても変わらない

  • ユーザーの間で、選択されたかどうかを判断するためのコミュニケーションが必要ない

  • ブロック・スピードやファイナリティを犠牲にすることなく、ネットワークを大幅に拡張することができる



アルゴランドでのデジタル決済の使用例


アルゴランドのデザインは、堅牢なセキュリティ、迅速な取引スピード、低コストが不可欠な様々なデジタル決済のユースケースで人気のチェーンとなっています。シンプルで費用対効果の高い決済インフラは、オンラインでのeコマース決済、マイクロ取引、デジタル資産取引(ステーブルコインなど)などの機会を広げます。


以下では、機関投資家、小売業者、暗号通貨利用者など、世界規模でアルゴランドのデジタル決済を活用している最前線の組織をいくつか紹介します。


Bleumi(ブルーミ)

Bleumi Payは、ブロックチェーン・エコシステムのラスト・ワンマイルに焦点を当てた決済ソリューションを構築し、企業が日常的な決済や支払いにデジタル通貨を採用できるようにします。Bleumi Payは、デジタル通貨の支払い検証やエラー処理などの問題を回避することで、企業がデジタル通貨の決済やペイアウトを簡単に統合できるようにします。



Monerium(モネリウム)

Moneriumは、アルゴランド・ブロックチェーン上でユーロをはじめとするマネーを発行することで、ステーブルコインの利用のフロンティアを広げました。このアプリでは、ユーザーが既存の銀行口座をアルゴランドのアドレスに接続したり、自分の名前で新しいIBAN(国際銀行口座ナンバー)を作成したりすることができます。これにより、取引所を利用することなく、SEPAネットワークとアルゴランドの間でユーロをシームレスに送金することができます。これにより、Moneriumは、英国および欧州経済領域において、ブロックチェーン上で電子マネーを発行することを認可された初のEMI(Electronic Money Institution)となります。


Circle(サークル)

企業や消費者のステーブルコイン利用を促進するグローバル金融企業であるCircleは、アルゴランドのプラットフォームを利用して、低額の取引手数料で高速にステーブルコイン取引を行うことを可能にしています。Circleのプラットフォームは、数百億ドルに相当する1億件以上の取引を促進しています。


Floating Point Group(フローティング・ポイント・グループ)

取引所口座への入金や取引の決済を桁違いに簡単かつ安全にすることで、複雑な暗号通貨取引業務のための暗号通貨市場へのシームレスなアクセスを提供するプラットフォームです。FPGはアルゴランドとUSDCを使用して、取引決済の迅速化と資金の流れの合理化を図っています。


Hummingbot(ハミングボット)

ユーザーがカスタマイズ可能な取引戦略を構築・実行できるようにすることで、アルゴリズム取引を民主化するオープンソース・ソフトウェア・ソリューションであるHummingbotは、中央集権的な取引所や分散型プロトコルでの暗号通貨取引を自動化します。他のチェーンで流動性マイニングの支払い手数料が増加し、ビジネスモデルが法外に高価になってしまった経験から、アルゴランドがステーブルコインをネイティブにサポートすることで、Hummingbotは獲得した報酬をいくらでも分配できるようになりました。


Instimatch Global(インスティマッチ・グローバル)

複数の地域で現金預金を取引するためのデジタル・プラットフォームであるInstimatch Globalは、機関投資家の借り手と貸し手が直接取引できるグローバルなフレームワークを提供しています。Instimatchのグローバルな提供物とアルゴランドの革新的なプロトコルと機能を組み合わせることで、同社はDeFiアプリケーションと従来の金融アプリケーションの橋渡しをすることができます。


Planetwatch (プラネットウォッチ)

Planetwatchは、ブロックチェーンを活用して、世界中の環境モニタリングを改善し、公衆衛生を守る環境サービスを提供しています。また、ステーブルコインやその他のデジタル通貨を受け入れるために、Bleumi PayをWooCommerceサイトに統合しています。アルゴランドは、そのスピード、取引の完結性、最小限の取引手数料から、この決済インフラのバックボーンとして選ばれました。




デジタル決済の威力


デジタル経済の拡大に伴い、デジタル決済の重要性はますます高まっています。アルゴランドの革新的な次世代ブロックチェーンは、ほぼ瞬時に低コストでの決済を可能にすることで、この拡大の先陣を切っています。


アルゴランドと金融の未来に対するビジョンの詳細については、「The Future of Global Payments」レポートをダウンロードしてください。





元記事:https://www.algorand.com/resources/blog/digital-payments-how-algorand-enables-near-instant