アルゴランド財団がThetaNutsのAlgoオプションVaultsでDefi 2.0を開拓



アルゴランド財団がThetaNutsのAlgoオプションVaultsでDefi 2.0を開拓


2021年11月29日、シンガポール - アルゴランド財団は、DeFiで史上最大の「アルトコイン」オプションVaultsをシードしました。ALGO Vaultsは、QCP CapitalをマーケットメーカーとしてThetanuts.financeで開始されました。


ThetanutsはDefiのデリバティブ・プロトコルで、ストラクチャード・プロダクトVaultsを通じて機関投資家級の戦略に簡単にアクセスできます。このプロトコルでは現在、BTC、ETH、そして最も幅広い「アルトコイン」のオプションVaultsを提供しています。


このVaultsは、オプション取引によって大きなオーガニック・リターンを生み出します。ネイティブトークンのインセンティブによる典型的な利回りと相まって、ThetanutsはALGOの中でも最も高いAPYを誇っています。


アルゴランドには、ALGOやステーブルコインの保有による利回りを常に求めている強力なコミュニティがあります。ALGO Vaultsは、ThetanutsのハイブリッドDeFiモデルにより、投資、担保管理、決済がオンチェーンで行われ、リスクとレバレッジがオフチェーンで管理されるという、スケーラブルなアルファの新しいソースを提供します。


「アルゴランドの初期からの支援者であるQCPは、当然ながら大規模なALGOのオプションブック(OTC取引)を運営しています。ThetanutsのVaultsは、投資家とマーケットメーカーの両方に、アクセス、透明性、効率性、拡張性の向上をもたらし、Algo市場に新たな次元をもたらします」- QCP Capital共同創業者兼CIO、Darius Sit


「DeFiはボーダレス・エコノミーのビジョンを実現するための中心的な存在であり、QCPとThetanutsと協力して、活気に満ちたオンチェーンのALGOオプション市場の創設をサポートする機会に感激しています。これは、アルゴランドを革新的で持続可能なDeFiアプリケーションに不可欠なレイヤーとして確立するための、多くのステップのうちの最初のステップに過ぎません」- アルゴランド財団CEO、Sean Lee氏



QCPキャピタルについて


QCP Capitalは、20億ドルのオプションブックを持ち、取引所、OTC、Defiで取引を行う、暗号通貨デリバティブのリーダーです。シンガポールを拠点とする60人以上のチームを持つQCPは、アジアで強い存在感を示しており、最高の暗号通貨プロジェクト(ALGOを含む)への積極的な初期投資も行っています



Thetanutsについて


Thetanutsは、現在Ethereum、BSC、AVAX上で稼働しているクロスチェーンのストラクチャード・プロダクト・プロトコルで、近日中にさらに多くのチェーンをカバーする予定です。様々なEVMチェーンにおいて、様々なアルトコインの自動イールド・ベアリング戦略を実行しています。



アルゴランド財団について


アルゴランド財団は、Silvio Micaliと一流の科学者チームによって設計されたアルゴランド・プロトコルとオープンソース・ソフトウェアを活用して、ブロックチェーン技術のグローバルな約束を果たすことに専念しています。アルゴランド財団は、オープン、パブリック、パーミッションレスのブロックチェーンを確立するという信念のもと、すべての人に公平で真のボーダレス経済の可能性を利用する機会を提供する包括的なエコシステムを目指しています。



元記事:https://algorand.foundation/news/algo-option-vaults-on-thetanuts