日本のCurvegrid(カーブグリッド)とアルゴランド財団がNFTブリッジのインフラ提供で提携



日本のCurvegrid(カーブグリッド)とアルゴランド財団がNFTブリッジのインフラ提供で提携

by Curvegrid


Curvegridは本日、アルゴランド財団とのパートナーシップにより、CurvegridのMultiBaas NFT Bridgeをアルゴランドのエコシステムに導入することを発表します。


Curvegridは、アルゴランド財団とのパートナーシップにより、CurvegridのMultiBaas NFT Bridgeをアルゴランドのエコシステムに導入することを本日発表します。これにより、企業はNFTやブロックチェーン技術をビジネスや消費者向けのモバイルアプリケーションにシームレスに組み込むことができるようになります。


Curvegridのミッションは、ブロックチェーンを見えなくすることです。ブロックチェーンで可能になる新しくアップグレードされたビジネスモデルは、現在の現状よりもうまく機能するはずですが、技術的な詳細は、コンピュータネットワークの複雑さが最新のモバイルアプリケーションから見えなくなるのと同じように、見えないようにする必要があります。


Curvegridがアルゴランド・ブロックチェーンを選択した理由は、高い取引速度、グローバルな規模、保証されたファイナリティという革新的な組み合わせと、アルゴランド・ネットワークのカーボンニュートラルな持続可能性プロファイルにあります。さらに、アルゴランドのPure Proof-of-Stakeプロトコルには、最終性が保証されているというユニークな特徴があります。


CurvegridのCEOであるJeff Wentworthは次のように述べています。

「MultiBaas Bridgeは、企業がクロスチェーンのデジタルアセット機能をNFT、DeFi、ゲーム、VR、または金融サービスのアプリケーションに直接統合できるという点でユニークです。この機能をアルゴランドのエコシステムに導入することで、複雑な分散型アプリケーションを市場に投入することが非常にシンプルになります。」


アルゴランド財団のCEOであるSean Leeは次のように述べています。

「Curvegridとの提携により、同社の革新的なMultiBaas NFTブリッジをアルゴランドのエコシステムに導入できることを嬉しく思います。これは日本企業との初の助成金パートナーシップであり、日本、アジア、そして世界で成長するNFTエコシステムにこのコラボレーションがもたらす影響に期待しています。」


アルゴランド財団は、助成金プログラムによる資金提供で、このプロジェクトを支援しています。CurvegridとMultiBaas Bridgeの詳細については、こちらをご覧ください。


アルゴランド財団の助成プログラムによる支援のためにプロジェクトを提出することに興味のある方は、こちらにご応募ください。



Curvegridについて

Curvegridは、東京に拠点を置くブロックチェーンテクノロジー企業です。CurvegridのMultiBaasブロックチェーン・ミドルウェアは、複数のブロックチェーンプラットフォーム上の開発を可能にし、構築スピードとコストを大幅に改善します。MultiBaasのTurnkeyソリューションは、ブロックチェーンを使った金融サービス、分散型金融 (DeFi: Decentralized Finance)、オンラインゲーム、文書管理、ロジスティクス、マーケットプレイスなどの開発を他社よりも迅速に行うことができます。


アルゴランド財団について

アルゴランド財団は、「パブリックブロックチェーン技術に基づいて構築された、ボーダーレスで摩擦のない経済」をビジョンに持つ非営利団体です。このビジョンを達成するための礎として、暗号技術のパイオニアでありTuring賞を受賞したシルビオ・ミカリと一流の科学者チームの設計により、アルゴランド・ブロックチェーンプロトコルを構築しました。このプロトコルを基盤とし、新しい世代の開発者より幅広いアプリケーションが構築されることを想定しています。当財団は、Proof of Stakeコンセンサス・アルゴリズムを利用することにより、持続可能で環境に優しい方法でこのイノベーションを促進することに取り組んでいます。