ブロックチェーンで社会貢献:豪モナッシュ大学、初の国際ブロックチェーン・ハッカソンを開催



ブロックチェーンで社会貢献:豪モナッシュ大学、初の国際ブロックチェーン・ハッカソンを開催


2021年7月5日 - 世界中からブロックチェーン開発者の卵たちが集まり、3日間のハッカソンで最先端のブロックチェーン技術を応用し、社会的利益を推進する革新的なソリューションを開発


国際的なモナッシュ・ブロックチェーン・ハッカソンは、モナッシュ大学の情報技術(IT)学部にあるブロックチェーン・テクノロジー・センターと、パブリックで分散型のブロックチェーン技術に基づいて構築されたボーダレスで摩擦のない経済というビジョンを持つ非営利団体であるアルゴランド財団が共同で実施するものです。


このハッカソンは、ITの専門家から大学や高校生まで、誰にでもすべての人に開かれています。3日間のハッカソンを通じて、参加者は社会的課題を解決するブロックチェーン駆動のソリューションを考案、構築、提供する機会を得て、世界をリードするIT専門家の審査を受けることができます。


世界初のオープンソース、パーミッションレス、グリーン・ブロックチェーンであるアルゴランドは、ハッカソンの賞金プールの一部として、6,000豪ドル相当の暗号通貨ALGOと認定書を提供します。ハッカソンの登録は無料で、7月9日から11日まで開催されます。


モナッシュ・ブロックチェーン・テクノロジー・センターのディレクターであるジョセフ・リュー(Joseph Liu)教授は、専門家として審査員を務めます。


「私たちは、参加者がブロックチェーン技術への関心と知識を活かして、世界に貢献できるようなグローバルなニーズに取り組んでほしいと考えています。ブロックチェーン技術は非常に多くの用途があり、このハッカソンでは、この技術がいかに社会的利益の原動力になるかを示したいと考えています」とリュー教授は述べています。


ハッカソンのテーマは、教育、デジタル・ヘルス、建築、エネルギーなどです。ブロックチェーン技術は、健康情報の交換をより安全なものにしたり、デジタルの成績表や認証記録を作成したり、あるいはリアルタイムのエネルギー消費システムやスマートメータのデータに適用することができます。ブロックチェーン技術のイノベーションの可能性は無限大です。


アルゴランド財団のCOOであり、ハッカソンの審査員も務めるジェイソン・リー(Jason Lee)は、「ハッカソンでは、参加者がスキルを高め、互いに学び合い、業界のリーダーとネットワークを築き、最先端のブロックチェーン技術でできることの限界を押し広げることで、イノベーションを促進します」と述べています。


アルゴランド財団は、アルゴランド・インクと共同で、このビジョンを達成するための礎となるアルゴランド・ブロックチェーン・プロトコルを構築しました。アルゴランド財団は、このプロトコルをベースに、新たな幅広い主流の開発者コミュニティによって、さまざまなアプリケーションが構築されることを想定しています。当財団は、Proof of Stakeコンセンサス・アルゴリズムを利用することで、持続可能で環境に優しい方法でこのイノベーションを促進することを約束します。


モナッシュ・ブロックチェーン・ハッカソンの詳細および参加登録については、https://bit.ly/2TZvCvc をご覧ください。



元記事:https://algorand.foundation/news/monash-hackathon-partnership