アルゴランド財団、UCバークレーと提携し、Berkeley Center for Responsible Decentralized Intelligenceの支援を開始



アルゴランド財団、UCバークレーと提携し、Berkeley Center for Responsible Decentralized Intelligenceの支援を開始


2022年2月2日 - アルゴランド財団は本日、Berkeley Center for Responsible Decentralized Intelligence(責任ある分散型インテリジェンス・バークレー・センター:RDI)を支援するため、カリフォルニア大学バークレー校との提携を発表しました。このエキサイティングなパートナーシップは、アルゴランド財団大学プログラムの一環です。


アルゴランド財団の主席研究員であるHugo Krawczykは、「RDIとのパートナーシップは、ブロックチェーンとDeFiのサーティフィケート・コースを開発する彼らの継続的な取り組みを支援します。私たちは、次世代のブロックチェーン・ネイティブに教育ツールを提供し、実世界での展開を指導できるようにする必要があります。ブロックチェーン技術のコースを成功させてきた実績のあるRDIは、このための完璧なパートナーです」と述べています。


「バークレーRDIは、アルゴランド財団大学プログラムと提携することを光栄に思います。また、30カ国以上から何千人もの学生が登録した初のDeFi MOOCの主導や、世界中のチームに開かれた非希釈型のバークレー・ブロックチェーン・アクセラレータに象徴されるように、他の組織や研究者とのグローバルなコラボレーションのためのハブやプラットフォームとして機能する、新しいバークレーRDIセンターの取り組みをさらに強化していきます。 今後、アルゴランド財団とそのコミュニティと協力していくことを楽しみにしています」カリフォルニア大学バークレー校RDI副学長Jocelyn Weber Phipps


アルゴランド財団は、真にグローバルなブロックチェーン・エコシステムの構築を目指しており、大学プログラムでは、ケープタウン大学のアルゴランド・フィンテック・イノベーション・ハブなど、学術界の他の教育・研究プロジェクトを支援してきました。


アルゴランド財団の助成プログラムによる支援のためにプロジェクトを提出することに興味のある方は、こちらにご応募ください。



元記事:https://algorand.foundation/news/uc-berkeley