https://medium.com/feed/milkomeda%E6%97%A5%E6%9C%AC
 

C3プロトコルの発表



C3プロトコルの発表


本日、私たちは、デリバティブとスポット市場のクロス・マージン取引のための分散型レイヤー「C3」を発表します。


DeFiとCeFiの取引体験には大きなギャップがあります。様々なブロックチェーンで成功したデリバティブ、融資、取引プロトコルがあるにもかかわらず、DeFi取引は中央集権的な代替手段に比べて桁違いに小さいままです。


このギャップは、流動性が数々のブロックチェーンと各ブロックチェーン内のプロトコルに分かれているからだと考えています。このような流動性と金融商品の断片化は、資本効率を妨げ、不便なユーザー・エクスペリエンスを生み出し、DeFiの潜在的な成長を制限しています。



ブロックチェーン内の断片化を解決:単一のプロトコルでスタックを再構築


C3は、ユーザーが以下にアクセスできる単一の分散型レイヤーを提供することで、DeFiと従来の金融とのギャップを解消します。

  • クロス担保:サポートされているあらゆる資産を担保として利用

  • デリバティブ取引:パーペチュアルとオプション

  • スポット取引:レバレッジをかけたスポット市場

  • クロス・マージン:ポジション間でグローバルに計算される必要証拠金


C3は、単一のグローバル・アカウントとオールインワンの資本市場を提供することで、クロスチェーン・トレーディング体験の向上、担保管理の合理化、サイロ化された資本の解放を実現します。


これを実現する唯一の方法は、金融スタック全体を単一レイヤーでゼロから再構築することだと私たちは考えています。このようにして、C3は資本効率を劇的に改善します。マーケットメーカーは、永久的なポジションでヘッジすることでオプションを売ることができ、トレーダーは、永久的なポジションをスポット市場でのレバレッジ取引でヘッジすることで、資金調達レートを裁定することができます。


これらはすべて、相互運用可能な1つの取引の世界「C3」で行うことができます。



マルチ・ブロックチェーンの断片化を解決する:クロスチェーン技術


未来はマルチ・チェーンであり、C3はすべてのブロックチェーンで流動性にアクセスすることを目指しています。C3はアルゴランド上でローンチし、アルゴランドに固有の新しいクロスチェーン・メッセージング技術を使用して、分散型ブリッジングを可能にする暗号証明を通じて他のブロックチェーンと対話します。


この分散型相互運用性への新しいアプローチと並行して、C3は既存のクロスチェーン通信技術を模索し、早期にマルチチェーン対応を実現します。C3のデザインの核となるのは、中央指し値注文ブック(CLOB)がネイティブに相互運用できるようにすることです。つまり、可能な限り多くのチェーンに接続できるグローバルなCLOBです。私たちの目標は、ユーザーが自分で選んだウォレットからあらゆる資産を担保にできる快適さと自由を提供することです。



C3デザイン:L1を保証するCeFi性能


C3は、ハイブリッドなデザインを採用します。オフチェーンのCLOBがデリバティブとスポット取引のマッチングを行う一方、決済はアルゴランドのブロックチェーン上で、すべてのブロックで行われます。この設計により、C3は中央集権型の取引所と同等のパフォーマンス(高い取引スループットと無視できるレイテンシー)を実現する一方で、アルゴランドのL1のセキュリティと分散化の特性を利用して、分散化された非従属的な状態を維持します。



私たちは、ユーザーがブロックチェーン間で自由に取引し、カストディアンに主権を委ねることなく、ネイティブ・クロス・マージニングのメリットを享受できる世界を思い描いています。C3は、DeFiをより資本効率の高いものにしますが、より重要なのは、DeFiの自己主権性と非カストディアン性を犠牲にすることなく、CeFiに似た体験を提供することです。私たちは、アルゴランド自身と同様のテーゼを持っています。今日の市場は、存在しなくてもよいトレードオフを受け入れるようユーザーに迫っています。そうではなく、トレーディングはいつの日か、伝統的な金融やCeFiのスピード感に似ていると同時に、L1の理想である安全性と分散性を保つことができると信じています。


マルチチェーン取引に不可欠なDeFiプリミティブとしてのC3のビジョンを実現するには、いくつかの重要なフェーズが必要です。当社の開発ロードマップはまもなく公開され、優先する製品や市場についての詳細が示されます。金融の未来を構築し、形にしたいと考えている才能あるエンジニアの方は、join@c3.io までご連絡ください。



元記事:https://medium.com/c3protocol/announcing-c3-protocol-5c5e998d4c73