アルゴランド透明性レポート 2021年4月30日



アルゴランド透明性レポート 2021年4月30日


免責事項: Algorand Cayman SEZCとその完全所有子会社(いずれもAlgorand, Inc.のケイマン諸島の子会社)は、現在、Algorand, Inc.とその子会社のいずれかが保有するすべてのトークンの唯一の所有者です。本透明性報告書における「アルゴランド」という表現は、Algorand Cayman SEZCととその子会社を指しており、本報告書に記載されているAlgoトークンを使用したすべての取引は、アルゴランドが米国外で米国外の取引相手と行うか、あるいは米国の証券法および規制を完全に遵守して処理されています。


アルゴランドは、当社の行動とトークンの保有状況について完全な透明性を提供することを約束します。先に説明したように、私たちは定期的に透明性レポートを提供します。本レポートは、2020年11月1日から2020年4月30日までの期間を対象としています。


当社のウォレット・アドレス、過去の透明性レポート、利用明細書はこちらでご覧いただけます。


4月30日現在、アルゴランドは20億4700万Algosを所有しています。そのうち、約17億6,500万は私たちが公開しているウォレットに保有されており、残りの2億8,200万については、アルゴランドは法的な所有権を持っていますが、物理的な保管はしていません(以下に記載)。



トークンの利用


現在までのところ、アルゴランドが保有するトークンの主な用途は2つあります。1)アルゴランド・プラットフォームを構築し、その成長に貢献するためのインセンティブ、2)金融エコシステムの開発と成長、です。


トークンの付与、コンペ、投資を通じた、貢献者やアプリケーション開発者へのインセンティブ


総Algos数: ~2億4,050万 (前回報告時の~1億9,200万から増加)


  1. Borderless Capitalへの投資:Borderless Capital(旧Algo Capital)に約1億5910万トークンが出資されました。Borderless Capitalは、Algorand Inc.やその子会社とは組織的に無関係のファンドです。これらのトークンのうち1億は永久に保有され、ファンドの参加者全員に価値が発生する間、ファンドによってロックされたままとなります。Borderless Capitalの保有量の確認と、それに対応する透明性に関する声明はこちらでご覧いただけます。

  2. エクイティ投資:これまでに約7,080万Algosがエコシステム・パートナーへの投資に使用されました。

  3. 市場開発:これまでに約600万Algosが、技術的およびマーケティング分野のパートナーシップを通じて、アルゴランドの世界的な認知度を高め、プロモーションを行うために使用されました。

  4. アプリケーション開発:ウォレット、カストディ・ソリューションなど、アルゴランドのエコシステムのすべてのメンバーに利益をもたらすアプリケーションやサービスの開発者、ベンダー、コントラクターへの支払いに、これまでに約460万Algosが使用されました。


融資、ステーキング、マーケット・メイキングなどのパートナー・ソリューションのサポートを通じた成長と流動性の促進による金融エコシステムの発展


総Algos数:~2億1,000万(前回報告時の1億8,440万から増加)


  1. レンディング:現在までに約1億5,910万Algosが貸し出され、レンディング市場の創設を支援するために第三者に担保として提供されています。これらのトークンはアルゴランドに返却されます。

  2. マーケットメイキング:現在までに、約4,130万トークンが様々なマーケットメーカーに貸し出され、取引所の流動性をサポートし、秩序ある市場を形成しています。Algoは現在、50以上の取引所で100以上の取引ペアで取引されています。これらのトークンは、それぞれの契約が終了した時点でアルゴランドに返却されます。

  3. その他:これまでに約8万4,000Algosが、製品テストや取引手数料の支払いなど、その他の目的で使用されました。


以下に説明するように、限られた数のトークンが開発イニシアチブの資金調達のために売却されました。その他のトークンの動きはすべて、リバランスのためのウォレット間の内部移動です。


ネットワークの立ち上げ以来、Algorand, Inc.は、ネットワークに対する議決権の影響を減らし続けています。アルゴランドの責任ある分散化への取り組みについては、こちらで詳しく説明しています。



トークン・セール


前述の通り、アルゴランドは開発のための資金調達として定期的にトークンを販売しています。いかなる販売も、市場への影響を制限するために設計された以下のガイドラインに従います。


アルゴランドが販売するすべてのAlgosについて


  • 販売が予定されているトークンは、1つまたは複数の承認された第三者を介して販売され、第三者はここで指定されたガイドラインの範囲内で独自の裁量で取引を実行します。

  • アルゴランドはマーケットメーカー(決してビッドを取ることはありません)となり、そのトークンをオーダーブックのアスクでのみ提供します。

  • アルゴランドは、いかなる期間においても、市場全体の取引量の1.5%を超えることはありません。

  • サードパーティのストラクチャード・セラーは、セカンダリー・マーケットの価格(Messari.ioで報告される)が7日間の移動平均から5%以上下落した場合、販売は自動的に停止され、観測された価格が安定したときに再開されるという自動ルールを課しています。


期間中、アルゴランドは上述の方法で約7,200万トークンを販売しました。この間、Messariによると、アルゴランドは主要取引所全体の出来高の0.21%を占めていました。



その他の注意事項


プロトコル開発


アルゴランドは、今後8年間は最低でもコア・プロトコルの開発を継続的にサポートしていきます。また、この間のレイヤー1サポートに関する助成金や開発努力のために、3億3,000万Algosを受け取っています。これらのAlgosは私たちのパブリック・ウォレットに含まれています。


アルゴランド・トークンの分散化


アルゴランドは、創業者報酬の一部として受け取った20億Algosの管理を分散化し始めました。他の当事者が分配や助成を通じてこれらのトークンに責任を持つようになると、Algorand, Inc.の持ち分は時間とともに減少します。



元記事:https://www.algorand.com/resources/blog/transparency_april2021