アルゴランド・ガバナンス第3期 - 投票完了



アルゴランド・ガバナンス第3期 - 投票完了


2022年6月20日 - アルゴランド・コミュニティ・ガバナンス第3期投票のクールダウン期間が終了し、第3期で提案された両方の投票施策が採決されました。3万5,700人の有資格ガバナーがコミットした35億Algoのうち、両施策の投票結果の概要は次のとおりです。


施策1:DeFi参加者をガバナンスに含める - 投票の66%はオプションBを支持し、資格のあるDeFiプロジェクトにガバナー資格と一時的に2倍の投票権を与えることを拒否し、現状を維持し、Algo保有者だけがガバナーになることを支持しました。


施策2:XGovs:コミュニティの施策をガバナンス投票に持ち込むプロセスの確立を支持。コミュニティ全体が施策を提案でき、専門家ガバナー(xGovs)が最終編集を経てガバナンス投票に持ち込むための投票を行う。


詳細 ( https://governance.algorand.foundation/governance-period-3/period-3-voting-session-1#measure-number-7 ) :


  • 投票したアルゴランド・ガバナーの数:3万5,700人

  • コミットしたAlgoの量:35億Algo

  • 期間中のガバナンス報酬:7,050万Algo

  • 第1期のガバナンス報酬率(この期間中に資金不足になるガバナーがいないと仮定した場合):1.99%

  • 年率換算したガバナンス報酬率:7.96%


ガバナンス報酬は、ガバナンス期間が終了した後に分配されます。ガバナー・ウォレットの残高がコミットの金額を下回ると、ガバナー期間とそれに関連する報酬から自動的に除外されることを、ガバナーは理解しておく必要があります。



元記事:https://algorand.foundation/news/algorand-governance-period-3-vote-update