アルゴランド・ガバナンス初心者向けガイド



アルゴランド・ガバナンス初心者向けガイド

アルゴランドのガバナンスとは何か、今すぐ始めるにはどうしたらよいかをご紹介します。

by Algorand Governors Club


この記事はアルゴランド初心者の皆さんのためのものです。


もしあなたがウォレットの選択を含め、アルゴランド・ガバナンスを始め、コミットするのに手助けが必要でしたら、この記事は役立ちます。


もしあなたがアルゴランドをすでに知っているベテランでしたら、この記事を必要としている誰かに教えてあげてください。


まずはガバナンスの概要から。


ガバナンスとは?


ガバナンスは、すべてのALGOホルダーに、重要な課題に対する投票を通じて、アルゴランド・エコシステムの意思決定プロセスに参加する権限を与えるものです。参加し、報酬を受け取るためには、ウォレットにあらかじめ決められた最低ALGO残高(ホルダーが決定)を維持し、アルゴランド財団が提供する重要な課題に投票することを約束する必要があります。


ポイント:あなたの投票権はコミットしたALGOの量と1:1の割合で結びついています(つまり、1ALGO=1票)。


各ガバナンス期間は3ヶ月で、少なくとも1回の投票セッションがありますが、これは投票の対象となる課題の数によって異なります。各セッションの終わりには、最低残高を維持し、投票したすべてのガバナンス参加者(「ガバナー」と呼ばれる)に報酬が配布されます。ガバナンスのAPRは、参加者の数に応じて、各期間6%〜24%の間で変動します。ガバナンスに参加する人が多ければ多いほど、APRは低くなります。


ガバナンスの第2期では、エキスパート・ガバナー(xGovs)の導入により、ガバナンスのシステムを拡張することを決議しました。将来的には、xGovsは四半期ごとのガバナンス投票に対策を提案する権限を持ち、ガバナンス機構におけるアルゴランド財団の役割を、投資したコミュニティのメンバーで事実上置き換えます。


xGovsのシステムは、財団とコミュニティの間でガバナンス投票を通じて最終的に決定されていますが、xGovsはその経験に基づいてより多くの投票権を得ることになると思われます。例えば、xGovを1年勤めると、投票権が2倍になります(つまり、1ALGO=2票)。しかしながら、前述の通り、これらの詳細はまだ決定されていません。


ポイント:ガバナンスについてもっと知りたい方はこちらをご覧ください。xGovsの概要を知りたい場合は、こちらで詳細を確認できます。


ガバナーは従来、アルゴランド財団のウェブサイトを通じて直接ガバナンスにコミットし、その期間に自分のウォレット内に保持する最小限のALGO残高を固定し、その期間の後半に提案された課題に投票することになっていました。しかし、第3期と第4期では、3ヶ月間流動性を完全にロックすることなくガバナンスにコミットする新しい方法が導入されており、今後も導入される予定です。


次に、これらのオプションについて説明します。


流動性ステーキング


流動性ステーキングは、ガバナーがコミットしたガバナンスの流動性をアンロックし、その資本を使ってガバナンスとDeFiの報酬を同時に獲得できるようにするものです。これは、通常ALGOの価値にペグされるステーキング・トークンを使用することで行われます。アルゴランド・エコシステムに流動性ステーキングを導入した最初のプロトコルは、流動性ガバナンス機能を持つFolks Financeでした。


流動性ガバナンスでは、Folks Financeを通じてガバナンスにALGOをコミットしたガバナーは、ALGOの価値にペッグされた「gALGO」という新しい資産を1:1の割合で受け取ります。gALGOは、預けることも担保として活用することも、プラットフォームから持ち出して他のDeFiのプロトコルに参加することもできます。


ポイント:詳しくは、Folks Finance Liquid Governance GuideまたはFolksの公式ドキュメントをご覧ください。


gALGOの一番の特徴は、ALGOと直接スワップしたり、担保にしたり、ALGO/gALGO LPの流動性として提供することで、その資産を使ってすぐにDeFiに参加することができる点です。これはまさに、ガバナンスの流動性を解放する最も摩擦の少ないオプションであり、DeFiエコシステムで運用をしながらガバナンスの利回りを得ることができます。


流動性を開放するためのトレードオフは、流動性ステーキングにコミットしたALGOはFolksのようなプロトコルによってプールされコミットされているため、課題に対して直接投票することができないことです。代わりに、これらのプロトコルは、投票方法を決定するためにコミュニティ投票を開催すると思われます。とはいえ、これらのプロダクトはかなり新しく、まだ進化の途上です。


ポイントHoneAllyのような他のプロトコルは、次期にガバナンスと結びついた流動性ステーキングの機能を利用できるようになるでしょう。


Vaults(金庫)


ガバナンスにコミットするために活用できる3つ目の方法は、Vaultsです。ここでは、ガバナンス・ポジションに対して担保を設定し、融資を受けることができます。これを可能にした2つのプロトコルはAlgofiとGARDです。


ポイント:より詳しく知りたい方は、Algofi VaultガイドとGARD解説の投稿をご覧ください。


簡単に、AlgofiのVaultがどのように動作してこれを実現するのかを確認しましょう。


Algofi's Vaultは、プロトコルのレンディング・プロトコルを通じて、ユーザーのガバナンス・ステークをアンロックします。ユーザーがALGOをVaultに供給すると、AlgofiはALGOと同じ価格と担保要素を持つ「Vaulted ALGOs」または「vALGOs」という名前の新しい資産を作成し、ユーザーに提供します。


ポイント:この仕組みについてもっと知りたい方は、Algofi Vaultガイドをご覧ください。


gALGOとは異なり、vALGOは他のプロトコルに使用することはできません。その代わり、vALGOに対してローンを組み、流動性を確保する必要があります。もちろん、これは清算リスク(ALGOでローンを組まなかった場合)と、元のALGOを受け取るために返済しなければならない利息をもたらします。gALGOほど摩擦がなく簡単ではありませんが、Vaultsは流動性ステーキング・プロトコルのようにコミュニティの投票に頼るのではなく、ガバナンスの課題に対してユーザーが直接投票することを可能にします。


流動性ガバナンスやAlgofiのVaultのような機能が利用できるようになる前は、アルゴランドのユーザーは、DeFiに参加したい場合、ガバナンスから一定量のALGOを差し控える必要がありました。現在では、gALGOやvALGOのような資産のおかげで、その配分をガバナンスに戻し、ポジションからパッシブ利回りを得て、なおかつDeFiで運用することができるのです。


以下の表で、それぞれがどのように比較されるかを確認してください。なお、各カテゴリーでポイントを獲得できるのは1つの機能のみです。




それぞれの方法には長所と短所がありますが、3つとも目的を果たすものです。自分のアルゴランドDeFiポートフォリオで3つすべてを活用する方法についてもっと学びたい場合は、ポートフォリオ理論に関する最新の投稿をご覧ください。



アルゴランド・ウォレット・オプション


アルゴランド・コミュニティに参加し、ガバナーになる準備ができたので、取引所からALGOを取得するためのウォレット・オプションを確認しましょう。


◆ My Algoウォレット


概要:My Algoウォレットは、DeFiやNFT、また基本的なウォレット操作や高度なウォレット操作をサポートする、万能のアルゴランド・デスクトップ・ウォレットです。My Algoウォレットを使えば、人気のアルゴランドdAppsのすべてとやり取りし、NFTを購入し、アセットを送受信し、マルチシグ・アカウントを作成することも可能です。デスクトップでブロックチェーンとやり取りすることを好むなら、My Algoウォレットはあなたにとって最適なアルゴランド・ウォレットかもしれません。


長所:デスクトップとの互換性、Ledgerのサポート、すべての人気dAppsのサポート、NFTフレンドリー、Moonpayの統合、およびマルチシグのサポート


短所:モバイルサポートが限定的、モバイルアプリがない


公式リンクhttps://wallet.myalgo.com


◆ Peraウォレット


概要:以前はアルゴランド公式ウォレットとして知られていたPeraウォレットは、万能のモバイル・アルゴランド・ウォレットです。Peraを使用すると、最も人気のあるdAppsに接続できるだけでなく、アセットを送受信することができます。さらに、Peraはエコシステムの中で最高のNFTサポートを持っており、クリーンなUI体験で所有している各NFTを見ることができます。UIについて言えば、Peraは洗練されたアプリで、あらゆる通貨での保有資産やポートフォリオの価値の集計を見ることができます。


モバイルでの利用をお望みなら、Peraは間違いなくあなたをカバーしてくれるでしょう。しかし、特にdAppsやガバナンスに接続しようとすると、PeraのUX体験は時々不便になることがあることは知っておく価値があります。


長所:モバイル対応、Ledgerのサポート、すべての一般的なdAppsのサポート、素晴らしいNFTの経験、Moonpayの統合。


短所:デスクトップ・サポートがなく、時折不満の原因となる不便なUXがある。


公式リンクhttps://perawallet.app/



◆ Defly


概要:Deflyはアルゴランド初の完全機能型DeFiウォレット・モバイルアプリ互換です。複数の分散型取引所(DEX)を同時に利用することができ(アグリゲーター)、最高のレートを見つけることができます(アービトラージ)-スマートで使いやすいUIを備えています。そして、完全に機能的なウォレットとして動作し、ユーザーはアセットを送受信することができます。もしあなたがアセット取引を愛するDeFi愛好家なら、Deflyは間違いなくMy AlgoやPeraを補完するものとして検討すべきウォレットです。


長所:モバイル対応、DEXアグリゲーター、取引&チャート機能、価格アラート(プッシュ通知)、野心的なロードマップ(NFTサポート、クロスチェーン・スワップ、デスクトッ・サポート)。


短所:デスクトップ・サポートなし、ガバナンス・サポートなし、NFTや他のdAppsのサポートが限定的(現時点では)


公式リンクhttps://defly.app/




ガバナンスにコミットする方法


ウォレットを選択したら、いよいよ第4期ガバナンスにコミットします。ここでは、Peraウォレットからの方法を紹介しますが、どのウォレットを選んでも手順はほぼ同じであることに注意してください。


アルゴランド財団のガバナンス・ウェブサイトにアクセスし、「Connect Wallet(ウォレット接続)」を選択します。進行中の画面で、使用しているウォレットを選択します。



ガバナンスにコミットするアカウントを接続し、接続後、財団のウェブサイトで「使用」を選択します。



アカウントが接続されたら、「Commit Algos(ALGOをコミット)」を選択し、ガバナンスにコミットしたい金額を入力し、準備ができたら「Commit Algos」を選択します。



自分のウォレットで取引に署名して、処理を確定します。



アルゴランド・ガバナンス・ポータルから簡単に参加できましたね。


ポイント:あなたがいずれかのプロトコルを介してガバナンスにコミットしたい場合、私たちのAlgofi Definitive VaultFolks Finance Liquid Governanceガイドをご参照ください。


アルゴランドを試したいと思っている友人とこの情報を共有してください - 特にALGOの価格が低いので今がチャンスです。


アルゴランドのDeFiについてより熟練したい方は、こちらからクラブに加入してください。


それではまた。



元記事:https://algogovclub.substack.com/p/algorand-governance-beginners-guide