アルゴランド財団、BlockBeamと提携し、学生をブロックチェーン・エコシステムへ



アルゴランド財団、BlockBeamと提携し、学生をブロックチェーン・エコシステムへ


2022年2月18日 - アルゴランド財団は、BlockBeamと提携し、「Gateway to Algorand」プログラムを支援することを発表しました。


BlockBeam共同設立者であるDrew Cousinは、「このプログラムの目的は、傑出したビジネスサイドのブロックチェーン候補者を育成し、アルゴランドの持続可能性と気候変動への対応アプリケーションの採用を加速することです」と説明しています。「次世代のブロックチェーン・ネイティブのキャリアパスをサポートするパートナーとして、アルゴランド財団を迎えることができたことを嬉しく思います」。


この無料のオンライン・コホート・プログラムは、現在、学部生を対象としており、応用学習だけでなく、ネットワークやコラボレーションの機会も提供しています。参加は応募制となっています。受け入れられた学生は、持続可能なブロックチェーン技術のリーダーとして、Algorandプロトコルについて学びます。


BlockBeamをDrew Cousinと共同で設立したBennett Thompsonは次のように述べています。「このプログラムを卒業した学生は、NFTバッジを取得して学習内容を記録し、BlockBeamのエコシステムが成長するにつれて、より多くのメリットを享受することができます。2人の創業者は現在、マサチューセッツ州ボストンにあるノースイースタン大学に在籍しています」。


アルゴランド財団の南北アメリカ地域コミュニティ責任者であるオータム・モス・ペニャローザは、「アルゴランド財団の大学プログラムは、Gateway to Algorandプログラムの一部となることを嬉しく思います。若い専門家がブロックチェーン技術の利点や使用例についてもっと学ぶことができるように、実践的な教育機会を持つことは非常に重要です」と強調しています。


アルゴランド財団は、アルゴランド財団の助成プログラムによる資金提供で、このプロジェクトを支援できることを誇りに思います。BlockBeamの詳細や応募先については、https://www.blockbeam.io/ をご参照ください。



元記事:https://algorand.foundation/news/blockbeam-partnership