アルゴランド財団がAID:TECHに大規模な助成金を授与 - Womens World Bankingとの提携によるデジタル・アイデンティティ・プロトコルの開発と新しい統合ウォレットのローンチへ



アルゴランド財団がAID:TECHに大規模な助成金を授与 - Womens World Bankingとの提携によるデジタル・アイデンティティ・プロトコルの開発と新しい統合ウォレットのローンチへ


ダブリン、シンガポール、ニューヨーク 2021年11月3日 - アルゴランド財団とAID:TECHは、金融包摂を促進するために設計されたアルゴランド・ネイティブのデジタル・アイデンティティ・プロトコルとデジタル・ウォレットの作成のために提携しました。


先月締結された契約において、アルゴランド財団はAID:Techに対し、グローバルな決済、送金および関連サービスをサポートする新しいデジタル・アイデンティティ・プロトコル(did:algo)を統合したデジタル・ウォレットの開発のために多額の助成金を提供しました。このウォレットは、アイデンティティと決済を融合させたもので、送金やマイクロファイナンス、保険など、金融包摂や富の創出における機会均等を強化するための追加金融サービスの提供を視野に入れ、さまざまな環境で使用できるように設計されています。この新しいホワイトラベルのウォレットが最初に使用されるのは、Women's World Bankingとのパートナーシップによる、フィリピンでの革新的なデジタル経済のパイロット・プログラムの一環です。


アルゴランド財団CEOであるショーン・リーは、「財団は、すべての人にとって公平でボーダーレスなデジタル経済というビジョンに向けて活動しており、今回のAID:TechおよびWomen's World Bankingとのパートナーシップは、世界中で富を生み出す機会の平等を可能にするウォレットのインフラを提供することで、このビジョンを特によく表しています」と指摘しています。


2015年以来、AID:Techは、金融包摂を強化するためにブロックチェーンとデジタル通貨の可能性を推進してきました。AID:Techは、ブロックチェーン技術を用いて国際援助を提供した世界初の企業です。AID:Techのブロックチェーン技術は、Women's World BankingやSt.Vincent de Paul Disaster Services Corporationなどの主要な政府機関、開発銀行、企業、慈善団体とのパートナーシップにより、データや支払いを必要としている人々に直接、アクセス可能でシームレスかつ透明な配信を可能にしています。


AID:TechのCEOであるジョセフ・トンプソン(Joseph Thompson)は、「アルゴランドは、我々が必要とするスピード、極小コスト、セキュリティに加え、持続可能でスケーラブルなインフラを提供する能力を備えており、このプロジェクトに最適なプラットフォームでした。私たちは、ウォレットをできるだけ早くフィールドテストに投入することを楽しみにしています。AID:Techのもう一つの重要な点は、カーボン・ニュートラルなプロトコルに基づいて構築することであり、アルゴランドはそれに完全に適しています」と述べています。


Women's World BankingのCOOであるトム・ジョーンズ(Tom Jones)は、「このイニシアチブで最も気に入っているのは、必要不可欠な技術とセキュリティを、最も必要としている人々、つまり極めて脆弱な低所得層の女性の手に渡せる可能性があることです。これらの人々に妥協のないデジタル・アイデンティティを提供することで、金融アクセスの新たなチャネルが開かれ、彼女たちのマイクロビジネスや家族へのケアが強化されます」と述べています。


AID:Techがこのウォレット技術の世界展開をサポートするために設計した新しいデジタル・アイデンティティは、did:algoと呼ばれ、アルゴランド・プラットフォームの公式デジタル・アイデンティティ規格を提供します。フィリピンでのウォレットの展開は、この新しいアイデンティティ規格の最初の使用例となります。AID: Techは、did:algoをW3Cの標準化団体に提出し、この規格の普及を目指します。


###


AID:Techについて


AID:Techは、未来の金融はボーダレスで、アクセス可能で、プライベートで、パーソナライズされたものであると信じています。2015年以来、AID:Techのソリューションは、Women's World Banking、英国政府、ドイツ政府、Society of St. Vincent de Paul Disaster Services Corporationなどの組織が、最も困っている人々に支援を届け、新しいデジタル・ツールを活用して金融排除を減らすための活動を支援してきました。現在、AID:Techは、デジタル・アイデンティティ、デジタル決済、ブロックチェーンを活用した透明性の交差点に位置しています。今後、AID:Techは、次世代のクリプトとブロックチェーンのソリューションを展開し、伝統的な金融とDeFiの力を世界中の人々に届けることに注力しています。

https://aid.technology



アルゴランド財団について


アルゴランド財団は、Silvio Micaliと一流の科学者チームによって設計されたアルゴランド・プロトコルとオープンソース・ソフトウェアを活用して、ブロックチェーン技術のグローバルな約束を果たすことを目的としています。アルゴランド財団は、オープン、パブリック、パーミッションレスのブロックチェーンを確立することを信念とし、公平で真にボーダーレスな経済の可能性を活用する機会をすべての人に提供する、包括的なエコシステムのビジョンを持っています。

https://algorand.foundation



お問い合わせ先

AID:Tech担当

Conor Cooke

conor@aid.technology


アルゴランド財団担当

Steve Duignan

press@algorand.foundation



元記事:https://algorand.foundation/news/aidtech-grant-award