https://medium.com/feed/milkomeda%E6%97%A5%E6%9C%AC
 

アルゴランド財団、John Woodsを最高技術責任者に任命



アルゴランド財団、John Woodsを最高技術責任者に任命

経験豊富なアーキテクチャ・ディレクター兼エグゼクティブがアルゴランド財団に参加し、エコシステムの研究開発を拡大へ


SINGAPORE, July 7, 2022 -- チューリング賞受賞者でMIT教授のシルビオ・ミカリが発明したカーボン・ネガティブなレイヤー1ブロックチェーン「アルゴランド」のエコシステムの成長をミッションとするアルゴランド財団は本日、John WoodsをCTOに任命したことを発表します。


アルゴランド財団のCTOとして、Woodsはインフラ開発、技術パートナーシップ、開発者用ツール、教育、エンゲージメントを統括します。特に、開発者のUXから摩擦を取り除き、開発者教育の流れを明確にし、改善し、アルゴランド上でアプリケーションを構築するためのツールやリソースを追加することに注力する予定です。


「アルゴランドは、スピード、スケール、セキュリティに関して、クラス最高の技術を持っています」とWoodsは言います。「ですので、ユーザーエクスペリエンスの向上は、今やアルゴランドの大規模採用のための最も重要な触媒であり、私はそれを実現することに非常に興奮しています」。


「カーボン・ネガティブであることも、私にとって同様に重要です」と彼は付け加えました。「私自身、2人の子どもがいるので、母なる地球を大切にする意識が高まっています」。


アルゴランド財団に参加する前、Woodsはカルダノ・ブロックチェーンを運営するInput Output Globalでカルダノ・アーキテクチャのディレクターを務めていました。それ以前は、InformaticaおよびConsenSysでシニア・アーキテクトを務めていました。


Woodsは、CEOのStaci Wardenの直属となります。Warderは、「開発者コミュニティのサポートと成長は、アルゴランド財団の優先事項であり、Johnがこの重要な指導的立場にあることで、私たちはコミュニティのために実現できると確信しています」と述べています。「彼の技術的な専門知識と優れたチームを構築する実績は、クリプト・エコシステムで広く認識されており、私たちは彼を迎えることに興奮しています」。


1月にアルゴランド財団に参加した後、Wardenは財団のリーダーシップチームを拡大することを約束しました。この最新の任命は、今年初めにEric Wraggeがビジネス開発および資本市場のグローバルヘッドに、Mathew Kellerがインパクトおよびインクルージョンのディレクターに、そしてShamir OzeryがWeb3のヘッドに任命されたことに続くものです。


アルゴランド財団


アルゴランド・ブロックチェーンは、MIT教授でチューリング賞を受賞した暗号学者シルビオ・ミカリによって設計され、国境なき世界経済の約束を実現するためのユニークな機能を備えています。従来の金融のスピードに匹敵する取引スループットを達成しながら、即時決済、ほぼゼロの取引コスト、そして24時間365日体制での取引を実現します。そのカーボン・ニュートラルなプラットフォームと独自のPure Proof of Stakeコンセンサス・メカニズムは、分散型プロトコル上でセキュリティとスケーラビリティの両方を実現し、2019年の稼働以来1秒のダウンタイムもなく、「ブロックチェーンのトリレンマ」を解決しています。


アルゴランド財団は、アルゴランド・ブロックチェーンの健全な通貨供給経済、分散型ガバナンス、健全で繁栄したオープンソース・エコシステムに責任を持ち、その世界的約束を果たすための支援に取り組んでいます。詳細については、https://algorand.foundation をご覧ください。



元記事:https://algorand.foundation/news/john-woods-cto