第4期アルゴランド・コミュニティ・ガバナンス投票施策



第4期アルゴランド・コミュニティ・ガバナンス投票施策


以下の2つの施策は、アルゴランド・ガバナンスとそのDeFiエコシステムへの共同参加に対する特別な報酬を提供し、DEX流動性プロバイダーがガバナンスに直接参加することを可能にすることを意図しています。詳細と議論は、https://forum.algorand.org/t/feedback-requested-on-proposed-q3-2022-governance-measures/7587 をご覧ください。



投票施策1:2022年第4四半期のガバナンス報酬から700万ALGOをDeFiガバナーに指定する


この施策は、DeFiユーザーであるガバナーに特別なインセンティブを与えるものです。これはアルゴランドでのDeFiの参加者を増やすことを意図しており、その結果ALGOを促進し、その結果すべてのガバナーに利益をもたらすことになります。このインセンティブは700万ALGOに限定され、ガバナー・ルールに従ってガバナー任期中にALGOをコミットしたDeFiプレイヤーのみを対象とします。アルゴランドにあるDeFiプラットフォームは、このプログラムに参加するために、ガバナンスのソリューションを財団に申請する必要があり、ガバナンスに参加するユーザーは追加報酬の対象となります。


実施:ガバナーのコミットメントと投票手続きは変更されません。追加報酬プログラムに含まれるDeFiプラットフォームは、管理している有効なガバナンス・ウォレットのリストを管理することが義務付けられ、財団はこれらのリストを検証します。


ガバナンス期間が終了すると、すべてのガバナンス・ウォレット(DeFiと非DeFiの両方)が6350万ALGO報酬をシェアし、通常通りALGOコミットメントに比例して分配されます。残りの700万ALGOは、DeFiリスト上のガバナンス・ウォレットの間でのみ、そのALGOコミットメントに比例して分配されます。すべての報酬は、ガバナーのウォレットに直接配布されます。


ガバナーは以下の2つのオプションのどちらかを決定してください。


オプションA:2022年第4四半期の報酬プールから700万ALGOを上記のようにDeFiガバナーに割り当てる。

オプションB:現状を維持し、プール全体の7050万ALGOを全ガバナーに分配する。


財団は、より包括的な選択肢である「オプションA」を支持します。財団はガバナンス投票権を持たないことにご留意ください。


<例>次のガバナンス期間でのALGOコミットメントの合計(DeFiと非DeFiの両方)が31.75億ALGOになり、DeFiリスト上のウォレットのコミットメントの合計が7億ALGOになったとします。この場合、非DeFiガバナーはALGOコミットメントの2%に相当する報酬を受け取り、DeFiガバナーはALGOコミットメントの2%+1%=3%に相当する報酬を受け取ることになります。



投票施策2:プールでALGOを拠出するDEXの流動性プロバイダーが2022年第4四半期のガバナンスに参加することを許可する


DEXの流動性プロバイダーは、レートの変動によりインパーマネント・ロスが発生するため、安定したALGO残高を確保することはできません。しかし、彼らはLPトークンを使って、ALGOのコミットメントを故意に減らしていないことをオンチェーンで証明することができます。この施策により、彼らはコミットしたALGOを表すLPトークンを数え、監視することでガバナンスに参加することができます。また、両方の施策が承認された場合、彼らは施策1の配布に含まれることになります。


「ALGO vs 資産」を含むDEXプールのLPトークンのうち、実質的で活発なオープンマーケットがあるものだけが対象となります。財団は、投票セッションの少なくとも1日前に、対象となるプールのリストを公表します。最初のリストには、2022年8月15日の時点で10,000以上のALGO残高を持つプールのみが含まれます。将来的なリストの変更は、コミュニティからのフィードバックや提案に従って行われます。財団は、重大なレート操作の証拠を見つけた場合、自主的に、またはコミュニティからの警告により、いつでもこれらのプールを失格とする権利を留保します。


LPトークンは、ALGOコミットメントに使用されるのと同じゼロALGOトランザクション・メカニズムで、参加申込期間中にガバナンスにコミットすることができます。ガバナーのLPトークン残高は、ALGOの残高と同様に追跡されます。


参加LPトークンのガバナンス・ウェイトは、2022年第4四半期の参加申込期間終了後の1ラウンドで、関連するすべての「ALGO vs 資産」プールのスナップショットを取ることによって決定されます。その固有のラウンドで、各LPトークンについて、流動性プロバイダーがその時点でLPトークンを返却していれば受け取ったであろうALGOの数を計算します。


報酬を得るためには、ガバナーは投票し、コミットした各LPトークンの残高を維持しなければなりません(同じウォレットから直接ALGOコミットしたものがある場合は、それに加えて)。


ガバナーは、以下の2つのオプションのいずれかを決定する必要があります。


オプションA:上記のルールに従って、Algo LPトークンをガバナンスにコミットできるようにする。

オプションB:上記のようにDEX LPを含めずに現状維持とする。


当財団は、より包括的なオプションである「オプションA」を支持します。財団はガバナンス投票権を持たないことにご留意ください。



:もし両方の施策が承認された場合、追加的な700万ALGO報酬は、DeFiリストで見つかったか、もしくはLPトークンをコミットしたガバナーの間で分配されることになります。具体的には、ガバナーがコミットしたすべてのLPトークンはこれらの追加報酬にカウントされますが、それらのALGOコミットはそのガバナーがDeFiリストで発見された場合のみカウントされます。



元記事:https://www.algorand.foundation/community-governance-period4-voting-measures