https://medium.com/feed/milkomeda%E6%97%A5%E6%9C%AC
 

アルゴランド・コミュニティ・ガバナンス:分散化への道を歩み続ける

更新日:11月19日



アルゴランド・コミュニティ・ガバナンス:分散化への道を歩み続ける

by アルゴランド財団CEO ステイシー・ウォーデン



AlgoFamの皆様。


この数週間は、本当に大変でした。みなさんが安全に過ごしていることを願っています。クリプトにとって困難な時代ですが、私たち全員がこのような健全なエコシステムの一員であることがいかに恵まれているかを考えずにはいられません。信じられないことですが、私もアルゴランド財団での1年目が終わろうとしています。このような熱心で活気のあるコミュニティのために働き、このような変革的なプロトコルの進歩のために働くことは、私の人生の特権であることを皆さんにお伝えしたいのです。


私たち財団の使命は、アルゴランド・ブロックチェーンに基づく開発者や起業家の活気あるエコシステムを強化することです。私たちが行っていること、そしてその方法は多岐にわたり、技術的なこと(中継ノードと参加ノードの安全で分散したネットワークの確保、開発者ツールの強化、開発者との関係)からコミュニティの教育や関与、マーケティング、起業家への助成金や投資、そしてもちろん、ガバナンス投票への参加の動機付けに至るまで様々なことを行っています。そして、この最後のトピックは、おそらく他のどのトピックよりもAlgoFamの注目を集め、活発な議論が交わされています。


そこで、まもなく2023年のガバナンス・フレームワークを提案し、ガバナンス・プログラムの1周年を迎えるにあたり、このプログラムに関する私たちの幅広い考えをここで共有することが適切であると考えました。



まず、いくつかのニュースです ...


財団のスタッフ全員にとって、ガバナンス・プログラムがうまく機能するための最も重要な要件のひとつは、財団とコミュニティの皆さんの間に明確で迅速なコミュニケーション・ラインが必要であることは明らかです。そして、この点において、私たちがもっとうまくやれたはずの時期があったことは間違いありません。 このニーズに応えるため、私たちは、コミュニティ参画と2023年ガバナンス・プログラムの他のすべての側面を管理する専任の役割を設けました。そして、アドリアナ・ベロッティがこの重要な任務を引き受けてくれたことを、私はとても嬉しく思っています。アドリアナが過去にオーストラリアのコミュニティ・マネージャーを務めていたことをご存知の方は、コミュニティが組織化して集団的な意思決定を行うことを可能にするブロックチェーンの力を、彼女が深く信じていることをご存知でしょう。彼女はすでに、皆さんとよりよく関わるためのいくつかのアイデアに取り組んでおり、私たちは来年何を達成できるのか、とても楽しみにしています。このエキサイティングな新しい役割にアドリアナを迎えることに、ぜひご協力をお願いします。



... そして、その背景について


皆さんご存知のように、私たちの創始者であるシルビオ・ミカリは、アルゴランド・プロトコルのために素晴らしいコンセンサス・メカニズムを考案しました。このモデルの基本的な部分としてあるのは、プルーフ・オブ・ワーク(PoW)やプルーフ・オブ・ステーク(PoS)メカニズムとは異なり、アルゴランドのピュア・プルーフ・オブ・ステーク(PPoS)は、参加者に対してコンセンサスの対価を支払わないということです。


このため、Algosをコミュニティに配布することが私たちのミッションの基本であることから、最初は単純にAlgoの投資家に日割りでAlgosを配布していました。このシステムはそれなりにうまく機能しましたが、無差別であったため、特定のコミュニティ・メンバーがエコシステムと私たちのネットワークをサポートするために行っている仕事を認識することができませんでした。また、アルゴランド財団の意思決定を分散させるという私たちの目標も達成できませんでした。


そこで昨年、私たちは2022年ガバナンス・プログラムにおいて、分散型ガバナンスへの正式な移行を開始するという重要なステップを踏みました。そして、アルゴランド・ガバナーの反応が熱狂的だったということは喜ばしいことです。参加者は1年を通じて増加し、17億Algoからこの最終四半期には42億Algoとなり、ガバナーは様々な重要な決定を下しました。特にxGovsの枠組みについては、各投票期間中に圧倒的な支持を得てその施策が可決されました。


現在とこれから


アルゴランド財団は、2022年末までに、ガバナンスの報酬として3億4200万Algo(現在の市場価格で1億2000万ドル以上)を配布する予定です。これにより、上述したように投票への参加が増え、参加コミュニティは財団のリソースを圧倒的に多く受け取っています。


また、分散化についても重要な進展がありました。コミュニティの意思決定を行うxGovプロセスで投票を行い、リキッド・ガバナンスのシステムを支持し、Defiをサポートするためにターゲット報酬のシステムを制定し、そしておそらく分散化の最も明白な例として、投票に関する財団の提案を否決したのはあなた方なのです。


しかし、特にxGovsの実装や、コミュニティの提案に対する投票と資金提供のための強固なシステムの確立など、より多くの決定をコミュニティに委ねるためにやるべきことはまだまだあります。2023年のガバナンス・プログラムに向けて、私たちは成功の上に立ち、失敗から学びます。そして、この1年を振り返り、基本的には3つのことに集中する必要があると考えています。


  1. 分散化の道を意図的に継続すること。

  2. エコシステムとプロトコル自体の健全性をサポートするために積極的に働く、より幅広いエコシステム参加者に報酬を与えること。

  3. 私たちの使命とコミュニティをサポートするために最も効果的にリソースを展開できるよう、リソースの使い方について私たち自身に責任を持たせること。


私たちは間もなく2023年の最初のガバナンス期間に向けた投票手段を打ち出す予定ですが、この3つの目標を支えるために、以下にいくつかの大まかな提案を提示したいと思います。



2023年のガバナンス・プログラムの大まかな提案


  1. ガバナンス報酬:他のエコシステム活動に関与していないAlgoホルダーに対するガバナンス報酬に、引き続き多額の資金を割り当てることを提案しますが、そのレベルは現在の約半分とします。私たちは、影響を評価し、コミュニティのフィードバックを収集する間、次の2四半期に試験的にこれを実施することを提案します。残りのリソースは、他の種類の生産的なコミュニティ参加に使用される予定です。

  2. DeFiのサポートを増やす:最近のDeFi報酬イニシアティブの成功と、Aeneasプログラムの終了を考慮し、今後2四半期、ガバナンス・プログラムを通じてDeFiサポートをおよそ2倍にすることを提案します。

  3. 追加的な活動への支援:さらに、中継ノードの運営やNFTインフラの提供など、私たちのエコシステムに根本的に貢献する他の生産的な活動もあることを知っているので、これらの活動に対する支援も提案する予定です。私たちは、コミュニティがこれらのリソースの割り当てに直接関与することを望んでおり、この点に関して私たちからのさらなる提案を期待することができます。

  4. MVPとxGovの迅速な実装:これらすべてを可能にするために、MVPのコミュニティ提案とxGovシステムの実装を早急に完了させることを提案します。これらの措置により、コミュニティ提案は透明で一貫した方法でフィルタリングされ、アップヴォートされるようになり、また、コミュニティが様々なプログラム、例えばNFTのための基金や特定のプロジェクトの助成金を指示するためのルートを提供することができるようになります。xGovsの設計を分散化するつもりですので、ARC(Algorand Request for Comment:アルゴランド意見募集)にご注目ください。


これらは時間の経過とともに分散型意思決定への道筋となっていくでしょう。ただし、投票の仕組みが単純でない場合もあるため、この種の活動には投票する権利は与えられても、必ずしも義務はないと考えています。私たちは、このような提案を行い、この目標を実行するために、コミュニティの協力と参加を募っていく予定です。


このメモが、2023年にガバナンス・プログラムを分散化し、改善するための私たちの考え方やアイデアの枠組みを作る一助となれば幸いです。しかし、私たちは、コミュニティ全体を代表してエコシステム・リソースの長期的なスチュワードとしての役割を意識しながら、慎重に進めていくつもりです。


アドリアナは新しい役割を担うにあたり、これらの問題に関して良好なコミュニケーションとエンゲージメントを確保するために、皆さんに対して説明責任を果たすことになります。アドリアナの連絡先は、ブロックチェーンのadri.algo、史上最高のツイッターハンドル@nonfungibleab(必ずフォローしてください!)、またはgovernance@algorand.foundation で直接彼女に連絡できます。


私たちアルゴランド財団は、皆さんに深く感謝しています。アルゴランドは最高のブロックチェーン技術を持っています。そして、世界を変えるために、私たちの素晴らしいコミュニティである皆さんと一緒に成長していきます。



感謝をこめて。


ステイシー&チーム



元記事:https://www.algorand.foundation/news/community-governance-continuing-our-path-to-decentralization