アルゴランドとGuardrail(ガードレール)、中小企業がクラウドでブロックチェーンを手頃な価格で利用可能に


アルゴランドとGuardrail(ガードレール)、中小企業がクラウドでブロックチェーンを手頃な価格で利用可能に



2021年9月8日 - 中小企業の迅速なクラウド導入を容易にするクラウド・ソリューション・プロバイダーであるガードレールは、アルゴランド・コミュニティにこれまでにないクラウド機能を提供するためにアルゴランド財団からの助成金を受領しました。


この助成金は、AWS、Azure、GCP上のアルゴランドのノード・インフラストラクチャ全体をシングル・コマンドで自己展開できるソリューションでアルゴランド・ネットワークを強化するために提供されます。 ノードのバリエーションは、アルゴランド・ブロックチェーンとして、AWS、Azure、GCP Marketplace上で自己完結型のオープンソース・ソリューションとしてガードレールの加入者に提供されます。これらは、アルゴランドのコア・リサーチチームによって検証され、アルゴランドのGitHubに掲載されている最新のMainNetノードのバージョンに更新されます。


このソリューションにより、開発者は、地域的に隔離された独自のコンセンサス・クラスターの上で動作するAPIサービスを使って、アルゴランド対応のアプリケーションを構築することができ、1つのコマンドでインフラを完全に制御することができます。


「今回のリリースは、クラウド・プロバイダとの3ヶ月に及ぶ共同作業の結果です。クラウド・プロバイダは、顧客やブロックチェーン・コミュニティが、プッシュボタン式のオープンソース展開モデルを好むことを確認しました。この重要なマイルストーンにより、イノベーションのオーナーシップがコミュニティの手に戻り、信頼性とコスト効率の高いノードでアルゴランドのグローバル・ネットワークのカバレッジが拡大します」ショーン・リー(アルゴランド財団CEO


また、この助成金は、アルゴランド標準アセット(ASA)とアトミック・スワップを利用して、ソースコードの貢献をIPトークンとして付与し、USDCやACHなどのウォレットで決済するIPガバナンス・ソリューションの完成にも充てられています。この技術革新により、開発者は業界で最も優秀な人材に無制限かつ安価にアクセスできるようになります。


「当社はサブスクリプションの価格を公表していませんが、各ソリューション(拡張可能で本番対応のサーバーレスAPI、iOSおよびAndroidアプリケーション、ML対応アプリケーションをプッシュボタンでデプロイする複数環境のCI/CDパイプライン)のストリート・バリューは10万米ドルです。これらのソリューションを開発した人々には、購読者がソリューションを採用するたびにロイヤリティが支払われます。これにより、手頃な価格を維持しています。加入者がソリューションを拡張したい場合は、その拡張を委託することができ、次の加入者がそれを採用したときに払い戻しを受けることができます。このようにして、お客様とパートナーのために全体的な価値を高めているのです。さらに、1時間のSLAで迅速に対応する継続的なサポートも提供しています」 ガードレール CEO クリス・エコン


今回の助成金は、パブリック・クラウド活用によるブロックチェーンの大規模な採用を推進するアルゴランドの取り組みを前進させるものであり、Guardrailは、最も必要としている企業に大量のクラウド導入を推進するという使命に一歩近づくことになります。


「ブロックチェーンの大規模な採用は、クラウドの大量導入なしには実現しません。クラウド導入は所有権の問題です。アルゴランドは、レガシーな決済システムと同等の速度で金融取引を実行できる、最も安全なブロックチェーンです。これまで顧客がクラウドでアクセスしたい場合は、部分的な機能を提供し、透明性のない価格設定とレート制限を行うサードパーティのアグリゲータを経由する必要がありました。私たちは、AWSが設立されて以来、13年間にわたってAWSと仕事をしてきました。 料金制限とイノベーションは相容れません。料金制限は、顧客が採用を放棄することにつながります。所有権を放棄することは、クラウドの導入から一歩、ブロックチェーンの導入からは二歩も離れることとなり、その結果、企業は魅力的な成長機会を損なうか、逃すことになります」クリス・エコン、ガードレールCEO


ブロックチェーンとクラウド技術の分散化と手頃な価格でのアクセスをサポートするために、ガードレールはIP GovernanceソリューションをAWS Marketplaceで加入者に公開します。


アルゴランド財団の助成プログラムによる支援のためにプロジェクトを提出することに興味のある方は、こちらにご応募ください。



Guardrail(ガードレール)について


2003年にAWSが登場して以来、Guardrailの共同設立者は、初のライドシェア・アプリ、初のソーシャルゲーム・プラットフォーム、初のモバイル・ソーシャル・ネットワークなど、50のアーリーステージの「クラウド生まれ」の新興企業を苦境から5億ドルを超える買収に導いてきました。 最近では、Guardrailのコアチームは、AWSの第1位のコンサルティング・パートナーと、CRNの2019年Global Fast Growth 150の第5位の急成長ソリューション・プロバイダーを率いました。



元記事:https://algorand.foundation/news/guardrail-grant