アルゴランド・ウォレット、シームレスなユーザー体験のために機能・仕様をアップグレード



アルゴランド・ウォレット、シームレスなユーザー体験のために機能・仕様をアップグレード


暗号通貨ユーザーは過去3年間で増加しており、Statistaによると、2020年第2四半期には暗号通貨ウォレット・ユーザーは5,000万以上とさらに大きな増加が見られます。このような暗号通貨ベースのウォレットの需要の増加は、暗号通貨市場への関心が高まっている証拠ですが、暗号通貨ウォレットには、より多くの柔軟性と、シームレスな体験を可能にする高度なユーザーフレンドリーな機能が必要であることも意味しています。


それこそがアルゴランドがこの最新のローンチでウォレットのためにのより多くの機能に投資している理由です。アルゴランドのウォレットは、特別なブロックチェーン開発者ツールや高度な機能セットの知識を必要とせずに、ユーザーがアルゴランド・ブロックチェーンとやり取りすることができる公式インターフェースです。このウォレットはiOSとAndroidの両方のプラットフォームで動作し、人々は安全にアルゴランド・アカウントを管理し、Algosとアルゴランド標準資産(ASA)との取引を行うことができます。今回のリリースでは、アルゴランドは、ウォレット・アカウントの管理をより快適に体験できる機能を以下のように開発しました。


  • ユーザーが新しい通知センタータブですべての通知(新旧)を確認可能

  • ロック画面でのPIN入力回数を制限することでセキュリティを強化

  • 高度なソート、フィルタリング、各資産の取引履歴をCSVにエクスポートする機能


上記のユーザーフレンドリーな機能に加えて、アルゴランド・ウォレットは、アルゴランドの最新のユニークな機能の一つであるRekeying(鍵の再生成)に対応しました。レイヤ1のアルゴランドのRekeyingは、ユーザーがパブリック・アドレスを変更することなく、プライベート支払鍵やパスフレーズを変更できるようにすることで、運用上の非効率性を解決します。これにより、ユーザーのプライベート支払鍵をいつでも変更できる柔軟性が高まり、同じパブリック・アドレスを継続的に使用できるようになり、既存のパブリック・アドレスを、そのパブリック・アドレスで継続的に取引を行う他のユーザーの識別子として維持することで一般費用が減り、運用負担が軽減されます。アルゴランド・ウォレットは、Rekeyingが可能になり、パスワードを簡単に変更できる暗号化バージョンを提供し、ユーザーにより多くのコントロールと柔軟性を与えています。



アルゴランドのウォレットでRekeyingが有効になったことで、2つの追加ワークフローが提供され、ユーザーは以下のことが可能になりました。


  • 既存のアルゴランド・アカウントに Ledger デバイスを追加 - ローカルに保存されたパスフレーズによってバックアップされている既存のアカウントを取り、Ledger Nano X デバイスによってバックアップされるように変更することができます。このシナリオでは、すべての署名権限はその Ledger デバイスに転送され、古いパスフレーズは非推奨/破棄することができます。

  • Ledger デバイスのスワップ - Nano X デバイスでバックアップされているアカウントを新しい Ledger デバイスにスワップする機能があります。前のシナリオと同様に、古い Ledgerデバイスはこのアカウントのトランザクションに署名することができず、新しい Ledger デバイスがそのアカウントをバックアップします。ユーザーは、複数のアカウントのトランザクションに署名するために Ledger デバイスを使用することができるようになりました。


アルゴランド・ウォレットを取得して使用するための料金は絶対にありません。Rekeyingプロセスを使用する場合は、ユーザーがスワップを確認するネットワークにトランザクションを送信する必要がありますが、かかるのはアルゴランドの極小のトランザクション手数料だけです(現在は0.001Algos)。


アルゴランド・ウォレットの詳細については、当社のウェブサイトをご覧ください。また、Rekeyingの使用方法については、新しいLedger Nano X チュートリアルのRekeyingをご覧いただくか、wallet-feedback@algorand.com までお問い合わせください。