アルゴランドのブロックチェーン・サステナビリティにおけるリーダーシップ


アルゴランドのブロックチェーン・サステナビリティにおけるリーダーシップ


ブロックチェーンはここ数十年で最もインパクトのあるテクノロジーの一つかもしれませんが、ビットコインのマイニングに必要なエネルギーが高いことから、環境に悪影響を与えると連想する人も多いでしょう。幸いなことに、すべてのブロックチェーン・ネットワークがエネルギー集約型のマイニングを行って運営されているわけではありません。


アルゴランドは、環境にやさしいコンセンサス・プロトコルを導入することで、ブロックチェーンの持続可能性に対して積極的なアプローチをとり、グリーン・ブロックチェーン・ソリューションの提供において主導的な役割を果たすことに注力しています。



アルゴランド:Pure Proof of Stake(PPoS)チェーン


アルゴランドは、オープンソースのブロックチェーン・ネットワークで、競合他社の大半よりも大幅に少ないエネルギーを消費します。このネットワークは、安全性、高速性、多機能性に優れており、分散型アプリケーション(DApps)やさまざまなデジタル資産をホスティングすることができます。


誰もが気候変動に対して心配することなく、アルゴランド上で構築することができます。


いくつかのビットコイン代替通貨は、Proof of Stake(PoS)アルゴリズムを導入することでカーボン・フットプリント問題に対処するとして登場しましたが、それらのソリューションは分散性を犠牲にしています。アルゴランドは、このアルゴリズムを一段上のレベルに引き上げ、ブロック検証者のグループが他のトークン保有者よりも強い支配力を持つことがないようにしました。


MIT教授のSilvio Micaliが設立したこのブロックチェーンは、Pure Proof of Stake(PPoS)と呼ばれる独自のアルゴリズムによってこれを実現しています。



カーボン・ニュートラルを可能にするPPoSとは?


PPoS(Pure Proof of Stake)は、理想的なブロックチェーンの3つの重要な要素である「スケーラビリティ」「セキュリティ」「非中央集権」のいずれもが損なわれない、いわゆる「ブロックチェーンのトリレンマ」をアルゴランドが解決するためのプロトコルです。

PPoSは、PoW(Proof of Work)チェーンとは異なり、大量の電力消費の必要性に依存しないため、カーボン・ニュートラルです。PPoSは、ゼロから環境に配慮して開発されました。


PPoSのアルゴリズムには、わかりやすい原理があります。すべてのユーザーがネイティブ・トークンをシステムにステークすることでブロック・バリデータになることができますが(PoSブロックチェーンの典型的なアプローチ)、このプロトコルでは、任意の期間にブロック・バリデータを無作為かつ秘密裏に選択します。すべてのユーザーに等しく選ばれるチャンスがあるということは、次のブロック・バリデータが誰になるか誰にもわからないということであり、ネットワークは完全に分散化されていることになります。


アルゴランドのネットワークでは、マイニングの必要がなく、ユーザーはALGOトークンをステークするだけでバリデータになることができます。このようにして、アルゴランドはカーボン・ニュートラルを実現しています。

他のPoSブロックチェーンも電力消費を無視できるレベルまで抑えることに成功していますが、真の意味での分散化ができていません。従来のProof of Stakeチェーンでは、最も多くのトークンを持つ裕福なバリデータがネットワークを最も支配しています。彼らはまた、ブロック報酬の最大の割合を受け取り、流通するトークンの供給量に占める割合を高めます。そのため、PoSネットワークでは、ネットワークをコントロールできるバリデータが一握りしかいないのが一般的です。


アルゴランドがユニークなのは、分散化され、安全で、高速で、環境に優しいシステムを同時に構築できたことです。PPoSプロトコルは、エコシステム全体のセキュリティを、経済の限られた一部ではなく、大多数のユーザーの誠実さに結びつけています。


アルゴランドは、グローバルなユーザーベースとユースケースを念頭に置いて、ボーダレス経済を育成するために構築されました。そのため、世界的な気候変動の懸念を無視することは不合理です。


クリーンな環境は、国連、国際機関、そしてほとんどの国の政府にとっての優先事項です。アジェンダ2030の一部である国連の17の持続可能な開発目標(SDGs)のうち、少なくとも2つは、クリーンなエネルギーと地球温暖化について直接言及しています。


SDGs 7 - 安価でクリーンなエネルギー。

SDGs 13 - 気候変動と戦うために緊急に行動する



https://sdgs.un.org/goals/goal13


ビットコインが登場したとき、生みの親は今日のような普及レベルを想定していなかったと考える人もいるかもしれません。しかし、現在開発中の新しいブロックチェーン・ネットワークは、そもそも地球変動への懸念を考慮すべきです。


アルゴランドは、環境に悪影響を与えることなく、将来にわたって使用できる持続可能なブロックチェーン技術を提供しています。



ブロックチェーンの持続可能性が重要な理由


世界をより良い場所にすることを目的とした、グローバルでボーダレスなオープンソースのテクノロジーは、環境への影響を無視することはできません。


インターネットを活用した新しい金融商品やサービスをより多くの人に提供するためには、気候変動への影響を考慮する必要があります。


むしろ、ブロックチェーン業界は、ブロックチェーンを活用した新しいソリューションが、企業や消費者だけでなく、環境にも利益をもたらすよう、ブロックチェーンの持続可能性に積極的に取り組む必要があります。あるいは、少なくとも、過去に多くのレガシー技術が行ってきたように、環境に害を与えないようにしなければなりません。


持続可能なブロックチェーン業界を実現するために、企業やオープンソース・プロジェクトは、カーボン・ニュートラルな技術を展開するだけでなく、環境に優しい取り組みを推進するユースケースにも注力すべきです。



アルゴランドの環境に優しいユースケース


インフラだけではありません。アルゴランド自体があらゆるレベルで環境に優しいエコシステムであり、それはカルチャーやユースケースにも反映されています。


Micaliは、「地球を大切に思うからこそ、直接的にも間接的にも環境を汚染しない技術を発明した」と説明しています。


アルゴランドのネットワークは、ユースケースやパートナーシップなどを通じて、カーボン・ニュートラルを推進しています。


例えば、PlanetWatch社はアルゴランドを活用して、意識の高い企業や個人が導入する可能性のある手頃な価格の大気質センサーのグローバル・ネットワークを構築・展開し、リアルタイムでデータを検証してオンラインで共有しています。このモニタリング・システムは、大気質に関する過去のデータとリアルタイムのデータを共有するために使用されます。



さらに、昨年末、アルゴランドはCO2カーボン・オフセットのブロックチェーン市場であるClimateTradeにそのインフラとして選ばれました。同社は、ブロックチェーンを活用することで、炭素市場における透明性とトレーサビリティの確保を目指しています。ClimateTradeは、Melià Hotels、Cabify、Iberia、Telefónicaなどのスペインおよび国際的な大企業にそのサービスを提供しています。


顧客は、複数のカーボン・クレジットから選択することで、便利にカーボン・フットプリントをオフセットできる市場にアクセスできます。すべてのプロセスは、直感的なダッシュボードを介して行われます。


Climatetrade社のCEOであるFrancisco Benedito氏は、アルゴランドのスケーラビリティの可能性と低い手数料を考慮すると、現時点で導入するのに最も適した技術であると強調し、次のように語っています。


「複数のテクノロジー・プロバイダを分析し、厳格なデューデリジェンスを行った結果、我々のプラットフォームを動かすブロックチェーン・インフラとしてアルゴランドを選びました。アルゴランドの柔軟なアーキテクチャ、低い取引手数料、取引パフォーマンスのスケーラビリティにより、アルゴランドが完璧なソリューションであることは間違いありません。加えて、彼らは唯一のPure Proof of Stake (PPoS) ネットワークであり、我々はビジネス・ビジョンが一致しています」


さらに、アルゴランドのチェーンでは、発行者が他の主要なスマートコントラクト対応ブロックチェーン・ネットワークよりも極めて低コストかつ実質的に環境に優しい方法で数百万単位のNFTを作り出せるため、鋳造されるNFTの数が増加しています。


アルゴランドの目標は、エコシステムを可能な限り環境に配慮しながら、ユーザーに最高のバージョンのブロックチェーンを提供することです。


アルゴランドのエコシステムの最新情報を知りたい方は、ニュースレターにご登録ください。



元記事:https://www.algorand.com/resources/blog/algorands-leadership-in-blockchain-sustainability