AlgofiがDex機能をローンチ



AlgofiがDex機能をローンチ


「アルゴランド上の銀行」もしくは「DeFiのハブ」を目指すAlgofiが既存のレンディングとステーブルコインSTBL発行機能に加えて、スワップや流動性プール、ファーミング、そしてプログラマ向けのフラッシュローン機能SDK、さらにワンクリックで流動性プール・トークンを作成・購入できるザッピング機能をリリースしました。

現在、アルゴランド財団の「Aeneas流動性プログラム」によるファンド提供により、ユーザーはかなりの利回りを獲得することができます。


Algoを貸出用に提供することでAPY〜7%、そのAlgoを担保にステーブルコインSTBLを借りることでAPY9%、そしてその借りたSTBLとAlgoのペアを流動性供給することでさらに15%を利回りを獲得できます。普通に考えると意味不明(なぜ借りるのに利子がもらえる?)ですが、初期ユーザーに報いるための期間限定の施策になります。


チュートリアルは用意されていますので、じっくりと読み込んで仕組みを理解してから利用されることをおすすめします。


>チュートリアル


>Algofi