AlgofiとLofty、暗号通貨を担保に誰でも不動産の部分所有権を購入できる世界初のパートナーシップを発表


AlgofiとLofty、暗号通貨を担保に誰でも不動産の部分所有権を購入できる世界初のパートナーシップを発表

分散型金融と世界最大の資産クラスである不動産を組み合わせることで、Algorandを基盤とする2社は、DeFiの斬新で具体的なユースケースを可能にしました。


MIAMI, March 16, 2022 /CNW/ -- AlgofiLofty(Y Combinator acceleratorが支援する2社)は、Algofiのステーブルコインである$STBLを担保として投資不動産の端数を購入できるよう提携しました。STBLは、Algorandブロックチェーン上で初のネイティブ・ステーブルコインです。


AlgofiはAlgorandブロックチェーン上に構築された分散型融資プロトコルおよびステーブルコインです。Loftyは、わずか50ドルでトークン化された不動産に投資でき、いつでも売却できる最大のトークン化不動産マーケットプレイスです。


これは、人々が暗号通貨を担保に、実際の投資不動産の所有権を表すトークンをシームレスに購入できる、史上初の試みです。AlgofiとLoftyの両方が構築されているAlgorandブロックチェーン・エコシステムにおける記念碑的な開発であるだけでなく、より広い暗号通貨の世界にとってもゲームチェンジャーとなります。


このパートナーシップは、DeFiを世界最大の資産クラスである不動産と結合させることで、DeFiに待望の具体的なユースケースを提供します。また、$STBLがDeFiのルーツを超えて成長する最初の機会でもあります。最後に、クリプト・ネイティブが暗号通貨のボラティリティを相殺し、富を築くバーベル戦略を採用することがこれまで以上に容易になります。


「Algofiは、プロトコルの分散型安定コインであるSTBLの採用と実用性が継続的に成長することに興奮しています。 このエキサイティングなパートナーシップにより、ユーザーは暗号通貨を担保として活用し、Loftyが提供する不動産に投資できるようになります」Algofiコア開発者Owen Colegrove


「このパートナーシップは、暗号通貨を担保に実際の投資物件を購入することができる歴史上初の試みであり、暗号コミュニティ全体にとって大きな意味を持ちます。未来はここにあります」 Lofty COO、Max Ball


STBLの取得方法とLoftyでの不動産購入に利用する方法について詳しくはこちらを参照ください。

https://www.lofty.ai/blog/now-use-crypto-as-collateral-to-buy-investment-properties



Algofiについて


AlgofiはAlgorandブロックチェーンのDeFiハブです。Algofiは、融資プロトコル、自動マーケットメーカー、およびステーブルコインを1つのシームレスなユーザー体験に統合したものを提供しています。Algofiは、Algorandの成長するDeFiエコシステムを利用した普通預金口座やクレジットカードなどの伝統的な銀行サービスを提供することを計画しています。投資家には、Union Square Ventures、Arrington XRP Capital、Pillar VCが含まれています。

https://www.algofi.org/



Loftyについて


Loftyでは、トークン化された投資用不動産にわずか50ドルで投資することができます。投資家は毎日の家賃収入を得ることができ、トークンはいつでもペナルティや手数料なしで売却することができます。Loftyは、Y Combinator、Rebel Fund、Jason Calacanis、Hustle Fundなどの有力投資家から支援を受け、総額500万ドル以上の資金を調達しています。

https://www.lofty.ai/



元記事:https://www.newswire.ca/news-releases/algofi-and-lofty-announce-a-first-of-its-kind-partnership-enabling-anyone-to-use-crypto-as-collateral-to-buy-fractional-ownership-in-real-estate-856591748.html