動画を見てクイズに答えてALGOを当てよう!-2日目



<字幕まとめ>


さて皆さん、最初の重要なアルゴランドの機能について話しましょう。


ピュア(純粋な)・プルーフ・オブ・ステーク・コンセンサス・アプローチです。


ブロックチェーンにおいて最も重要で基本的なタスクは、チェーン内の次のブロックを安全に、信頼性高く、高速に作成することです。


ブロックチェーンにおける次のブロックの作成と検証を行うツールは、コンセンサス・メカニズムと呼ばれています。


初期のブロックチェーンでは、プルーフ・オブ・ワークと呼ばれるコンセンサス・メカニズムが使われていました。


これは当時、ブロックチェーンの概念を証明するのに便利でしたが、チェーンの次のブロックを書き込むためのエネルギー効率の悪さ、そして非常に時間やコストがかかることが判明しています。


アルゴランドは、チェーンの次のブロックを書き込むために、パーミッションレスのピュア・プルーフ・オブ・ステークと呼ばれる革新的なコンセンサス・メカニズムを使用しています。


プルーフ・オブ・ステークは、参加しているALGOホルダーからランダムに委員会を選択することで動作し、これらの異なる委員会は、チェーン内の次のブロックを検証し、承認します。


これらの委員会は、VRFまたは検証可能なランダム関数と呼ばれるユニークな暗号ランダム化ツールを使用して選択されます。


これはアルゴランド創設者シルビオ・ミカリによる発明です。


ブロックが書き込まれるたびに、ランダムな委員会の新しいセットが確立され、ブロック作成プロセスが再び開始されます。


これらの強力なランダム化とブロック作成のメカニズムが、アルゴランドがいかにしてブロックチェーンのトリレンマを解決したかの基盤となっています。


グローバル・スケール、堅牢なセキュリティ、真の分散化を備えたブロックチェーンの創造。


次回のレッスンでは、これらの機能のそれぞれについて説明します。