Al Goanna AMAまとめ



Q1:自己紹介と、アル・ゴアンナ(Al Goanna)プロジェクトを始めた経緯を教えてください。


アルゴランドNFTプロジェクト、アル・ゴアンナの創設者のベンジです。


私は何年も前から暗号通貨の個人投資家として活動しています。2020年後半にAlgorandに出会い、すぐに私の注意を引きました。チームのカーボン・マイナスのアプローチにとても感銘を受けました。ブロックチェーンの技術力と、トリレンマを解決する方法は、すべての条件を満たしているように感じました。


そして、Algorandをもっとよく知るようになりました。6月から7月にかけて、イーサリアムのようなチェーン上でNFTプロジェクトが人気を集めているのを目にするようになったのですが、その頃、AlgorandのNFTが早くも多数ミントされていたのです。NFTプロジェクトを作るチャンスだと思ったので、アル・ゴアンナのコンセプト開発を始めました。


私はデザインとデジタルメディアが専門なので、NFTはブロックチェーンに参加する初めての本格的な方法でした。それまでは、金融に強いか、開発者的なバックグラウンドが必要だと感じていました。


2021年9月上旬にローンチし、プロジェクトはすぐに大きな反響を呼びました。それ以来、私はプロジェクトを可能な限り良いものにすることに集中し、フルタイムで取り組んでいます。



Q2:なぜゴアンナ(Goanna)なのでしょうか?デザインのインスピレーションはどこから来るのでしょうか?また、このプロジェクトには何人のアーティストが参加しているのでしょうか?


ゴアンナは、ここオーストラリアに生息するオオトカゲの一種です。


実際にいくつかのキャラクターを開発しましたが、ゴアンナが一番強いと感じましたし、アルゴ/アル・ゴアンナという言葉遊びもとても気に入りました。


当初は数人のアーティストと一緒にコンセプトを練り上げ、V1シリーズのリリース時にはそのうちの1人がメインアーティストになりました。最近、チームを拡大し、現在3人のアーティストがV2シリーズに取り組んでいます。



Q3:そもそも、なぜAlgorandを選んだのでしょうか?また、AlgorandのNFTエコシステムについてどう思われますか?


技術的・基礎的な観点からAlgorandに惹かれました。また、Algorandをよく見ていると、たくさんのプロジェクトが立ち上げられ、エコシステムがリアルタイムで成長しているように感じられました。


初期のNFTエコシステムは、他のチェーンで起こっていることから少し遅れていましたが、NFTをミントし、初期のエコシステムを開発する、本当に素晴らしい人々のグループがありました。


Algorandの性質上、NFTのミントは他のチェーンに比べて非常に安価であり、参入障壁が低かったのです。人々は数枚のNFTをミントし、それを公開し、そして何が起こるかを見ていました。


この6ヶ月間のアルゴランドNFTの伸びは、非常に大きなものでした。



Q4: アル・ゴアンナは非常に人気があり、人々はアル・ゴアンナ1本を購入するために大金を費やすことを厭いません。アル・ゴアンナは他のNFTプロジェクトと何が違うとお考えですか?また、NFTプロジェクトの評価について、ご意見をお聞かせください。


立ち上げ当初は差別化を図り、「プロジェクト」的なアプローチをとりました。当時はNFTのコレクションを探索するためのツールがなかったため、完全なウェブサイトを構築し、特徴などに基づいてNFTを探索できるようにしました。また、最初のリリースに先立ち、twitterやtelegramなどのソーシャルメディアも立ち上げていました。


NFTのコミュニティには、常に革新的なアイデアやアプローチを提供するように努めました。私たちは、リリースごとに、ドロップのさまざまな方法を開拓し、トランザクション的でないエキサイティングな体験を構築することに注力しました。メタバース・ギャラリーでの宝探しや、メタバース・オークションなどです。


もうひとつの焦点は、コミュニティに価値を提供し、プロジェクトに実用性を持たせることに重点を置いたことです。私たちは、景品を提供したり、ホルダー限定の商品を作ったり、ステーキング・プログラムを開発したりしました。これらの多くは、今では標準的なものと考えられていますが、昨年はAlgorand NFTの中では一般的ではありませんでした。



Q5:アル・ゴアンナを保有するメリットは何ですか?また、コミュニティ戦略はあるのでしょうか?


ゴアンナを保有すると、私たちの保有者コミュニティにアクセスすることができます。私たちはエコシステム内で本当に影響力のある人たちからなる本当に強力なコミュニティを持っています。私たちのディスコードはとても活発で、そこから生まれるアイデアや関係は、多くのメンバーにとってかけがえのないものです。


仮想脱出部屋、直接のミートアップ、景品、商品など、たくさんのコミュニティ活動があります。


また、ゴアンナを保有することでNFTを獲得できるステーキング・プログラムも実施してきました。最近では、スナップショット/エアドロップ・モデルに移行し、メンバーに報酬を与えています。


また、Goanna DAO の開発の初期段階にもあります。現在、私たちはSub-DAOと呼ばれるものを作っています。これは、コミュニティが一緒になって、特定の結果を達成するためにリソースをプールする単一目的のDAOです。私たちは、集団として迅速に相当な資金を調達し、その後、ターゲットを絞った投資を行うことができることを示しました。



Q6: アル・ゴアンナには植樹基金があり、最近GARDと協力関係を築きました。この基金について、少し紹介していただけますか?環境保護に取り組む動機は何ですか?また、コミュニティはどのようにその一翼を担うことができるのでしょうか?


このプロジェクトに環境要素を取り入れたのは、アルゴランドのカーボン・マイナス・アプローチからヒントを得たものです。当時、NFTは環境にダメージを与えるというイメージが強かったのですが、必ずしもそうではなく、社会にプラスの影響を与えるために利用できることを示したかったのです。


昨年のシリーズ発表時には、植樹に焦点を当て、12月までにここオーストラリアで目標としていた4万本以上の植樹を行いました。


そして、アルゴランド初のインパクト専用ファンド「Goanna Tree Planting Fund」を設立しました。これは、私とKavitha Palaniのパートナーシップによるものです。NFTの販売、パートナーシップ、コラボレーションを通じて、アルゴを調達しています。この資金は、ガバナンスと低リスクの金融商品を通じて投資され、利回りを生み出します。四半期ごとに利回りと資金の5%を回収し、世界中の植林プロジェクトに直接資金を提供します。


現在、第1四半期以降のプロジェクトの資金調達が完了したところで、10万本以上の植林に取り組む予定です。


このような革新的なアプローチにより、ファンドは、支援するプロジェクトとファンド自身の寿命の両面で、真に持続可能なものとなっています。



Q7: アル・ゴアンナのロードマップには、NFTステーキング、ビデオゲーム、3Dメタバース・インターフェース、ガバナンス、そしてゴアンナDAOも含まれています。現在の進捗はどうですか?今後6ヶ月でコミュニティが期待できることは何ですか?


現在、私たちの焦点は、今後数ヶ月でローンチ予定のV2シリーズ、Zombies Vs Mutants(ゾンビ対ミュータント)の制作にあります。このシリーズには5555個のNFTが登場するので、私たちのコミュニティの規模を拡大することができます。また、オリジナルのアル・ゴアンナを持っている人は、自分のゴアンナのミュータント版やゾンビ版を作ることができ、とてもエキサイティングです。その分、シリーズの難易度は上がっていますが、やりがいは感じています。


シリーズをリリースした後は、2つの派閥の間で、オンラインとリアルの両方で、さまざまなバトルやイベントという形で行われる、楽しいゲーミフィケーションを導入する予定です。各派閥は独自のトレジャリーを持つので、それぞれのDAOのために賞品を獲得する機会もあります。


また、親団体であるGoanna DAOを正式に設立し、コミュニティがプロジェクトのオーナーシップを高め、コミュニティ・イベントの多くを監督し、集団投資の管理を継続する予定です。


The Tree Planting Fundでは、100万Algosを超える運用資産を達成し、より大きなインパクトを与えるためにファンドを成長させ続けることが目標です。



Q8: Algorandエコシステムへの参加を検討している新しいプロジェクトに対して、何かアドバイスはありますか?


Algorandは、プロジェクトを立ち上げるには素晴らしい場所だと思います。プロジェクトが非常に作りやすく、コストが低いだけでなく、Algorand内には本当に強いコミュニティがあります。今後12ヶ月の間に、このエコシステムが大きく成長し続けることを確信しています。


NFTプロジェクトを立ち上げようとしている人たちは、創造的なイノベーションに焦点を当てるべきだと思います。私たちは、NFTの可能性と、それに関連するコミュニティのパワーを探求し始めたばかりなのです。ですから、クリエイティブな面でも技術的な面でも、またNFTの有用性をどのように開発するかという面でも、可能性の限界を押し広げるようなイノベーションを起こすことを奨励します。



>Twitterスペースのアーカイブ