アフガニスタンの電子決済ソリューション「HesabPay」が、助成金を受けてアルゴランド・ブロックチェーンへの移行に成功



アフガニスタンの電子決済ソリューション「HesabPay」、助成金を受けてアルゴランド・ブロックチェーンへの移行に成功


HesabPayはアルゴランド・ブロックチェーンを利用し、アフガニスタンの人道的危機に対処するために毎日6千件の取引を促進



2022年9月21日、シンガポール -- チューリング賞受賞者でMIT教授のシルビオ・ミカリが発明したカーボン・ネガティブなレイヤー1ブロックチェーンであるアルゴランドのエコシステムを強化することをミッションとするアルゴランド財団は、アフガニスタンの電子決済ソリューションHesabPayがそのプラットフォームへの移行に成功したと発表しました。HesabPayの移行は、財団の助成金プログラムを通じて行われ、毎日約6,000件の取引を活性化し、決済へのアクセスを切実に必要としている数万人のアフガニスタン人、特に女性に影響を与えると期待されています。


アルゴランド・ブロックチェーンを決済レイヤーとして活用するHesabPayのユーザーは、4秒以内に決済されるほぼゼロコストの取引を可能にするPure Proof-of-Stake (PPoS) コンセンサス・メカニズムの恩恵を受けることができます。これにより、HesabPayが国際的な支援団体とアフガニスタンの市民をつなぐ際の容易さと効率性が高まると期待されています。


「アフガニスタンの流動性は、銀行部門の麻痺、資産の凍結、紙幣の不足によって大幅に制限されています。hesabpayに高速で信頼性が高く、費用対効果の高い決済レイヤーを装備することは、国際支援を最も必要とする人々の手に届けるために非常に重要です」。

- アルゴランド財団のインパクト&インクルージョン担当ディレクター、マット・ケラー



アフガニスタンでは人口の6%しか銀行口座を持たない一方で、2,700万台の携帯電話が使用されており、そのうちの900万台以上がスマートフォンです。HesabPayは、アフガニスタン全土の400の地区と34の州において、10以上の人道支援団体に利用され、緊急に必要としている受益者に直接資金を送るために利用されています。これには、バドギスとファリャブの最も遠隔地にある5,000世帯以上の女性世帯を支援するプログラムも含まれています。


アフガニスタンの人口の98%は貧困ライン以下にあり、国際軍に付随する出費はなくなり、干ばつと世界の食糧価格の高騰で多くの人に飢餓が迫っています。アルゴランド財団は、ブロックチェーン技術の力を応用し、卓越したセキュリティで効率的に資金援助を分配することで、苦しみを軽減するという私たちの情熱とコミットメントに共感しています」。

- HesabPayのクリエイター、Sanzar Kakar


HesabPayのStellarからAlgorandへの移行は完了しました。



アルゴランド財団


アルゴランド・ブロックチェーンは、MIT教授でチューリング賞受賞者の暗号学者シルビオ・ミカリによって設計され、国境なき世界経済の約束を実現することができるユニークなものです。従来の金融のスピードに匹敵する取引スループットを達成しながら、即時決済、ほぼゼロの取引コスト、そして24時間365日体制での取引を実現します。カーボン・ニュートラルなプラットフォームと独自のピュア・プルーフ・オブ・ステーク(PPoS)コンセンサス・メカニズムは、分散型プロトコル上でセキュリティとスケーラビリティの両方を実現し、2019年の稼働以来1秒のダウンタイムもなく、「ブロックチェーンのトリレンマ」を解決しています。


アルゴランド財団は、アルゴランド・ブロックチェーンの健全な通貨供給経済、分散型ガバナンス、健全で繁栄したオープンソース・エコシステムに責任を持ち、その世界的約束を果たすための支援に取り組んでいます。詳細については、https://algorand.foundation をご覧ください。



HESABPAY


HesabPayはアフガニスタン初の相互運用可能な電子決済ソリューションで、アフガニスタン決済システム(APS)、商業銀行、モバイル・ネットワーク事業者と連携し、日々の取引を処理しています。HesabPayは、資金移動、請求書払い、寄付、e-taxation、給与支払いなどを可能にし、決済をよりシンプルで効率的なものにします。


Android、iOS、Webで、英語、パシュトゥー語、ダリー語で利用可能です。



元記事:https://www.algorand.foundation/news/hesabpay