アルゴランドとISDA:資産のトークン化とプログラマティック・マネーによる効率と市場機会



昨年、アルゴランドと国際スワップ・デリバティブズ協会(ISDA)は、アルゴランド・ブロックチェーンを使用してISDA Common Domain Model(CDM)の実装を強化する新しい方法を模索し始めました。それ以来、アルゴランドは、アルゴランド標準資産(ASA)やレイヤー1 TEALスマートコントラクト(ASC1)などのいくつかの新機能を開発しており、これらはISDA CDMユーザーがアルゴランド・ブロックチェーンでCDMの革新的なアプリケーションを作成するのに大きく役立ちます。


この記事では、この作業によって促進されると予想されるエキサイティングなユースケースのいくつかについて説明するだけでなく、その運用効率と、資産トークン化およびプログラマティック・マネーに関するアルゴランドの機能の活用により生まれる金融機関の新しい市場機会についても説明します。



確認:CDMとは?


ISDA CDMは、金融デリバティブ契約、プロセス、および計算の特性と規制面を機械アクセス可能な構造化言語に変換する高度なデータモデルです。デリバティブ契約のすべての機能と詳細は、ISDA CDMオブジェクトに形式化できます。


金融機関は通常、金融イベントと商品に独自の表現を使用するため、企業間の相互運用性は非常に非効率的です。逆に、契約の標準化された表現により、金融機関はスケーラブルな自動化ソリューションを開発できます。


CDMオブジェクトから、開発者はデータの保存と転送に適したシリアル化されたデジタル・ドキュメントを取得できます。この出力は、JSONなどのさまざまな形式で保存でき、相互運用性と効率が大幅に向上した自動プロセス内に統合できます。


ISDA CDMモデルの詳細については、ISDA Webサイトを参照してください。



確認:ASAとASC1とは?


ASAは、アルゴランド・ブロックチェーンでの資産トークン化のための非常に強力で安全なツールです。ASAは、チェーン上のあらゆるタイプの資産を表す標準化されたレイヤー1メカニズムを提供すると同時に、ビジネス、コンプライアンス、および規制の要件について、発行者およびマネージャーに柔軟な資産管理機能を提供します。


ASC1は、チェーンのレイヤー1に直接実装されたアルゴランドのスマートコントラクトです。これらは、カスタムルールとロジックを自動的に適用するように設計された、非常に安全で、高速、かつ使いやすいスマートコントラクトです。ASC1は、既存の非効率的で複雑な金融取引に対処する革新的な方法を可能にすることができる取引ベースのアクションの実装に特に適しています。



ユースケース1:アルゴランド・ブロックチェーンをCDMデータ・バリデータとして使用


概要


アルゴランドとCDMを組み合わせる強力な方法の1つは、アルゴランド・ブロックチェーンをCDMデータ検証ツールとして活用することです。アルゴランド・ブロックチェーンとISDA CDMプロトコルは、独立した財務データベースを持つ機関が情報の一貫性と正確さを検証するために使用でき、同時に取引履歴と取引参加者の保有に関するプライバシーを保護します。


全体として、このタイプのISDA CDMモデルとアルゴランド・ブロックチェーンの統合により、特定の機関の内部およびシステム全体の外部の両方で、金融システムのインフラストラクチャの複雑さが軽減され、個々の機関のプラットフォームおよびデータベース間の通信が容易になります。


実装


この方法でアルゴランドを使用することは非常に簡単ですが、非常に強力です。これを行うために、金融機関は契約を表すCDMオブジェクトのJSONファイルを取得し、ファイルのハッシュをアルゴランド・トランザクションのnotesフィールドに追加することにより、アルゴランド・ブロックチェーンにコミットします。


機関は、オブジェクトをブロックチェーンにコミットしたアルゴランド・トランザクションIDとともにCDMオブジェクトをデータベースに格納できるようになりました。アルゴランド・ブロックチェーンの不変性により、今後この契約に関連する情報の有効性が保証されると確信しています。


契約が再度取引されると、この機関または新しいトランザクションに関与する当事者は、CDMオブジェクトのJSONファイルによって生成された疑似ランダムハッシュが、トランザクションIDで識別されるアルゴランド・ブロックチェーン・トランザクションのハッシュと一致することを確認するだけで、機関によって提示されたCDMオブジェクトの有効性を示すことができます。


このアプローチは、バークレイズのDerivHack 2019ハッカソンで概念実証としてすでに実装されています。この別の記事で説明されているように、この実装は今年のニューヨーク・ハッカソンのエディションを獲得しました。


このアプローチの利点


このシステムにより、取引相手間での取引情報の調整が容易になります。さらに、このアプローチにより、CDMオブジェクトのハッシュ以外に、機密情報を外部の関係者や規制当局と共有する必要がなくなります。最後に、機関はソリューションの利点を十分に享受するために現在のデータベースシステムを変更する必要はありません。



ユースケース2:アルゴランド・アセットとスマートコントラクトをCDMマネージャーとして使用


概要


さらに、ASAとASC1には、CDM JSONファイル出力を直接使用する可能性もあります。これにより、CDMユーザーは、プログラムによってデリバティブ契約の機能を管理および実行できます。以下で説明するように、これは、契約機能をASC1に直接エンコードして、契約のプログラムによる実行を生成することによって実現できます。


ISDA CDMモデルとアルゴランドASAおよびASC1の統合により、ISDA CDMとすべての基本的な規制に完全に準拠して、デリバティブおよびその他の金融商品のポートフォリオ管理の複雑さを大幅に軽減できる可能性があります。これにより、スピードと正確さをあきらめることなく、金融契約の管理と実行に必要なコストを削減できます。


実装


CDMオブジェクトから契約の特性と運用ルールに関する情報を抽出した後、金融機関はこの情報をASAとASC1の機能を組み合わせたスマートコントラクトにエンコードできます。このスマートコントラクトは、アルゴランド・ブロックチェーンでCDM機能のトラストレスな実行を自動的に実装します。


例として、CDM RosettaCoreオンライン・チュートリアルで提供されているような金利スワップ契約を考えてみましょう。この契約では、2つの当事者が、参照名目上の固定金利の支払いと変動金利の支払いを交換することに同意しています。


このスワップ契約のCDMによって提供される複数のクラスの情報の中には、次の4つの項目があります。


  • 2つの当事者のID。2つのアルゴランド・ウォレットIDにリンクできます。

  • 基礎となる概念とその単位(この例ではユーロ)。

  • スワップの固定レートと参照フロート(例ではEURIBOR)レート。

  • スワップが決済される日付(例では6か月)。


この情報は、スワップの定期的な決済に使用されるユーロのASA表現を作成するのに十分です。ASC1は、2人の当事者が選択した外部オラクルから6か月ごとにEURIBOR見積もりに関する情報を自動的に取得し、2つの利息の支払いの差を計算するために使用されます。次に、ASAは2つの当事者のウォレット間でネット転送を実行して、スワップを決済します。


このアプローチの利点


このシステムにより、金融機関は自動化されたスケーラブルなソリューションを実装し、複雑なプロセスを迅速かつ正確に管理できます。アルゴランド・ブロックチェーンでCDMベースの金融デリバティブをプログラムで管理することで、契約に必要なトランザクションの即時決済を保証しながら、実行のコストとリスクを削減できます。金融機関は、あらゆるデリバティブに対して同様の操作を簡単に実行するための一連のツールを開発できるようになります。



ユースケース3:CDMコードジェネレーターとしてのアルゴランドASAとASC1の使用


概要


さらに将来を見据えて、アルゴランド・のアセットとコントラクトを使用してCDMオブジェクトを直接生成する可能性もあります。将来の開発が必要ですが、このタイプのアプリケーションは、アルゴランド・ブロックチェーンを他のプロジェクトと統合することでエコシステム全体にもたらすことができる潜在的な経済的利益を完全に例示します。


ASAは、アルゴランド・ブロックチェーン上のあらゆる種類のアセットをトークン化して表すために使用できます。私たちは、コミュニティがASAを使用してチェーン・デリバティブを作成することを想定しています。これは、分散型の形式で、専門の取引所または店頭で取引できます。 ASAデリバティブは、これらの金融契約の非デジタル版と同じ契約条件を埋め込みます。ASA定義をCDMモデルに統合して、ブロックチェーンで直接格納および使用するCDMオブジェクトをプログラムで生成できます。


このアプリケーションの利点は、ASAのフォーマル化、およびオンチェーンとオフチェーンの両方の金融機関間のそれらの取引可能性を促進することです。


実装


このタスクは、APIを介して通常どおりCDMロゼッタDSLに接続されたアルゴランド(Python、Java、Goなど)によってサポートされるプログラミング言語でSDKを実装することで実現できます。これにより、ロゼッタDSL構文が特定の構文にマップされます。選択したプログラミング言語。JSON形式とは異なる場合があります。


SDKツールキットは2つの目標を達成します。


  1. これにより、ASAの機能を分析し、正しいISDA CDM文法に分解できます。

  2. これは、Rosetta DSLシステムですでに実装可能なコードジェネレータ・パッケージを提供し、Rosetta DSLからプログラミング言語構文に変換します。


この出力は、上記の使用例の入力になります。



このアプローチの利点


このタイプのツールキットは、ASAユーザーによるISDA CDMの採用に必要な技術標準の実装を大幅に簡素化します。すべてのASAユーザーは、臨時または小規模ユーザーであっても、大規模な金融機関のみが通常負担できる複雑な財務分析およびソフトウェア・エンジニアリングの実装コストを負担することなく、明確に定義されたCDM表現でASAを作成できます。



まとめ


アルゴランド・ブロックチェーンの新機能の絶え間ない開発により、複数セクターのビジネス向けの新しいアプリケーションとソリューションの作成が容易になります。


この記事では、アルゴランドとISDAによる作業と、ASAやASC1などの機能がISDA CDMの使用をサポートし、金融セクター全体に利益をもたらす方法について説明しました。ただし、これはアルゴランドのユーザーが取り組んでいる多くのエキサイティングなユースケースのほんの一例です。今後の記事では、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の作成から始めて、ASAが他の関連する金融のユースケースをどのように解決できるかに焦点を当てます。乞うご期待!



アルゴランド・チームへのお問い合わせはこちらから