Cudoがアルゴランド財団助成金の最新の受賞者に


Cudoがアルゴランド財団助成金の最新の受賞者に


2020年11月4日 - アルゴランド財団が今年初めに助成金プログラムを開始して以来、世界中の多くの開発者やイノベーターが参加を熱望してきました。徹底的な審査と選考の結果、Cudoがアルゴランド財団の助成金の最新の受賞者となったことを発表できることを嬉しく思います。


分散コンピューティング・プラットフォームであるCudoは、世界のコンピューティング・パワーをより良く利用するというビジョンのもと、145カ国以上において企業や個人に利用されていますが、このたびCUDOS Validator Network (CVN)を開始しました。CVNは、オンチェーンとオフチェーンのリソースを橋渡しし、スマートコントラクト、DeFi、インターネットに電力を供給する、分散化されたレイヤー2オラクルを提供します。完全に暗号化されたレイヤー2ネットワークと、基礎となるCudoプラットフォーム上の20,000以上のデイリー・アクティブ・ノードにより、CVNはブロックチェーン開発者に、レイヤー1ブロックチェーン・プロトコル上で直接実行するコストの何分の1かのコストで、高度にスケーラブルな計算リソースへのアクセスを提供します。


アルゴランドはCudoおよびCVNと提携し、アルゴランドの開発者コミュニティにチューリング完全計算を提供するサービスを構築しています。特定のブロックチェーン用のアプリケーション・サービスを構築する開発者は、不変性のためにオンチェーンに保存する必要のあるデータのみをプッシュするスマートコントラクトで、Cudo Computeのリソースを消費することができます。


ALGOをペイアウト・トークンとしてオプション設定することで、誰もがCudoソフトウェアを使用してCudo computeを運営したりALGOを獲得するためにマイニングすることができます。


CVN内の重要なユーティリティとして、CUDOSトークンはネットワークに参加したいバリデータに約10%のステーク報酬を提供します。CVNやCUDOSトークンの販売についての詳細をお知りになりたい方は、token@CUDOS.org までご連絡ください。


アルゴランド財団のCEOであるショーン・リーは、「CUDOの助成金申請を支援できることを嬉しく思います。CUDOのスマートコントラクトのイノベーションを活用することで、アルゴランド上にアプリケーションを構築しようとしているブロックチェーン開発者を惹きつけることができるでしょう。」


Cudoの創設者兼CEOであるマット・ホーキンスは、「アルゴランド財団とのコラボレーションと、アルゴランドのエコシステムに加わる機会を非常に嬉しく思います」と付け加えています。「私たちの開発パートナーシップの第一段階として、ALGOを私たちのプラットフォームに追加することで、Cudoプラットフォーム上の15万人以上の既存のユーザーに、今後2~3年以内にトップ5の暗号通貨になると信じているものを獲得する方法を提供することができます。また、支払いオプションとしてALGOを提供している分散コンピューティング・プラットフォームは他にはありません。 」


アルゴランド財団は、アルゴランド財団助成金プログラムを通じてこのプロジェクトを支援できることを誇りに思っています。Cudoの詳細については、彼らのウェブサイトをご覧ください。アルゴランド財団の助成金プログラムからの支援のためにプロジェクトを提出することに興味がある場合は、こちらから申請してください。


元記事:https://algorand.foundation/cudo-grant