暗号通貨決済対応のためにBleumiがアルゴランドを選んだ理由



暗号通貨決済対応のためにBleumiがアルゴランドを選んだ理由



アルゴランドは、1秒間に1,000件以上のトランザクション(tps)を瞬時に完了させることができる最速のパブリック・ブロックチェーンの1つです。また、MIT教授のSilvio Micali氏が設立したこのブロックチェーンは、ブロック・パイプライン(block pipelining)と呼ばれる機能を導入することで、tpsの数値を45,000以上に引き上げる予定です。これにより、アルゴランドは暗号通貨決済のプラットフォームとしての地位を維持することができます。


大手フィンテック企業は、ボーダレスで安全かつ摩擦のない決済インフラを構築するために、すでにアルゴランドを自社の決済レールに統合しています。


最近の例では、暗号通貨と伝統的な通貨を組み合わせた世界初の決済プラットフォームであるBleumiがあり、アルゴランドは決済とペイアウトのために統合されています。



Bleumi Payとは?


Bleumi Payは、Eコマース向けのノン・カストディアルの暗号通貨決済プラットフォームです。このプラットフォームは、ボストンを拠点とするBleumiによって運営されており、企業がシームレスな決済システムの恩恵を受けることができます。


アルゴランドとの統合により、Bleumi Payは前例のないレベルのパフォーマンスを実現し、アルゴランドのネイティブトークンであるALGO、あらゆるアルゴランド標準アセット(ASA)、そしてアルゴランド上に構築された将来の中央銀行デジタル通貨(CBDC)へのサポートを提供します。このプラットフォームは、マイクロトランザクションを含む、これらのアセットを使った決済とペイアウトのオペレーションをシームレスに処理することができます。


Bleumi Payのおかげで、アルゴランド・ベースのアセットは、あらゆる規模のビジネスに統合され、安全かつ便利に決済やペイアウトを実行することができます。




https://bleumi.com/pay/


Bleumi Pay on Algorandは、WooCommerce、Adobe Magento、OpenCart、ZenCart、DrupalCommerce、OsCommerceなどのeCommerceプラグインによる決済をサポートするようになりました。事業者はプラグインをダウンロードするだけで、暗号通貨による決済の受付を開始することができます。Bleumi Payは、API(Application Programming Interface)、SDK(Software Development Kit)、POS(Point of Sale)のいずれかに設定することができます。


ペイアウト機能は、スタッフ、契約者、サービス・プロバイダー、ライセンシー、ロイヤリティ保有者などへの暗号通貨決済の送信に使用できます。


アルゴランドのCOOであるW. Sean Fordは以前、Bleumi Payについて、「企業と消費者がより早く、より効率的に交流する機会を提供する、簡素化された決済ソリューション」を提供すると説明しています。



Bleumiがアルゴランドを選択


Bleumiは、暗号通貨決済ソリューションの主要なブロックチェーン・インフラとしてアルゴランドを選択しましたが、その理由は主にブロックチェーンのスピードと高いスループットにあります。


BleumiのCEO兼共同設立者であるThomas Arulはアルゴランドについて次のようにコメントしています。


「彼らのプロトコルは、他の競合ネットワークと比較して、わずかなコストで前例のないレベルのパフォーマンスとスピードを提供しており、これは日常的な決済やペイアウトのユースケースには不可欠です。」


Arulは、2019年にボストンでアルゴランド初のアンバサダーとなり、アルゴランドと接触していたといいます。その結果、彼はこのネットワークの可能性を身をもって体験していました。それでも、Bleumiを開発する際、グローバルなリーチを考慮してイーサリアムに着目しましたが、やがてB2CやB2Bの決済では高い取引手数料が意味をなさないことに気づきました。


例えば、200ドルの取引に最大30ドルのガス料金がかかるのは、決済システムとしては成り立ちません。また、イーサリアムのブロック確認時間の遅さも問題となりました。最終的には、低コスト、高速、そして比類のないセキュリティを備えたアルゴランドがより優れたプラットフォームとなりました。


アルゴランドとのコラボレーションの素晴らしい点は、Bleumiがアルゴランドのコアチームと緊密に連絡を取り合い、経営陣、マーケティングチーム、エンジニアリングチームなど、多くのサポートを提供してくれたことです。


Bleumiの経営コンサルタントであるMike Wiseは、アルゴランドのエンジニアリングチームがBleumiのオーケストレーション・プラットフォームの設計に役立ったと強調しています。


Bleumiの目標は、暗号通貨決済プロセスを簡素化することであり、アルゴランドは今のところ、これを実現するための最高のプロトコルです。Bleumiは、ALGOの決済を統合するだけでなく、アルゴランドがUSDCとUSDTという2つの主要なドル建てステーブルコインをサポートしていることも利点です。



Caffe Barbera、アルゴランドとBleumi Payを活用した決済を実現


Bleumiとアルゴランドのパートナーシップは、すでに顧客を満足させています。3月末、世界最大級のコーヒー・サプライヤーであるイタリアのCaffè Barberaは、Bleumi Payを統合し、アルゴランドの高性能ブロックチェーン・プロトコルを活用しています。


昨年の夏、同社はヨーロッパ初のコーヒー生産者として、自社のeコマースサイトでの暗号通貨決済を可能にしました。同ブランドはまず、消費者向けコーヒー製品のすべてについて、BTC、ETH、XRPでの決済を受け付けました。


現在では、アルゴランドとの提携により、Caffè BarberaはALGO、USDT、USDC、BUSD、BNB、DAI、LTC、BCH、XLM、TXZでの決済も受け付けています。




世界60カ国以上に展開する同社は、約150年の歴史を持つ伝統的なブランドでありながら、イノベーションに前向きです。興味深いことに、Caffè Barberaは今でも創業家の子孫が所有しています。


6代目のElio Barberaは、次のように述べています。


「今年の初め、私たちはもっとやりたい、もっと提供したいと考え、一人ではできないと思い、パートナーを探し始めました。アルゴランドを見つけ、そのチームとミッションに非常に感銘を受けました。」


アルゴランドのプロトコルは、複数の当事者が相互に安全な決済を行い、最小限の取引手数料で即座に取引を決済することを可能にします。そのため、個人や企業は、分散化された安全でスケーラブルな方法で、暗号通貨の決済を送受信することができます。


Caffè Barberaは、企業間の取引にもBleumi Payを使用する予定です。販売店から直接、暗号通貨決済を受け付ける予定です。


Barberaは、次のように付け加えています。


「当社はデジタル・トランスフォーメーションに取り組んでおり、ブロックチェーン技術には大きな可能性があると考えています。デジタル通貨への移行は、ある意味で必然とも言えます。これにより、効率性、俊敏性、そして金融包摂の拡大など、明らかなメリットがもたらされるでしょう。」

また、コーヒーのような伝統的な分野でも、今後10年で、暗号通貨はオンラインのB2Cや国際的なB2Bの販売を変革するだろうと述べました。


アルゴランドとの提携を記念して、Caffè Barberaはすべてのお客様に限定プロモーションを提供しています。ALGOで商品代金をお支払いいただいた方には、ご購入金額から20%の割引をします。



元記事:https://www.algorand.com/resources/blog/why-bleumi-chose-algorand-to-power-crypto-payments