マルチチェーンの世界でAlgorandのState Proofsが必要とされる理由



マルチチェーンの世界でAlgorandのState Proofsが必要とされる理由


ブリッジについて話すとき、答えなければならない重要な質問は、ブロックチェーンAがブロックチェーンBの状態、つまり隣の街で何が起こっているかをどうやって知るかということです。


これを実現するには、信頼と分散化の観点からさまざまなモデルがあります。一方の端にある最も中央集権的なモデルは、オフチェーン・サーバーが各ブロックチェーンから聞き取りをし、ブロックチェーンBで何が起こっているかをブロックチェーンAに伝えるだけ、またはその逆を行うというものです。その中間には、バリデータの分散型ネットワークが接続し、ネットワーク間で情報を転送するモデルがあります。最後に、もう一方の端には、サーバーもネットワークも仲介者がいないソリューションがあります。しかし、これはどのように実現するのでしょうか。


この問題を解決し、トラストレス・ブリッジを実現するために、AlgorandはState Proofs(状態証明)と呼ばれる技術を開発しました。ブロックチェーン自身が、暗号的に証明可能な状態の小片を作成し、それを別のブロックチェーンに転送して検証することで、現在の状態(State)を報告することができるのです。


もちろん、トレードオフがないものはありません。したがって、最も中央集権的なブリッジでさえ時間と場所があるかもしれませんが、State Proofsのようなテクノロジーを採用することで、ブロックチェーンをまたいだトラストレスなトランザクションの可能性が広がり、ブロックチェーンの状態をブロックチェーン自身以外が証明する必要がなくなります。


2022年のパーミッションレス・カンファレンスで、Algorandの製品管理ディレクターであるRotem Hemoは、「Accelerating Cross-Chain DeFi with Post-Quantum Security(ポスト量子セキュリティとともにクロスチェーンDeFiを加速)」というパネルで講演し、システムがハッキングされたときにState Proofsがいかに助けることができるかを議論しました。上記動画をご覧ください。



元記事:https://medium.com/algorand/why-algorands-state-proofs-are-needed-in-a-multi-chain-world-31f03848d251