Wholechain、サプライチェーンの可視性を向上させる新たなブロックチェーン・プロバイダーとしてアルゴランドを選定



Wholechain、サプライチェーンの可視性を向上させる新たなブロックチェーン・プロバイダーとしてアルゴランドを選定


ダウンタイム、フォーク、カーボン・フットプリントがゼロのブロックチェーンを持つことで、政府、非営利団体、世界有数のブランドにサービスを提供するWholechainの能力が向上


シンガポールおよびミシガン州ブルームフィールドヒルズ、2022年9月8日 /PRNewswire/ --断片化したサプライチェーンにおける信頼、調整、透明性を実現するために構築されたブロックチェーン・ベースのトレーサビリティ・ソリューションのWholechainは本日、チューリング賞受賞者でMIT教授のシルビオ・ミカリが発明したカーボン・ネガティブなレイヤー1ブロックチェーンであるアルゴランド・エコシステムを拡大することをミッションとするアルゴランド財団と提携することを発表しました。


現在、多くのサプライチェーン・オペレーションは、業界の縦割りで不透明なままです。MIT Sloanの調査によると、81%の企業がサプライチェーンを完全に可視化できておらず、54%は全く可視化できていないことが分かっています。消費者、小売業者、監査人は、持続可能で倫理的、かつ責任ある調達に関する主張を容易に検証することができません。94%の消費者は、サプライチェーンの透明性を提供するブランドに対して忠誠を誓う可能性が高いと言われています。流通業者にとって、サプライチェーンの管理は依然として困難でコストがかかります。国連食糧農業機関(FAO)は、北米における食品廃棄物の40%はサプライチェーンが原因であると報告しています。


Wholechainとアルゴランドは、ブロックチェーンに関連する歴史的な二酸化炭素排出量を伴わないブロックチェーン対応トレーサビリティによって、このギャップに踏み込んでいます。このソリューションにより、企業は製品を原産地まで追跡し、その過程のすべてのステップを可視化し、製品に関する主張を検証することができます。今回の提携により、アルゴランドは、ユーザーエクスペリエンスの向上を特徴とするWholechainのアップデート版(バージョン4)のデフォルト・ブロックチェーンとして採用される予定です。


Wholechainの共同創設者であるJayson Berryhillは、「Wholechainと当社の顧客にとって、拡張性、信頼性、安全性が高く、二酸化炭素排出量を最小限に抑えたブロックチェーンと提携することは非常に重要です」と述べています。「私たちの最新リリースのための前進的なパートナーとしてアルゴランドを選択することは、当然のことでした。技術的な優位性だけでなく、アルゴランドが環境に対する責任を果たしているという事実が、その選択を明確なものにしました。アルゴランド財団のパートナーシップと協力に感謝し、私たちはグローバル・サプライチェーンのために提供する革新的なロードマップに興奮しています」


「パンデミックが明確に示したように、世界は十分に機能する効率的なサプライチェーンを切実に必要としているので、我々はWholechainのミッションに情熱を持っています」とアルゴランド財団のインパクト&インクルージョン・ディレクターのマット・ケラーは述べました。「私たちは、主要な人道支援団体、大手消費者ブランド、小規模農家を含むすべての人が、農産物のサプライチェーンを上下に追跡できるようになる日を心待ちにしています」


Wholechainのチームは、9月上旬から既存の顧客を新バージョンに移行させる予定です。Wholechainは、EPCISなどのGS1データ標準や、Global Dialogue on Seafood Traceabilityなどの業界標準を満たしており、サプライチェーン全体でエンドツーエンドのデータ共有を可能にします。また、顧客の企業内で統合するための堅牢なAPIも追加されました。



アルゴランド財団


MIT教授でチューリング賞を受賞した暗号学者シルビオ・ミカリが設計したアルゴランド・ブロックチェーンは、国境なき世界経済の約束を実現するユニークな機能を備えています。従来の金融のスピードに匹敵する取引スループットを達成しながら、即時決済、ほぼゼロの取引コスト、そして24時間365日体制での取引を実現します。そのカーボン・ニュートラルなプラットフォームと独自のピュア・プルーフ・オブ・ステーク(PPoS)コンセンサス・メカニズムは、分散型プロトコル上でセキュリティとスケーラビリティの両方を実現し、2019年の稼働以来1秒のダウンタイムもなく、「ブロックチェーンのトリレンマ」を解決しています。


アルゴランド財団は、アルゴランド・ブロックチェーンの健全な通貨供給経済、分散型ガバナンス、健全で繁栄したオープンソース・エコシステムに責任を持ち、その世界的約束を果たすための支援に取り組んでいます。詳細については、https://algorand.foundation をご覧ください。



Wholechain


Wholechainは、断片化したサプライチェーンにおける信頼性、調整、透明性を実現するために構築されたブロックチェーン・ベースのトレーサビリティ・ソリューションです。Wholechainは商品間で機能するため、企業はリスクを管理し効率を高めることができ、消費者はより責任ある決定を下すことができます。Wholechainは、GS1のシーフード業界ブロックチェーン相互運用性POCを含む、相互運用性に関する多数の業界イニシアティブに参加しており、スタンフォードのサプライチェーン・イノベーションのためのFish 2.0 Competitionの勝者であり、FDAのNew Era of Smarter Food Safety Food Traceability Challengeの勝者でもあります。詳しくはWholechain.comをご覧ください。



元記事:https://www.prnewswire.com/news-releases/wholechain-selects-algorand-as-new-blockchain-provider-to-improve-supply-chain-visibility-301620319.html