https://medium.com/feed/milkomeda%E6%97%A5%E6%9C%AC
 

週刊アルゴランド・ジャパン Vol.58【2022年6月2日発行】



週刊アルゴランド・ジャパン Vol. 58

【2022年6月9日発行】


米国MIT発パブリック・ブロックチェーン「アルゴランド(Algorand)」の最新情報プラスαを毎週木曜日にお届けします。皆様からの協業・提携、助成金申請、イベント共催などの各種ご提案も絶賛受付中!お気軽にお問い合わせください。


【目次】

1.注目ニュース (1)アルゴランド年次総会イベント「Decipher」11月29日〜12月1日ドバイ開催決定! (2)パートナーシップ:Nimble - 非中央集権的かつ民主化されたリスク保険プロトコル (3)Keon Foundation、規制対象のDeFi資産管理エコシステムのレイヤー1ソリューションとしてAlgorandを選択

2.助成金/資金提供ニュース (1)Greenhouse Hackシリーズ

3.パートナー・ニュース (1)「.algo」NFDomainsサービス開始 (2)AlgoDAO - リバース・ハッカソン・オファリング(RHO) (3)EXA Financeプロトコルの紹介

4.イベント案内 (1)Algorand、AVMワールドツアー第1回、オースティンで開催 (2)ジャパン・アクセラレータ

5.開発者向け情報

6.日本コミュニティ (1)各種SNS情報 (2)日本発プロジェクト

7.注目コンテンツ


【はじめに】

11頭の牛を3人兄弟が相続することになりました。遺言書には、長男が2分の1、次男が3分の1、三男が4分の1を相続するようにと書かれていました。でもこれではどうやっても割り切れません。さてどうするか?

そこへ山奥から白髪の爺さんが現れ、「わしの牛を一頭貸してやろう」と言いました。すると合計で12頭となり、長男が6頭、次男が4頭、三男が3頭を相続することができました。喜んだ三兄弟は、残りの一頭をそれを貸してくれた爺さんに御礼の言葉とともに返しました。一件落着。

これが本当に一件落着なのかどうか?意見は分かれるとは思いますが、本人たちが納得したのであれば一件落着には違いありません。数字のマジックと言うか、貸し借りのマジックと言うか、いずれにせよ問題解決になっています。

このようなソリューションをWeb3の世界に取り込んでいくと、面白い世の中になっていくかもしれません。



>今週のメルマガ全文はこちら



https://www.getrevue.co/profile/Algorand-Japan/issues/vol-58-2022-6-9-1206536