週刊アルゴランド・ジャパン Vol. 55 【2022年5月19日発行】



週刊アルゴランド・ジャパン Vol. 55

【2022年5月19日発行】


米国MIT発パブリック・ブロックチェーン「アルゴランド(Algorand)」の最新情報プラスαを毎週木曜日にお届けします。皆様からの協業・提携、助成金申請、イベント共催などの各種ご提案も絶賛受付中!お気軽にお問い合わせください。


【目次】 1.注目ニュース (1)「第3回ブロックチェーンEXPO【春】」初出展、大盛況! (2)Algorand Japan Acceleratorブロックチェーン・ビジネスアイディア・ピッチDAY、10チーム参加、電通チームが優勝 (3)アルゴランド財団、Activate Hackathonの学生参加者を奨学金で支援 (4)アルゴランド財団、分散型台帳技術に関するイタリアのワーキング・グループと提携し、Algorandスマートコントラクトに関するインターナショナル・スクール立ち上げを支援 (5)アルゴランド財団、MIT Digital Currency InitiativeのCryptoeconomics Systems Journalを支援 2.助成金ニュース (1)強力なNFTプラットフォームであるAsalyticがアルゴランド財団助成金を受領 (2)Niftgen、AlgorandにNFTマーケットプレイスを構築するための助成金を獲得 (3)NFTの発見エンジンとコミュニティ・プラットフォームであるNFT Spaceが財団の助成金を獲得 3.パートナー・ニュース (1)音楽トークノミクスでWeb3時代の新たな音楽経済圏の創造を目指す。音楽NFTプラットフォームΞXÐmusic 4.イベント案内 (1)ジャパン・アクセラレータ (2)アルゴランド・ジャパン・コミュニティー・オフ会



【はじめに】

イベント運営に忙殺されていたため一週間お休みさせていただいたメルマガですが、今週は二週間分のニュースで盛りだくさんの内容になっています。とくに日本での活動が活発化し始め、この勢いは指数関数的に拡大していきそうです。 アルゴランド創設者のシルビオ・ミカリ教授がいつも言われている「競争は常により良いものを生み出し、そして楽しい」と「言うことだけは誰でもできる。私たちは実行する」をモットーに、他のチェーンとも協力し合いながら日本市場の健全化、そして新たなweb3の時代を共創していきたいと思います。 アルゴランドを始めとするパブリック・ブロックチェーンが形成しているものは、新たな「国家」や「都市」、「惑星」と比喩されることがあります。いずれもその中核は「コミュニティ」であって、各チェーンによってその性格、民度が異なります。これからジャパン・コミュニティもどんどん拡大していきますが、既存の初期メンバーの方々が先導役となってうまくコミュニティを形成していくようにしましょう。



>メルマガ全文はこちら


https://www.getrevue.co/profile/Algorand-Japan/issues/vol-55-2022-5-19-1165991