週刊アルゴランド・ジャパンVol. 32 【2021年11月29日発行】

週刊アルゴランド・ジャパン Vol. 32 【2021年11月29日発行】



米国MIT発パブリック・ブロックチェーン「アルゴランド(Algorand)」の最新情報プラスαを毎週月曜日にお届けします。皆様からの協業・提携、助成金申請、イベント共催などの各種ご提案も絶賛受付中!お気軽にお問い合わせください。 【目次】

  1. 注目ニュース

  2. 助成金ニュース

  3. パートナー・ニュース

  4. イベント案内

  5. 開発者向け情報

  6. ジャパンの動向

  7. 注目コンテンツ

  8. その他


【はじめに】 クリプト業界の面白いところは、誰でも自由に参加できること。それは開発者に限らず、マーケティングでもどの分野でも同じ。なので「コミュニティ」が大事になります。 でも既存のビジネスでも似たようなことは出来なくもない。例えば、デリバリー・ピザ。各ピザ・チェーンは常に新商品を開発して、テレビCMやチラシ配布に巨額のお金をつぎ込んでいますが、消費者は必ずしもピザ屋さんが提案する商品を買う必要はなく、自分で生地からトッピングまでオーダーメイドできます。通常は自分で勝手にオーダーして楽しむだけですが、「組み合わせ」に自信があればそれを「OOスペシャル」とか名付けて、SNSなどでその組み合わせがいかに素晴らしいかをうまくマーケティングしたり出来ます。それが大きな支持を集めたらピザ屋はそれをメニューに加えることで受注作業を効率化させ、その代わりに考案者にレベニュー・シェアする仕組みを作ることだって不可能ではありません。 これもいわゆる「分散化」と言えなくもない。メニュー開発業務の分散化。これまでメニューを開発してきた人たちは、ブロックチェーンが不要にしてしまう「仲介者」のようなもの。もちろん彼らはプロなわけだから「不要」になるのではなく、「イチ考案者」として貢献し続けることが出来ます。 技術として必ずしもブロックチェーンを導入しなくても、思想としてその特徴である「分散化」が様々な業態に導入されてくる気がします。みんなプロから提案されたものも喜んで食べますが、自分が少しでも「関わった」メニューには愛着が湧くので、より一層食べることになるはず。そういう意味ではもしかしてAKB商法はブロックチェーン(の思想)を先取りしていたのかもしれません。もちろんこのピア屋さんの仕組みにブロックチェーンを導入することで、各メニューのオーダー数の透明化、そしてそれに応じた考案者へのコミッション支払いも自動化・透明化出来ます。新たなビジネスチャンスがそこにあります。



1.注目ニュース



(1)アルゴランド財団「SupaGrants」進捗報告 アルゴランド財団より、DeFiエコシステムの加速的な発展をサポートするための、トークン・ブリッジと価格オラクルの構築を目的としたViridis「SupaGrants」資金提供の進捗状況をお知らせします。 本日時点で、価格オラクルのSupaGrantsには2つの完全審査済みの申請チームがあり、ブリッジのSupaGrantsにも2つの完全承認済みのチームがあります。また、審査を完了した4チームに加え、さらに11チームが審査を進めています。そのうち7チームはブリッジSupaGrants、4チームは価格オラクルSupaGrantsへの申請です。 財団チームは、助成金申請書の質の高さと、申請したチームや企業の質の高さに満足しています。今後、SupaGrantsプログラムの進捗状況を定期的にコミュニティに報告するとともに、各チームがtestnetでプロジェクトを開始する際には、その様子を紹介する予定です。 >アルゴランド財団「SupaGrants」進捗報告



(2)シルビオ・ミカリ教授「大衆のために金融を民主化する:アルゴランドがブロックチェーンのトリレンマを解決する方法」 by LONDONREAL LONDONREALによるミカリ教授インタビュー。 インタビュー内容

  • MITはどんなところ?

  • 暗号技術の基礎知識

  • ブロックチェーンは自然な進化だった

  • ビットコインがエレガントなソリューションではない理由

  • トリレンマは正しくない

  • proof of stakeとは?

  • ガス料金は下がる必要がある

  • 2022年はレイヤー1戦争となるか

  • 規制はブロックチェーンの助けになる

  • ゼロ知識証明とは?

  • 楽しくてしょうがない

  • NFTは巨大であり、さらに大きくなるだろう

  • フォークが必要ない理由

  • ブロックチェーンの未来予想図

  • 未来は常に我々を驚かせる

>シルビオ・ミカリ教授「大衆のために金融を民主化する:アルゴランドがブロックチェーンのトリレンマを解決する方法」 by LONDONREAL



(3)その他 - 11月30日からYieldlyにChoice Coinステーキング・プールが誕生。Choice CoinはMIT主催ハッカソンでアルゴランド賞を受賞したプロジェクトで、分散型投票システムを開発しています。アルゴランド上で最大規模のオープンソース・プロジェクトで、1,000人以上の開発者やリサーチャーが関わっています。 - Yieldlyが香港拠点のeSpoerts企業「TALON」に出資。このシリーズA投資ラウンド(総額500万ドル)は、ブロックチェーンゲーム開発企業で、NFT分野への投資でも知られる「アニモカ・ブランズ(Animoca Brands)」ガリードしたものです。 - ユーロのステーブルコイン「EURS」を発行するSTASISがアルゴランド財団と提携。EURSはユーロでは発行量が最大規模のステーブルコインです。 - NFTマーケットプレイス「ZESTBLOOM」がローンチ。 ★注意喚起★ 詐欺が急増中です。誰がツイートを流しているのかをよく確認しましょう。情報の真偽の確認を公式テレグラムや各プロジェクトの公式アカウントなどで怠らないようにしてください。 またウォレットを接続するのは信頼できるサイトだけにとどめてください。事前にしっかりとリサーチしましょう。


2.助成金ニュース


(1)メルボルン大学、世界最高水準の暗号通貨・ブロックチェーン講座の構築・実施に向けた助成金を受領 メルボルン大学(UoM)は、コンピュータ・情報科学分野でオーストラリアのトップランクの学校(QSランキング)として、ブロックチェーン・暗号通貨技術の分野での研究トレーニングや教育提供を急速に成長・拡大させようとしています。今回の提携により、暗号通貨の専門家であるA/Prof Joseph Bonneauと暗号学者のDr.