週刊アルゴランド・ジャパンVol. 16【2021年8月9日発行】

週刊アルゴランド・ジャパン Vol. 16【2021年8月9日発行】



米国MIT発パブリック・ブロックチェーン「アルゴランド(Algorand)」の最新情報プラスαを毎週月曜日にお届けします。皆様からの協業・提携、助成金申請、イベント共催などの各種ご提案も絶賛受付中!お気軽にお問い合わせください。


【はじめに】 コロナ禍によって世界はグローバリゼーションに歯止めがかかり、インターナショナリゼーションへと転換していると言われています。そんな中で開催されたオリンピックは国家の対抗戦のようなものなので、そもそもインターナショナル。スポーツの世界だから対抗してもいいものの、開催国によってはスポーツを超えた問題もはらんできます。半年後に控える北京冬季五輪は国際政治的には相当ぎくしゃくすることが予想されます。 そんな世界の流れの中で、着々と発展中のブロックチェーンは、そもそもその性格上、グローバルです。世界のどこにいても、アクセスできて、取引できる。中央集権型の取引所は基本的に国家に規制を受けているので超ドメスティックですが、今後主流となる分散型取引所はグローバル。その先にあるのが、アルゴランドが掲げるボーダレス・エコノミーです。国境なんて関係なく、分散型だからどこの国の規制も関係ない。 そうなると、インターナショナリゼーションという世界の動きに反しているので、間違いなく逆風が吹くはずです。生き残るためには、どこかで折り合いをつけていくことが鍵になってくるので、アルゴランドは従来型金融と分散型金融の橋渡しをするFutureFiを提唱しているわけです。極端な理想を押し通そうとすると混乱が生まれるだけ。そして国家を敵に回すと、勝つことはほぼ不可能です。既存金融業界を敵に回すのも得策ではありません。今後のアルゴランドの動きに要注目です。



=================================== 1.注目ニュース



(1)アルゴランド初のDEX(分散型取引所)「Algodex」のローンチまで秒読みへ

Algodex(アルゴデックス)は、2021年9月にテストネット、2021年第4四半期にメインネットのリリースを予定しています。 <何ができる?> 成行注文と指値注文 Algodexは指値注文に対応していますので、お客様が設定した価格でのみ取引が行われることが保証されます。 すべてのアルゴランド標準アセット(ASA)取引 Algodexでは、アルゴランド上のすべてのアセットがデフォルトでサポートされています。存在すれば取引が可能です。 *Algomintが生成するラップ・アセット(goBTC、goETHなど)も! NFTマーケットプレイス(将来のリリースで登場) Algodex内でNFTを直接購入・取引することができます(この機能は近日公開予定)。 >Algodex >Algodex(アルゴデックス)、アルゴランドとのパートナーシップ発表



(2)Genesis(ジェネシス)、デジタル通貨レンディング市場の拡大に向けてアルゴランドと提携

機関投資家向けにデジタル資産の取引、借り入れ、貸し出し、保管のための完全に統合されたプラットフォームを提供するジェネシスが、ALGOとアルゴランド版USDCのサポートを開始。 アルゴランド・エコシステムへの資金流入の仕組みが整いつつあります。 >Genesis >Genesis(ジェネシス)、デジタル通貨レンディング市場の拡大に向けてアルゴランドと提携




(3)ワンクリックでアルゴランド中継ノード運営が可能に Hypernet Labsが構築したGalileoコンピューティング・マーケットプレイスは、技術者ではないコミュニティのメンバーに、ノン・カストディアルのフル・アルゴランド中継ノードを運営するユニークな機会を提供。 技術知識がなくてもワンクリックで中継ノードを運営できるようになります。 >Hypernet Labs >アルゴランドとHypernet Labs、Galileoでのノード・ホスティングを促進するために協力



(4)その他 - StakerDAOによるwALGOがイーサリアム上にまもなく登場(8月中旬予定)、ALGOをwALGOに変換してイーサリアム上のDeFiを利用可能に!このツイート参照 - Tinymanがまもなくローンチ。Uniswapのアルゴランド版のようなもので、当然ながら「より安く速い」です。 - アルゴランド上で卒業証書を発行する方法 - Encode ClubのAlgorand Clubがハッカソン開始、1年間かけて教育⇒ハッカソン⇒アクセラレータというカリキュラムを組んでいます


=================================== 2. アルゴランド・ジャパンの現在の優先ミッション *基本的に「バウンティ・プラットフォーム」にて掲載していく予定です。 <これまでの既報ミッション>  *詳細はバックナンバーをご参照ください。 (1)【開発パートナー募集】 (2)【$ALGO決済導入先募集】 (3)【ユーチューバー/コンテンツ・クリエイター募集】 (4)【ウォレット日本語化】(済) (5)【開発者ポータル日本語化】 (6)【各分野担当アンバサダー募集】 (7)【アルゴランド上の各プロジェクトの日本向けプロモーション担当者募集】



=================================== 3.イベント案内



(1)Global Digital Currency Forum 2021 8月12日、アルゴランド財団COOジェイソン・リーが登壇。「CBDCと決済の未来:決済と通貨のデジタル化がもたらす課題とは?」 ちなみに2021年のBISによる中央銀行の調査では、86%がCBDCの可能性を積極的に研究しており、60%がその技術を実験しており、14%がパイロット・プロジェクトを展開しているとのことです。