週刊アルゴランド・ジャパンVol. 13【2021年7月19日発行】

更新日:2021年7月31日

週刊アルゴランド・ジャパン Vol. 13【2021年7月19日発行】



米国MIT発パブリック・ブロックチェーン「アルゴランド(Algorand)」の最新情報プラスαを毎週月曜日にお届けします。皆様からの協業・提携、助成金申請、イベント共催などの各種ご提案も絶賛受付中!お気軽にお問い合わせください。


【はじめに】 オススメの本でも紹介していますが、ゴルゴ13の記念すべきギネス記録の201巻は、仮想通貨についてのストーリーです。201巻は最近発売されたものですが、このストーリー自体は2014年に発表されたものです。2014年といえば、あの「マウントゴックス事件」が起きた年。このストーリーは当然ながらフィクションですが、ゴルゴ作品だけにいつもながら、かなり物事の本質を突いています。私も常日頃から、「仮想通貨は金持ちのおもちゃでも小金持ちの投機ツールでもなく、これまで銀行口座を持てなかった層に金融サービスへのアクセスを可能にするところに第一の意義がある」と言っています。もちろんビットコイン(など)がこれを実現できるモノなのかどうかは議論の余地ありますが、少なくともアルゴランドはこの実現に向けて「FutureFi(金融の未来)」の構築を理念に掲げています。なので志を同じくするプロジェクトが世界中から集ってきているわけで、ユースケースで紹介しているMESE.ioもその一つ。ここは以前紹介した、東南アジアのワーキングプア層が社会構築に貢献することでもらえるトークンを発行するIBMRとつながっています。銀行口座がなくてもトークンをためて、世界のハイテク株に投資できる世界を目指しているわけです。本来はアジアのリーダであるはずの日本が主導してもいいプロジェクトです。日本で仮想通貨がガチガチに規制されているということは、要するに政府も仮想通貨を「投機ツール」くらいにしか見ていないということです。背筋が凍る話しです。



=================================== 1.注目ニュース



(1)アルゴランドに投資するファンドが続々登場する中、Valkyrieも信託運用開始を発表

アルゴランドへの投資には大きく分けて「アルゴランド上で構築されるプロジェクトへの投資」と「アルゴランドのネイティブ・トークンALGOへの投資」の2つがありますが、本件は後者になります。 ちなみに主なものには、「アルゴランド財団2.5億ALGO助成金プログラム」(厳密には投資ではないですが、後々VCからの投資への入り口となります)、「アーリントン・キャピタル1億ドル・ファンド」、「NFTプロジェクト向け1000万ドル・ファンドaNFT.Fund」、「2500万ドル・マイアミ・グロース・ファンド」、「オスプレイ・アルゴランド信託」、などがあります。 >Valkyrie Digital Assets、デジタル投資の提供を拡大する「Valkyrie Algorand Trust」の立ち上げを発表




(2)企業のデジタル資産運用を一元管理するLedgermaticがアルゴランド対応へ Ledgermaticのプラットフォームは、これまで業界では利用できなかった様々なファイナンス機能を調和させる新しい機能を市場に提供します。

  • 顧客は、グローバルなデジタル資産のポジションとフローを、地域別、資産別、ビジネス・ユニット別に見ることができ、流動性とエクスポージャーをリアルタイムに管理することができます。

  • また、企業構造を再構築し、個々の事業体にさまざまな種類の口座や第三者を割り当てることができます。

  • 分離口座、プール口座、バーチャル口座では、さまざまな取引、投資、バックオフィス活動を管理することができます。

  • また、デジタル資産の活動を、総勘定元帳、副勘定元帳、Chart of Accounts(CoA)にリンクさせることができます。

  • 職務分離、拒否権、監査ビューなどのきめ細かな財務管理により、Ledgermaticのユーザーが不正、浪費、悪用にさらされる機会を大幅に減らすことができます。

>Ledgermaticのトレジャリーおよびカストディ・サービスがアルゴランドのエコシステムで利用可能に



(3)アルゴランドで産業用ヘンプ業界のサプライチェーンとマーケットプレイスに革新を起こす 米国のThe Hemp Blockchain, Inc.が産業用ヘンプ業界向けに構築された一連のサプライチェーン・マネジメントとマーケットプレイス・ソリューションをサポートするブロックチェーン・プラットフォームとして、アルゴランドを選択。 ヘンプとは大麻ですが、「大麻」と聞くとどうしても違法薬物を思い浮かべてしまいます。でも大麻は日本では古来から生活に密着して利用されてきたのも事実。神社のしめ縄や、横綱の化粧廻しも大麻でできています。薬物成分が基準値以下の大麻(ヘンプ)をしっかりと追跡できる仕組みがあれば、日本でももっと安心して利用できる日が戻ってくるのかもしれません。ちなみに海外では上場企業も出てきています。 >The Hemp Blockchain, Inc. ブロックチェーン・プラットフォームとしてアルゴランドを選択


(4)その他 - RealioとValentus Capitalが2000万ドルのLMXトークンを発行。ビットコインのよりグリーンなマイニングへの投資が可能に。 - YLDYがMEXC取引所に上場 - TrustSwapのローンチパッドにBuying.comが登場 - あのMCハマーがアルゴランドについてのツイートを開始 - AlgoOptimiserユーザー数5000突破 - 銀行を再構築するAlgoBankとはなにか

=================================== 2. アルゴランド・ジャパンの現在の優先ミッション 今後は基本的に「バウンティ・プラットフォーム」にて掲載していく予定です。 <先週までの既報ミッション>  *詳細はバックナンバーをご参照ください。 (1)【開発パートナー募集】 (2)【$ALGO決済導入先募集】 (3)【ユーチューバー/コンテンツ・クリエイター募集】 (4)【ウォレット日本語化】(済) (5)【開発者ポータル日本語化】 (6)【各分野担当アンバサダー募集】 (7)【アルゴランド上の各プロジェクトの日本向けプロモーション担当者募集】


=================================== 3.イベント案内




(1)アジア太平洋アルゴランド財団コミュニティ・オールハンド 7月27日(火)午後7時スタート(日本時間) *日本公式テレグラムで同時通訳予定 日本ユーザーにも大きく関係があるプロジェクトが勢揃い。通常の世界向けイベントはいつも日本時間深夜の開催ですが、今回はアジア時間に合わせた初の開催となります。 Algomint(アルゴミント):アルゴランド・プロトコルを利用したデジタル資産の鋳造会社です。Algomintは、アルゴランド・ネットワーク上で様々なデジタル資産を鋳造するためのブリッジを提供し、新興のアルゴランドDeFiマーケットプレイスへのアクセスを可能にします。 Yieldly(イールドリー):Algorand Asia Accelerator 2020参加企業。アルゴランド・ブロックチェーン上に構築された初の分散型金融プラットフォーム。 CurveGrid(カーブグリッド):CurvegridのMu