WadzPay、Algorandを採用し、政府、金融機関、イシュアーなどのパートナー・ネットワークのためにデジタル資産と決済の革命を促進

更新日:4月17日


WadzPay、Algorandを採用し、政府、金融機関、イシュアーなどのパートナー・ネットワークのためにデジタル資産と決済の革命を促進


シンガポール 2022年4月11日 /PRNewswire/ -- 高速で最終的な取引を処理するブロックチェーン・ネットワークのリーディング・カンパニーであるAlgorandは、WadzPay Atlyticaエンジンと統合する戦略的決定を発表します。WadzPayはAlgorandを活用して、政府、金融機関、イシュアー、アクワイアラー、プロセッサーにわたるパートナーのネットワーク向けにブロックチェーン・ベースの新しいソリューションを開発します。


ブロックチェーン・ソリューションは、レガシー決済の問題点を解決する技術的手段として認知度と関連性が高まっていますが、実際の使用例と実装はまだ遅れています。WadzPayチームは、Mastercard、Visa、SWIFT、Ripple、GE Capitalなどの企業で合わせて250年以上の経験を積んでおり、Algorandと協力してWadzPayのすでに進行中のプロジェクトに同社の最先端のブロックチェーン技術を実装することにより、決済分野での採用を加速させることができると考えています。


近い将来の協業範囲には、以下のものが含まれますが、これらに限定されるものではありません。WadzPayのデジタル・ウォレットエコシステムとAlgorandブロックチェーンの統合、WadzPayとその顧客のためのリアルタイムPOS決済、ウォレット、電子商取引製品に焦点を当てたホワイトラベル・ソリューションの検討、さまざまな地域で認可された取引所やデジタル銀行がWadzPayの一連のサービスを使用している送金にAlgorandを利用すること、許可型ブロックチェーン・ネットワークとハイブリッド・ブロックチェーン・ネットワークの両方で取引可能なプログラムを導入し、連合プレーを誘致することを目的としたロイヤルティの改革、およびAlgorandネットワークを新しいゲームおよびNFTプロジェクトに利用すること。


WadzPayがAlgorandを利用する概念実証段階のプロジェクトは、アジアやアフリカを拠点とするCBDCの立ち上げなど複数あり、このブロックチェーン導入の推進を加速させるでしょう。


WadzPayは、Algorandが開発するアプリケーションにとって理想的なパートナーであると認識しています。その理由は、このネットワークの優れた取引速度、ほぼ即時の最終処理、比類のない安定性が、シームレスな決済に不可欠な特性であるためです。


これらのプロジェクトは、WadzPayがこれまでに立ち上げた、あるいは現在開発中のプログラム(リアルマネーゲーム運営会社Dafabetのデジタル通貨受け入れプログラム、50万台以上のPOS端末と統合したアクワイアラーのクロスボーダー決済プログラム、プレイ・トゥ・アーンNFTゲーム・プラットフォームFrontera、分散型メール・ソリューションLedgerMail、最大650万店舗でのデジタル通貨受け入れに向けた主要eコマースCMSプラットフォーム6社と統合したもの)を補完するものです。


ブロックチェーンにとらわれない企業として、WadzPayはWadzPayトークン(WTK)がERC-20、BSC、XDCネットワーク、Algorandで相互運用できるようにするブリッジも開発する予定です。


「WadzPayとAlgorandは、決済に関して同じ認識を共有しています。決済、ロイヤルティ・プログラム、レガシーと次世代決済エコシステム間の相互運用性に対する我々の革新的なアプローチは、完全に同期しています。WadzPayは、決済とテクノロジー分野における長年の専門知識をAlgorandに提供し、素晴らしいAlgorandのチームと共同開発するソリューションによって可能になるクラス最高のソリューションをパートナーに提供することで、価値を高めることを楽しみにしています」とWadzPayのマネージング・ディレクター兼CEO、Anish Jainは述べています。


「WadzPay は、東南アジア、中東、アフリカの金融および企業セクターのパートナーや顧客との広大なネットワークと比類のない経験を持つ印象的なチームを持っています。WadzPayと一緒に、これらの企業が効率、アクセス、インクルージョンを前提とした素晴らしいビジネスモデルを設計し、展開することを支援します」とAlgorandの新市場責任者のジュリアナ・ベルキッチは述べました。「私たちは、WadzPayと協力して、Algorandのプロトコルの利点を、これらの活気に満ちた非常に革新的な地域の機関や人々に拡大することを楽しみにしています」。



WadzPayについて


WadzPayは、相互運用可能でアグノスティックなブロックチェーン・ベースの決済エコシステムです。2018年にシンガポールで設立され、現在、東南アジア、南アジア、中東、アフリカで事業を展開しています。WadzPayは、CBDCとデジタル・アセットが決済業界の次の革命をリードする可能性を見出しました:より高速な決済、セキュリティの向上、オプション性によるコスト効率の向上を可能にすることです。WadzPayは、大手国際決済会社、銀行、グローバル企業と協力し、デジタル・アセット・ベースの取引処理と決済を可能にしています。

www.wadzpay.com



Algorandについて


チューリング賞を受賞した暗号学者シルビオ・ミカリによって設立されたAlgorandの高性能なLayer-1ブロックチェーンは、高速で摩擦のない包括的な技術をすべての人にもたらす比類なきものです。Algorandは、TradFiやDeFiから新しいクリエイター経済やその先にあるものまで、あらゆる産業を再形成しています。相互運用性と一貫した配信への並外れたコミットメントにより、その持続可能なテクノロジーは、すべての人のためのより多くの参加、透明性、効率性を後押ししています。アルゴランドのエコシステムは、2,000社以上のグローバル企業に選ばれており、次世代の金融商品、プロトコル、価値交換を変革しています。

www.algorand.com



元記事:https://www.prnewswire.com/news-releases/wadzpay-selects-algorand-to-power-a-digital-asset-and-payments-revolution-for-its-partner-network-of-governments-financial-institutions-issuers-and-beyond-301521289.html